WIN&WINの2022年の新モデルが発表されました。

現在、アメリカでは世界最大のアーチェリー展示会ATAが開催されています。いくつかの新商品が発表されました。まずは、リカーブですと、WIN&WINの2022年の詳細が出ました。事前情報通り大きな変更はありません。新モデルとしてはWINEXリムの最新モデルの提供が始まります。記憶が正しければ、3回の改良を加えての、4世代目だと思います。現行モデルより多少定価が値上がり予定です。出荷開始時期はまだ聞いていません。提供された画像が文字通りイメージなので(CX7は実物)、まだ時間かかると思います。

CX7シリーズにウッドコアリムが追加されます。

ハンドルに大きな変更はないと聞いていますか、色のバリエーションに変更があるかもしれません。リムの中では昨年に弊社では販売を終了したMXT-GF/GWシリーズが終了となります。

また、発注済みのグリップのいくつかが生産終了につき、自動キャンセルという連絡があり、現在打ち合わせ中です。2年前にグリップのプラットフォームを統一しているので、バリエーションが減るようです。


Kアーチェリーの本当のロッドがヤフオクに大量出品。

昔恵比寿にあったプロショップのKアーチェリーさん、2015年頃に挨拶に行った記憶があります。その時はオーナーさんは不在でしたので、オーナーさんには直接挨拶はできませんでした。調べたら2018年でしたが、私達の海外の取引先からメールが有り、Kアーチェリーと連絡がつかないとのことで、いろいろと調べましたが、その頃には活動を終えていたようです。

そこで製造されていたロッド(スタビライザー)が、リサイクルSHOP Chou Chouさんというおそらくアーチェリー業界とは関係のないショップから、ヤフオクに本当のロッドのまま、未完成(ブッシングが付く前)が大量に出品されています。ショップを閉店したときの在庫がどういう流れでたどり着いてのかわかりませんが、ロットだけでも使いみちが思いつかないのですが、入札が入っているものもあるので、なにに使うのでしょうか??

完成していれば価値が全然違っていたので残念です。


2022年からダンパー許可のベアボウは変わるのか?

Vibration dampeners are permitted. They may be installed in the riser by the manufacturer, or by attaching aftermarket dampeners directly to the riser or to weight(s). Any combination of weight(s) and vibration dampener(s) must pass through a ring with an inside diameter of 12.2 cm (+/- 0.5mm) without having to flex vibration dampeners to fit through the 12.2 cm ring. A riser manufacturers´angled stabilizer insert(s) are allowed, but angular brackets or connectors are not permitted. Weight(s) and dampener(s) may be added below and above the riser’s grip, but must not aid the athlete in aiming or ranging in any way.

WAルールでは1/15から有効、日本では4/1を予定

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。

さて、2022年の最初の記事というか、最近考えているのは今年からベアボウに導入されるダンパーがどういう影響を与えるのかという点です。新しいルールの日本語訳はまだ公開されていないと思うので、機械翻訳したものにちょっと手を加えるとこんな感じです。

ダンパーを使用することは可能です。メーカーがハンドルに取り付けるか、メーカー純正ではないダンパーをハンドルに直接取り付けるか、ウエイトに取り付けてもよい。ウェイトとダンパーの組み合わせは、内径12.2cm(±0.5mm)のリングをそのままの状態で、ダンパーを曲げることなく通過しなければならない(*)。ハンドルのスタビライザーブッシングの角度は認められるが(**)、ブラケットやコクネクターによって角度を追加してはならない。ハンドルのグリップの下と上に重りやダンパーを追加してもよいが、競技者のエイミングや測距の助けになるようなものであってはならない。

*ダンパーにたくさんウェイトをつけると自然に曲がっていきます。解釈としてこの状態で通れば問題ないと考えます。「手で曲げて検査を通してはいけない」という意味であり、逆にダンパーを手で支えたりして、ダンパー+ウェイトが最大長になる状態で検査せよという意味ではないと思います。

**ヤマハなどが過去に採用しています。α-EXで実測3度。

さて、まずはルール改定の理由については公式では「アーチャーの怪我を減らすため(In an effort to reduce repetitive motion injuries)」とされていますが、ベアボウはダンパーがないから怪我しやすいという話は聞いたことがないです。というかリカーブよりよほど体に優しいです。

個人的には以前に記事にも書いたとおり、ベアボウで使用できる道具を増やして、ベアボウのマーケットを拡大させることが目的だと思います。9月にコストを理由にベアボウは世界ターゲットの新種目に採用されませんでした。マーケットが拡大することで、WAがベアボウを世界ターゲット選手権に含めても、コストと釣り合うと思う状態にすることが今後の目標となります。その第一歩でしょう。

