Decut コンパウンド用サイト「DC-CP」

Decut(デカット)からコンパウンド用サイトが発売され、1台テスト用に仕入れました。
20161204_143141

アルミとステンレスで作られているこのサイトは・・・・
・重さ270グラム
・エクステンション、9インチ
・エレベーション、5インチ
20161204_143240

エレベーション(上下)調整はジャンプボタンとマイクロクリックノブ。
20161204_143533
ホリゾンタル(左右)調整はマイクロクリックノブで、スコープバレルの片側には約1センチのネジ溝が切られています。

組み立て、操作・運用は上位メーカーのサイトと変わりませんが、アクシス調整は不可となっています。
ちなみに使用するレンチはミリです。

付属パーツは組み立て用のネジの他に、補修用としてナイロンワッシャー、マイクロクリックノブ用ボール&スプリング、各所のイモネジが複数個付属します。

エレベーション調整の目安となる目盛りシールがエレベーションポストの両面に貼られていますが、コストカット目的?なのか、右向きからは正しいですが、反対側は逆さまに貼られています。
謎です。
20161204_143347

大変残念なのが2点。
一つ目は、サイトボックスを指で上下に挟んで力をグイッと加えると目盛りシール1コマ(約1ミリ)ぐらい動いてしまいます。精度の低さ?からでしょうか。
20161204_143301

そしてエレベーションポストですが、真っ直ぐではありません。
何が真っすぐではないかと言うと、下記の写真をご覧下さい。
20161204_143430
ポストを水平に置き、左側片方を下に押さえると、矢印で示した反対の右側が2ミリほど浮きます。
つまり的側に対してやや前方へ湾曲していることがわかります。
テストで仕入れた1台ですが、もしこれが個体差の範疇だったとしたら出荷時の検品でこれが通過するようではちょっと信用問題に関わってきますね。

とても重要なポイントが2つともこれでは通常在庫する商品としては見送ることにします。
価格は7000円前後を予定していたので、初心者向けのサイトとして「カーテルミダス2・カーボンサイト」よりも取りまわしが良かっただけに残念です。

ちなみにシブヤスコープは装着ができません。合わせ面がはまらないためです。
一方で、カーテルやインフィテック、マーリンのサイトは取り付け可能です。

今後は通常在庫取り扱いはしないだけで、取り寄せで可能とします。
ご興味のある方は店舗までお問い合わせください。


珍しい設計のダンパーを仕入れました CRUXダンパー 1/4″

dsc_1655INFITECの1/4″ワイドダンパーCRUXを仕入れてみました。

重さ42g。ダンパーの幅40mm、ウェイト装着部の幅25mm、長さ35mmとここまではドインカーなどのすでにある大きく硬いラバーダンパーと共通しますが、一番の違いは1/4サイズである事。市場にある既存の大きさのあるダンパーは5/16″がメインなので、珍しい設計です。

先日発表されたリムチューニングアダプター(1/4″)と合わせての使用などにいいのではないかと思います。1/4″で大きさのあるダンパーを探している方にぜひ。

INFITEC CRUX ダンパー


ファイビックス(FIVICS) FV-150Sカーボンサイト 入荷しました…かなりおすすめです!

fivics_fv150s%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-5いやー、いい!いいですよ、これは。最初に書くと、このサイトは2016年モデルでの価格で入荷しました。2017年の価格表は月曜日に届くと聞いています。その時点での価格での再評価は必須ですが、2016年の価格で評価する限り現状では最高のサイトの一つだと思います。シンプル・低価格・多機能・軽量。サイトに求められる性能をほぼ持っています。

fivics_fv150s%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-4シンプル。サイトボックスの固定はシンプルで微調整可能なエレベーション式で、3点での固定式を採用しています。そのために重量は軽く、エレベーションダンパーを取り外した状態で、178g、装着した状態でも201gしかありません。ウィンの新しいサイトがダンパーをつけない状態で207gですのでその軽さがわかっていただけると思います。

fivics_fv150s%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-1fivics_fv150s%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-6そして、2万円を切る価格(2016年価格表より計算)でサイトピンダンパー、エレベーションダンパーが2つ付属します。これらを別途買うだけでも6000円前後はかかるので、コストパフォーマンスの高さが伝わるかと思います。エレベーションダンパーの場所はもちろん調整可能です。

fivics_fv150s%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-3目盛りもわかりやすく加工されています。パッケージにはほかに、マウントねじとソフトケースが付属しています。

