長年取り扱いしてきたBeiter(バイター) のレンチセット販売終了しました。

仕事を始めたのが2004年頃なのですが、そこから、一度も猛烈なインフレを経験せずにここまで来ました。なので自分の判断が常識的なのかは、なんとも言えませんが、直近のインフレと円安によって、仕入れ価格が高騰しています。

仕方ない分、合理的なものは価格に転換しようと考えていますが、長年販売を続けてきたバイターのボウレンチセット、2200円で販売してきました。この卸価格が値上げされたのですが、米大手では、4800円、日本大手では、4400円(ポイントは1%)という価格で販売されています。私達はこれまで通り2200円では販売できません。

大手と同じように値上げするという選択肢もありますが、この商品はアーチェリー用品というよりも、あくまでもレンチセットであり、ミリなら一般的なホームセンターで1000円弱で、入手が困難なインチも弊社では別のメーカーのものを1000円台で販売しています。この商品はミリとインチのハイブリッドなので、2000円の価値はあると考えて販売してきましたが、この商品に4000円の価値があるとは思えません。もちろん、同じ価値でも値段が上がっていくのがインフレだという意見もあるとは思いますが、弊社で販売しているインチのレンチセットが現状の価格で提供できる限りにおいては、バイターのレンチセットの販売を停止しようと思います。

ご理解いただければ幸いです。とうしても必要な方は他社よりご購入ください。

BONDHUS ゴリラグリップ 六角レンチセット


BOHNING CAULDRON フレッチングジグ

BOHNING(ボーニング)から新しいフレッチングジグ「CAULDRON(コールドゥロン)」が入荷しました。

一度に3枚のベインを貼りつけることができるボーニングの「タワー」の発売から10年。満を持しての後継モデル登場となりました。

ちなみに、CAULDRON(コールドゥロン)・・・直訳すると「大釜」

どう言う経緯からこのネーミングになったのか・・・分かる方がいれば教えてください(^^;

さて、このコールドゥロンではタワーには付属しなかった左ピッチのベインアタッチメントが初めから付属することになりました。これはとてもありがたいです。

しかも組立不要!箱から出してすぐに使えます。ありがたい変更点ですね。

付属するアタッチメントは5種類。

◆ストレートピッチ 長さ5インチのベインまで対応可:グレーのパーツ

◆3度/右 3インチ:黒

◆1度/右 5インチ:赤

◆3度/左 3インチ:紫

◆1度/左 5インチ:オレンジ

対応するベインはプラスチックベイン(ゴムベイン)のみです。フィルムベインは対応していません。ご注意下さい。

タワーでは羽根を貼りつける際にはシャフトにノックが装着済であれば外す必要がありました。

コールドゥロンはノック装着状態でベイン接着をします。随分楽になりました。シャフトの太さに応じたサーバーの変更も不要になりましたし。

そして貼り付け位置の調整もタワーでは2段階の高さしか選択できず、しかもその変更の為には部品を交換する手間がかかっていました。

その作業もなくなりまして、しかも4段階の貼り付け位置の選択ができるようにもなりました。

★ノックの溝から貼り付け位置までの距離は以下の4段階

27.3mm/32.4mm/37.5mm/42.5mm

一般的な2インチ前後のベイン(高さ10mm未満)で27mm、インドア用などの4インチ前後のベイン(高さが10mm以上の物)で32mmか37mmの距離になると思います。

調整はアームに挟まれたティール色をした部品(ストップクリップ)を止め直したうえでアタッチメントを取り付けるだけです。

次にベインを固定するためのコンプレッションリングですが、タワーではシャフトの太さに応じて蛍光ピンクのリングと蛍光グリーンのリングを使い分けていましたが、今回からは「アジャスタブル」設計になり、太さに応じてリングを“ひねる”事で対応する太さを変えられるようになりました。

リングセッティングは3段階。6mm未満のシャフト径ならスモールで。6mm~8mmならスタンダード。それ以上はラージポジションで、となります。

アタッチメントの数は含まないとして、部品全体の部品点数が少なくなったのでとても手軽になりました。

その他にも細かい変更点はありますが、個人的に最もありがたい変更点としてはアルミテープが不要になった事です。アタッチメントのベインを挟む箇所に改良が加えられたおかげで、使用を重ねるにつれて接着剤がこびりついてやがてテープの交換が必要になってきますがこれが無くなったのは大きいですね。

使用する接着剤のお薦めは特にありませんが、以下のボーニング公式動画で使用されているシアノアクリレート系接着剤が作業が早くて便利かと思います。(いわゆる瞬間系です)

もちろんフレッチタイトプラチナムやフレックスボンドといった接着剤も使用できます。いずれの接着剤にしても「アジャスタブルコンプレッションリング」を使って圧着するので一般的なフレッチャーよりは圧倒的短時間で作業が出来るのは嬉しいですね。

ボーニング CAULDRON(コールドゥロン)は店舗およびオンラインショップで販売開始です(^◇^)


700万アクセスありがとうございます!!