国内でもベアボウ用品を本気で販売しているプロショップは非常に少ないと思いますが、その理由も(ウェイトとタブくらいしか売るものがなく)お金にならないからだと思いますが、使用・販売できる道具が増えれば、興味を持つプロショップも間違いなく増えると思います。そのためのルール改正と考えています。

ですので、このルールの改定によって、スタビライザーとアングルブラケット以外はほぼすべてのアクセサリーを、また、ウェイトは「直接ハンドルに取り付けなければならない。」というルールが廃止されたことで、取り付けする方法の自由度も格段に広がりました。

ただ、いわゆるアッパーのようなウェイトとハンドルの間にゴムダンパーをいれて、ウェイトを”大きく”振動させる方法で振動を抑えるような、シューティングの感覚を変えてしまうようなダンパーが使われだす可能性は低いと思います。トップアーチャーの多くはソリッドな感覚のセッティングを好んでいます。

ですので、このような長さ方向に距離を持たないようなダンパーやドインカーEXOのような非常に硬いダンパーが採用されるようになるのではないかというのが個人的な考えで、今は非常に重い矢を射っているので、振動対策の必要性を感じませんが、インドアが終われば自分も試してみようと思っています。4月の販売解禁に向けて、販売ラインナップを揃えている段階です。

家に1/4″ネジのウェイトがなかったのでロッドになっています…本来はウェイトが合法??という話です。

一点、新ルールに明確になっていないのは、スタビライザーブッシングに角度をつける「ブラケット」の装着は明文化されてNGですが、ハンドルに取り付けられた「ウェイト」(写真の金のパーツは明確にウェイトです)、そこに角度をつけたブッシングの存在は合法か?という問題です。写真で角度がついているのがわかると思いますが、このブッシングにダンパーやウェイトを装着できるのか。

競技規則に正式に追加するまでには明らかになっていて欲しいですね。


JPアーチェリー15年め、2022もよろしくです。

昨日は忘年会、2021年も残すところ1日。コロナで色々と大変な一年ではありました。しかし、12月の売上は2019年の超すものとなり本当にありがとうございました。

昨日の忘年会では良いワインを手土産で飲む事ができ、更に2022年には、自力で行けなかった公演のチケットを友人から頂くことにもなりました。

言い方が正しくないかもしれませんが、”人から施し”をいただくことが多かった一年だったのかなと思います。2022年は皆様により一層、社会により一層、何かをお返しできるようなそんな一年になることを願っています。

2022年もよろしくおねがいします。

JPアーチェリー 代表取締役 山口 諒


Fivics2022年は20年記念の限定色です。

先程、2022年のFIVICSのカタログが到着しました。特に目立った新商品はなく(7月発注のシャフトなどが出荷されたばかりなので)、設立20年記念の限定カラーのハンドルとタブが登場するようです。また、Argon-Xリムがアップグレードして、マイナーチェンジしたようですが、カタログからは改良点がわからなかったです。まぁ、FIVICSのリムはまだ販売を開始していないので。

来年機会があれば、2023-2024年の販売を見据えて、ベアボウで自分がFIVICSの試してみようかなと思ってはいます。ベアボウ強国のイタリアで人気のメーカーですし。現在はホイットの30年前のふるーいリムを使っていますが、インドアではKINETICのほぼ情報がない新モデルが年明け届くので、まずはこの子を向き合います。

新商品がゼロなわけではなく、上記の新型Vバーとプランジャーが新商品として発表されています。

WIN&WIN のフェイスブックから

WIN&WINの2022年のカタログはまだ届いていませんが、新モデルは出ず、既存のモデルのマイナーチェンジくらいしかないという事前情報です。ATF-Xハンドルにもブレディ・エリソンモデルのグリップが装着できるのは知りませんでした。

CXT, Radical Pro, Inno AXT, AL1, Nano-TFT, TFT-G, ATF Brady Ellison


SFプロダクツ 代理店変更に伴い取り扱い終了します。

今年8月に復活したセバスチャン・フルート/SF プロダクツですが、年末に、来年に向けて販売代理店を変更したために、諸々の事情から販売終了をすること判断をしました。また、何かの縁があれば取り扱いをすることもあるかもしれません。

在庫は残りハンドルが1本だけですが、特価品として追加しました。

SFプロダクツ NEOハンドル


ベアボウインドア、来年の矢を設計してみる。

ベアボウアウトドアはフィールド競技の80cm的の流れをくむので、一定のセッティングの目安がありましたが、ベアボウのインドア競技が正式競技になったのは、本当に近年のことなので、どのような矢が適しているのかという多くの人が賛同する目安はまだないように思います。