一点注意すべき点は、剛性の向上のためだと思われますが、取り付けが4点でしかできません。そのために、他社のサイトのようにエクステンダーを極端に短くして使用する事はできません。4インチが限界です。なので、逆サイトでの運用は基本無理だと思ってください。

テスト入荷した限定数のみの販売です。ただ、非常に高く評価していますので、2017年価格が出て大きく跳ね上がっていない限りは、相当数発注し在庫して販売する予定です。いやー、これはいいですよ。

FIVICS FV-150S カーボンサイト


ファイビックス(FIVICS)の2017年ラインナップが発表されました。

fivics_top予定通り、ファイビックス(FIVICS)の2017年ラインナップが発表されました。ハンドルの取り扱いについてはまだ検討中ですので、それ以外の商品について紹介します。ハンドルに関してはお客様の方でカタログを参照していただければ幸いです。ハンドル・リムに関しては新商品はほとんどなくアップグレードが中心です。

fivics_2017_sightまず、サイトでFV300サイトが登場します。これは2016年からアナウンスされているものですが、本格的に販売はまだ始まっていないので、2017年の「新商品」として持ち越しました。FV-150サイトの方は11月に1台のみ入荷しました。確認後本格的に販売を開始します。サイトダンパーも2016年から予告されていましたが、まだ届いていないので、2017年新商品です。

fivics_2017_stabilizerスタビライザーではCEX2000スタビライザーが廃盤となり、かわりに、CEX1900スタビライザーがアップグレードし、フェニックス1500Dスタビライザーが登場します。Aロッド/Bロッドの2種類あり、コンパウンド・リカーブの両方に対応します。

fivics_2017_damperダンパーラインナップは大きく整理され、VZ-1500/2000がなくなり、DC1500ダンパー、PX1500ダンパーが追加されます。

fivics_2017_saker_plusタブでは、いくつかのタブが再設計されました。セーカープラスはプレートの形などが変更され、「セーカー+ EPR」として生まれ変わります。カロタグで確認する限りではタブの軽量化を中心とした再設計です。セーカーブラスタブも変わりますが、プレートの色(シルバーに)が変わるだけなので基本的には同じ商品として販売します。重さに変更はありません。気になる方は在庫色について問い合わせください。

カーボンセーカータブがラインからなくなりました。なかなか好評だったので残念です。スタンダードのセーカータブには変更はないです。

fivics_2017_polite2先日、新しいポライトタブの3本掛けが入荷しましたが、2017年は2本掛けも新しくなります。薬指をかける部分の(的方向への)長さの調整が可能になります。取りによって、弦へのとり掛けの角度を変更し、取りかけ時の力の配分を変更できます。

fivics_2017_back_pack_archery_caseまた、アクセサリー類はかなり大幅な削減になっています。クロッセンラインがまだ出ていませんが…ラインの移行でなければ相当残念です。ストレッチバンドとか、10年近く問題なく好評で売れ続けてきたし…削除する理由がよくわかりません。

リカーブ用のバックパックケースはテントロン(TENTRON)-Mという1種類の、かつ、色も黒の1色となります。2017年にはLegendの方のラインナップを充実させることでこれに対応したいと思います。

大幅に削減に伴い、弊社で在庫限りとなるのはかなりの数となります。今週いっぱい在庫数の再確認をし、2017年のFIVICSの入荷が始まるまで通常販売、その後は値下げをしての販売となります。そんなに在庫数がある商品はないと思うので、予備などで必要な方はお早めに。

また、カタログにも興味深いシャフト類も追加されていますが、詳細な価格がまだ出ていないのでどうするかはまだ決めていません。カタログは1時間ほど前に届きましたが、価格表待ちです。ウィンなどに比べるとファイビックスは比較的に早く入荷する傾向にあります。1月後半頃から少しずつ入ってくると思います。

FIVICS ARCHERY 2017 (PDF 19.6MB)


アークテック(Arctec)からリムチューニングアダプターが発表されました

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bcアークテック(Arctec)からリムチューニングアダプターが発表されました。12月の入荷予定です。

価格もお手頃になる予定ですが、構造もシンプルです。リムのピンを固定するキャップを厚みのあるものに交換、そこに1/4″のねじが切られているというものです。それによってリムに直接ダンパー、または、ウェイトを装着できます。