気がついたら700万アクセス超えてました。3月12日に700万行ったのかな??本当にありがとうございます。今後ともよい情報を提供できるようにがんばります。

最近、「言語が違えば、世界も違って見えるわけ」という本を読みましたが、特に9章のロシア語の青、言語が変われば、見る空の色も変わるわけ、は、バイターノックの色で戸惑った経験があるアーチャーの方には良い答えになっているのではないかと思います。バイターノックユーザーにおすすめです♪

ではでは仕事に戻ります。


うん…たぶん設計ミスですね。使える人もいると思うけど。アバロン、クラシックプロサイト。

アバロンの低価格で高性能の新作サイト、クラシックPROが入荷しましたが…性能・価格という点ではカタログ通り、非常に良い商品だと思いますが…

どこで間違えたのか、サイトは3D・立体なので、収納時にサイトピンを取り外してサイトケースに収納する必要があります。通常はサイトブロックか、サイトピンブロックを取り外して、収納できるようにするのですが、このサイトではどちらもできなくて、くるくるネジで回して、ケースに収納するたびにサイトピンを完全に取り外す必要があるのです。しかも、この部分にはメモリがなく、再現性がありません。

なので、毎回ケース収納時にサイトピンを取り外すという運用は現実的ではなく、上の写真の状態で収納できる環境にある方にしか適さないです。

1台入荷しています。引き取っていただけると助かります。販売はしません。

ありがとうございます。


PSE 2022年新モデル 軽量ミドルモデルF35

PSEアーチェリーから新モデルとして軽量ミドルモデルのF35が発表されました。個人的には非常に良いモデルだと思います。

矢速は311fpsなので、けっしてハイパフォーマンスモデルではありません。その代わり、価格は7万円を切り、22.5インチから対応、重さは3.8ポンド=約1.7キロと非常に軽量で、調整・チューニングがしやすいワンカムシステムを採用し、マシューズのロングセラーワンカムモデルのコンクエスト4(310fps)をミドルレンジの価格帯で再設計したような仕様となっています。

特別に最新の技術が採用されていると言ったことはありませんが、シンプルなワンカムシステムで最初の1台として、コンパウンドを理解するためには最適な設計になっているのではないかと思います。ただ、RHしか製造予定はないとのこと。50ポンド/黒が4月に入荷予定です。

PSE F35


HOYT 2022 ALTUS FX

HOYT2022年、唯一のターゲット新モデル「ALTUS FX」が届きました。色は「ピッチブラック」。

入荷したのはSVXカムモデル。もちろんDCXカムモデルも存在します。

色は全部で4色

・ピッチブラック

・ラーバレッド

・エレクトリックブルー

・スモークグレー

*全てマットフィニッシュ(つや消し)です。

ドローウエイトは5サイズ。30-40lb/40-50lb/45-55lb/50-60lb/(60-70lb)

軸間距離はどちらも35.75インチ。重量は実測で4.5ポンド(約2041g)。ALTUS38インチモデルより約150グラム軽いです。そして価格はFXの方がややお高くなっています。

双方の引き尺範囲は以下の通りです。

◆SVXカムの引き尺

#1 22.5~24.5インチ

#2 25~26インチ

#3 26.5~27.5インチ

#4 28~29インチ

#5 29.5~30インチ

◆DCXカムの引き尺

#1 23.5~25インチ

#2 25.5~27インチ

#3 27.5~29インチ

それぞれカムスピードに違いがあり引き味も若干異なりますが、それよりもご自身の引き尺が何インチかをしっかり把握しておかないと、購入後引き尺調整幅を超えてセッティングしたくなったときに厄介です。購入前にしっかり確認しましょう。

HOYT ALTUS FX は店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^。^)ノ


MKアーチェリー 2022年モデル MK SD入荷。

MKアーチェリーの2022年新型MK SDが入荷しました。色バリエーションがかなり豊富なハンドルですが在庫は黒のみとさせていただきます。

基本的には既存のMK Sハンドルをデュアル用(フォーミュラーも使える)に再設計したものです。

付属品として交換グリップ、ミリレンチ、写真写っていないですがクリッカープレートがつきます。塗装の仕上げもよいです。ホイットのセラコートの性能としての評価は上々ですが、色だけでみるとアルマイトのほうがきれいな気がします(特に黒)。販売開始です。


WIAWIS(WIN&WIN) 2022年カタログ

WIAWIS(WIN&WIN)から2022年の新しいカタログが届きました。しかし、最近WIN&WINという名称をほぼ使わなくなり、いずれ、WIAWISが正式名称になるのでしょうか?

内容は1月の事前情報とほぼ変わりなく、WINEXリムのモデルチェンジはデザインのみということくらいでしょうか? 同じ中身で4000円(弊社価格)値上げされているので、古いデザインでまだ在庫があるものはお買い得かと思います。

新しい商品としてはACSアッパー(カーボンじゃない方)が生産終了になったかわりに、新しくACS-ELアッパーが登場するようです。こちらは最近のトレンドにあわせた、揺れないで振動をとるという設計のカーボンロッドアッパーです。

WINEXリムは順次新商品に移行します。アッパーは発送が始まり次第入荷しますが、まだ時期は未定です。CX7リムは取り寄せのみでの扱いとなります。

WIN&WIN WIAWIS 2022 アーチェリー カタログ


MKの新しいVバー、文字通りの設計ではあるが、ちょっと違った…

MKアーチェリーの新商品、事前に写真が公表されなかったので予約だけして、入荷してみたのですが…うん。

カタログスペックでは、35度と40度の両方に対応した固定式のVバーとありましたので、昔のFIVICSのDP Vバーのように35度と40度に対応したネジ穴があり、独立して使えるものであれば、35度で使用しているときには、40度のネジ穴にダンパーなどを装着して、アイデアが広がるユニークな商品かなと思っていました。

しかし、実際に入荷したものはシンメトリックな設計を採用して、ひっくり返すだけで35度と40度の設定ができ、シンプルで良いのですが、35度で使用しているときには、40度側のネジ穴が、互いに干渉してしまうために、4-7mm-ほどしか入らなく、ワッシャなどで工夫すればなんとかなるかもしれませんが、基本的には、片側しか使用できない設計となります。

多分、在庫限りです。

MK DUAL Vバー