上が28径のウルトラライト、下が最大口径のXバスター

議論の中心となっているのは、0.28径(ウルトラライトやSD19)を正しいスパイン(600/700)・セッティングで使うのか、コンパウンドで一般的な最大径のシャフト(400/500)に重めのポイントで無理やり飛ばすのかのだと思います。

アメリカのJohn Demmer選手は前者でCXのPro RZ Recurve(現在入手困難)シャフトを使用しており、スウェーデンのErik Jonsson選手は最大径のNVX23(2018年モデル)を使用していて、両方ともに結果を残しています。600番-700番で最大口径のシャフトがあれば、両方のメリットを享受できるのですが、現状選択肢として該当するシャフトが存在しません。X10やACEのようなシャフトで挑むトップ選手はあまりいないようです。

ということで、テストとして、両方を作ってチューニングして、その中から自分にあうものを選択するのが正しいやり方ではありますが、試合が2月後半までしかなく、実質6週間程度の中で、両方のチューニングまで完了できるか自信がないので、今シーズンは現在のXバスターである程度練り上げた最大径のチューニングを引き継げる9.3mm径のシャフトだけにして、0.28径の方は来シーズンの課題にとっておくこととします。

さて、先日RX-7について調べ直して書きました。テーパー型のアルミシャフトでシャフトに重量があるので、420番でGPI10.4、ポイントを軽くすることができます(同じ重さの矢を作る場合)。その逆の性質を持つシャフトとして、Black EagleのPS23シャフト。ストレートのオールカーボンシャフト、500番でGPIは7.1で28インチのシャフトを作る場合、80gr程度重いポイントとなります。

A イーストン RX-7 / アルミ / テーパー / ノーマルポイント / ヘビーシャフト

B ブラック・イーグル PS23 / カーボン / ストレート / ヘビーポイント / ノーマルポイント

現在の矢が540grなので、同じくらいの重さ(重さがあまり違うと現在のチューニングを引き継げない)で2タイプの矢を作って比較したいと思っています。次の試合がもう2週間後なので、最初は現在のXバスターに近いPS23で挑む予定です。

(第一章 とりあえずやってみる)

7月  ベアボウにチャレンジ開始

8月 初試合 486点

9月 514点

10月 526点

11月 534点(274-260) / インドア 429点

12月 インドア 431点 

(第二章 道具とチューニングを探る)

12月 シャフトの変更

1月15日 町田インドア


Doinker(ドインカー)再始動、スタビライザー入荷しました。

スタビライザーの製造から撤退したドインカーから8月にふたたびスタビライザーの製造を再開するという連絡を受けましたが、ポディウムスタビライザー昨日届いたようです。私は出社していないので写真もなにもないのですが、年明け出社する楽しみができました。どんなスタビライザーで再参入するのでしょうか。

ドインカーがスタビライザーから撤退したときの記事で、私が

HEROの発売当初の値段(のちに大幅に値下げ)だったり、いろいろと製造ではなく経営戦略に問題があったのかなという印象です。

と書きましたが、例えば、ただのネジのセットが1000円以上したり、ウェイトが異常に高かったりと、Aボムの品質変わっていないのに、10年で卸価格が倍になったり、差別化できない商品まで高く売りつけ、スキあらば値上げしてくるメーカーでしたが、今回の再参入時には、ネジセットの定価もウェイトの定価も、納得できる価格に設定されてい、Aボムの価格もある程度には値下げされました(定価で29ドル)。これを期に正しい方向に進んでいってほしいです。


世界室内選手権消滅してました。。

来年のWA競技スケジュールが届いたので、眺めていたのですが、世界室内選手権(World Indoor Archery Championships)が消滅したことを初めて知りました。みんな知っていることだったらすみません。

*2019年のお知らせなのでコロナとは関係なく世界室内選手権終了

全ア連は現在のワールドカップインドアには代表選手を派遣していませんが、世界室内には毎回代表選手を選考して、日本代表として送り出していました。今後はワールドインドアシリーズファイナル(ベガスシュート)が世界室内選手権の代わりになると思われますが、全ア連はどうするのでしょうか?

もう日本はインドアの大会には日本代表を出さないのですかね??

もちろん、自力で頑張れということも理解できますが、強化合宿とかはしないと競技力は落ちてしまうだけな気がします。


TRU BALLが2022年新商品のリリーサー2モデルを発表。

T.R.U. BALLが2022年新商品のリリーサーを発表しました。両方ともに多様な調整に対応したリリーサーで、高性能化に伴い、いよいよリリーサーの値段も3万円台に乗りそうです(現状ギリギリ切る値段で販売できると思います)。詳細は入荷後紹介しますが、全体的に生産が遅れており、9月発注分がまだ届いていないので、年明け早々の販売は難しそうです。