下記のメーカーのリムに対応します。

Aタイプ : Win&Win/SF/KAP/Samick/Kaya/MK-Korea
Bタイプ : Hoyt

ちょっとしたアイデア商品といった感じです。ただ、この部分に負担をかけすぎてリムが破損した場合メーカー保証での交換は難しくなります。ご注意ください。


平成29年度全日本アーチェリー連盟事業計画

%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%92%ef%bc%99%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e9%80%a3%e7%9b%9f%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%a8%88%e7%94%bb来年の事業計画が発表されました。

12月25日で営業を終了する予定となっているつま恋での試合開催がなくなります。全日ターゲットは「小笠山総合運動公園(静岡県)」に決まりましたが、王座と選抜はまだ未定です。

また、同時に、毎年、つま恋カップとして開催されていた試合は「○○カップ」で名称未定のまま「岡崎市中央総合公園(愛知県)」で行われるようです。ホイット・ウィン・イーストンの3つが有力候補でしょうか。全日本の試合でしたが、ヤマハ(アーチェリー事業はリカーブのみでした)がバックアップしていたという経緯でコンパウンド部門がありませんでしたが、2017年にはコンパウンド部門も追加されるかもしれないですね。楽しみです。


598点、エリソン選手がX7で世界記録を更新!

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%83%b3%e9%81%b8%e6%89%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e8%a8%98%e9%8c%b2%e6%9b%b4%e6%96%b0昨年はステージ2バンコクで597点の世界記録タイで通過したエリソン選手が、今年のワールドカップステージ1で598点を射ち世界記録を更新しました。怪我であまり練習ができていない状況だったにもかかわらず素晴らしいですね。

リカーブインドアでの長年の議論である矢の太さについて、597点は2001年にフランジィーリによって細い矢(ACE)で記録されましたが、それを塗り替えた598点は太い矢(X7)によって達成されました。どちらが良いのかまだまだ結論は出そうにないようです。

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%83%b3%e9%81%b8%e6%89%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e8%a8%98%e9%8c%b2%e6%9b%b4%e6%96%b02エリソンの新しいホイットのシステムについての評価ですが、使用している道具を見る限りでは、リムボルトは新しいシステム標準のものを使用していますが、リムの取り付けは依然として独自の改造を施しています。世界記録の更新おめでとうございます。


デカットの新作マイクロファイバーサイトピンが入荷しました。

%e3%83%87%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%b32015年に登場し好調な売り上げを続けているデカットのファイバーサイトピンに新サイズ、マイクロタイプが追加されました。

%e3%83%87%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%b33%e3%83%87%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%b32新しいファイバーサイトピンでは、外径とファイバー径ともに小さくなりました。新商品のファイバー径はカタログ値0.5mm(実測値0.42mm)です。非常に細く、アリゾナの0.019″(=0.48mm)とほぼ同じです。

ただ、色の種類はなく、黒のみです。本日より販売開始です。

DECUT マイクロ ファイバーサイトピン


ウィン(WIN&WIN)小物類などの新商品について

win2017ws7002ウィンの新しいハンドル・リム・スタビライザーを紹介してましたので、最後にアクセサリー類です。まず、新しいWS700というカーボンサイトが出ます。207gという比較的軽いサイトです。エレベーションはシンプルな構造で、エクステンダーバーにはWIAWIS21スダライザーにも使われているグラファイトフォームコアを採用しています。

*アチーブカーボン198g、アルティマサイト219g

win2017%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92winex一点漏れていましたが、ウィネックス(WINEX)のハンドルのみ新しくデザインがマイナーチェンジし、ウィネックス2となります。リムも名称は同じウィネックス2になっていますが、見る限り2016年モデルと違いはないようです。ハンドルに合わせての名称のみの変更と思われます。

2016年から全然入荷しないので扱いを終了していましたが、2017年のカタログで正式にINNO EXシリーズのマット色の生産終了が出ました。実質的には2016年の初旬からもう生産していなかったと思いますので妥当な感じです。

win2017acs%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bcアッパーでは、既存のWTSシリーズが終了し、ACS UPアッパーが登場します。

win2017acs%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e6%96%b0%e8%89%b2ACSクリッカーに新色のゴールドが登場します。

win2017wiawisstretch%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89新しいユニークな形状のストレッチバンドも登場します。

紹介したもので卸価格がまだわからないものもあります。いずれも価格が出た時点で予想範囲内であれば取り扱い予定です。

より詳細な情報はカタログをご確認ください。ウィンの公式ページカタログが2017年に差し替えられていますが、SFとKAPのカタログが削除されています。KAP手元にあるの2014年のカタログなので…更新してほしいなー(商品のラインナップに変更はないです)。

WIN&WIN Archery catalog 2017 (PDF 9MB)