もう2018年かい!!ダイアモンドからミドルレンジのロングアクセルモデルが発表されました。

昨日、返事しなくて良かったです。ちょうど月曜日に某メーカーから、低価格のロングアクセルモデルについての営業がありました。確かに現在のラインナップでは安いロングアクセルモデルはないので、どうするか迷っていたのですが、昨日の深夜、すでに取り扱っているダイヤモンド(ボウテックグループ)から、新しく低価格のロングアクセルが発表されました。ちょうど良いタイミングです(もう2018年モデル出るのは早すぎる気がしますけど)。

新しく発表された弓はメダリスト38(MEDALIST 38)というバイナリーカムを搭載した競技用モデルで、アクセル間が38インチ。卸価格はまだ届いていませんが、MSRP(希望小売価格)が699ドルなので、逆算すると、日本での小売価格は8万円弱になりそうです。

ドローレングスは23-32.5インチ、40ポンドモデルから用意されており、38インチで322FPSとそれなりに高性能です。4色での展開になります。8月頃の入荷予定です。

また、昨日メーカーより、2011年に発売され一世風靡したARCTEC CPRシステムの生産が終了したという連絡がありました。成功しすぎて、今では多くのメーカーがこのシステムを標準搭載しているので、まぁ、仕方ないかなという感じでしょうか。売り切っての再発注時に連絡があったので、弊社では在庫がありません。販売を終了しました。


ブローネル(Brownell)が新しい原糸ランページ(Rampage)を発表しました。

2014年のFURY以来でしょうか。アップデートを続けるBCYに対して、3年ぶりにブローネルが新しい原糸ランページ(Rampage)を発表しました。昔、そんな弓があったような。。。

メーカー曰く、

If You Like Fury,You Will Love Rampage. Pound for Pound our strongest Material.

ということで、フューリー(Fury)と同じ性質でより、ストレッチ・クリープしない原糸となっているようです。SK99を使用したマーキュリーが好評なので、在庫して販売するかは未定ですが、テスト用に何個かは仕入れたいと思っています。


【大久保店】臨時休業のお知らせ

毎度、JPアーチェリー大久保店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今週末土曜日の店舗営業についてお知らせいたします。

6月3日(土曜日)はスタッフが大会参加および所用のため店舗を臨時休業させて頂きます。

*翌4日(日曜日)は通常営業いたしますが、ご対応はCPのみとさせていただきます。

ご利用予定のお客様におきましては、ご不便をお掛け致しますがどうぞよろしくお願い致します。


世界選手権のアメリカチーム決定/WIND DRAGON PRO-Xが初の世界戦へ。

(USAアーチェリーより)
先週末にアメリカで行われたトライアルで世界選手権のアメリカチームが決定しました。

毎度のメンバーが、新しく選ばれたメンバーがおり、世界選手権でどのような結果を残すのか楽しみですが、私個人としては、ちょうど昨年の今頃にアメリカで話題で評価が高まっているとレビューしたWIND DRAGON PRO-Xが、1年間の期間をえて、使用選手がナショナルチームの選考会を突破し、(自分の知る限りでは)初めて世界戦にデビューします。

マイナーだったころに自分が高く評価した商品がその後実績を重ねていくほど、ショップの仕入れ担当としてうれしいことはないです。頑張ってください!!

*現在取扱いしているのは、この次期モデルの”WIND DRAGON PRO-X プラス”です。28インチは本店/30・32インチはCP店です。

…なぜか、代表の集合写真にいませんが…コンパウンド男子チームの3人目は今年プライム/イーストンからエリート/ゴールドチップに移籍したクリストファ・シャッフ(Kristofer Schaff)選手です。頑張ってください!


ゲーター(Gator)カップでエリソン選手が4枚羽根で優勝。

(USAアーチェリーより)
アメリカで行われたゲーター(Gator)カップでエリソン選手が優勝をしました。

世界レベルのトップ選手であるエリソン選手がアメリカ国内の試合で優勝することは珍しくないですが、興味深いのがそのセッティングで、あまり採用されていない4枚羽根セッティングで試合にのぞみ優勝しました。

低ポンドの場合は失速を招きますが、高ポンドであれば、今後注目されるセッティングになるかもしれません。ハイスピードカメラも低価格で入手できますので、4枚羽根で問題となるクリアランストラブルの解決が容易になった時代だからこその変化かもしれませんね。


新型スタビライザーについて一週間頑張りました。


1週間頑張りました。取り扱いの話から価格の問題まで。。。ラムロッズ(RamRods)は高いですが、一つ一つ丁寧に作られている感じで、製造者と検品者の名前も入っていて、手作り感がありますね。

先週のワールドカップで多くの新型スタビライザーが使用されました。世界中で製造されているスタビライザーの種類がどれだけあるかはわかりませんが、世界戦でトップ選手が使用するスタビライザーに関しては、できるだけプロショップとして取扱いできる状況にしなければいけないと考えています。

その結果は下記の通りです。

Shrewd Revel 入荷済み 販売開始
Arc Systeme Gravity 価格決定 コンパウンド用として夏ごろに販売開始予定 在庫販売
RamRods Classic Carbon テスト入荷済み テスト中
Fivics フェニックス 1500D 価格決定 取り寄せ対応
Doinker ESTREMO 価格決定 取り寄せ対応 1部サイズ在庫予定
MK KOREA MK-XR 価格待ち

となりました。2017年の新型スタビライザーのほぼすべてについて、話がつき、一安心です。それぞれのロッドについての話はまた記事にします。

また、S21スタビライザーも少数入荷しました。今週内に販売開始したいと思います。

なんかもうそろそろ6月ですね。9月には2018年の新商品の話が始まるので…PSEとUUKHAから…少ししか休めない感じですかね。


アバロンから新型のプロポッドスタンドが入荷しました。

本日、アバロン(AVALON)から新型のプロポッドスタンドが入荷しました。写真の上が新型で、下が旧型(在庫ゼロ)です。

リムに触れる部分にのみラバーを装着していたのに対して、フック全体がラバーでカバーされる設計にアップグレードし、使い勝手が向上しています。緑、オレンジ、紫の3色の新色も追加されました。本日より取り扱いします。

AVALON PROPODスタンド

また、2011年から取り扱っているノーマルタイプのキックスタンドの価格と機能のバランスが見合わなくなった(値下げ前で1200円)ので、値下げし特価品に追加しました。完売しました在庫限りです


極細スタビライザーがついにトップ選手のトレンドに。

2010年のアバンシー(16mm)など、これまでもスリムなスタビライザーはありましたが、2017年のワールドカップ上海から一気に使用選手が増えました。メーカーもこれに対応して、多くのブランドが登場し、間違いなくこれからのトレンドになりそうです。

下記は今回のワールドカップのトーナメントで見かけたスリムタイプのスタビライザーです。

2015年 FUSE カーボンXスリム(16mm)
2015年 Doinker HERO (14.5mm)
2016年(多分) RamRods Classic Carbon(12.7mm)
2017年 Arc Systeme Gravity(15mm)
2017年 Fivics フェニックス 1500D(15.5mm)
2017年 MK KOREA MK-XR(不明)
2017年 Doinker ESTREMO (16mm)

スリムロッドは他にも多くの種類がありますが、今回の世界戦で使用されたスタビライザーだけでもこれだけのものがありました。2017年の世界選手権に向けて、この傾向が拡大していくのか注目です。

*細かい定義はありませんが、私としては現状の各メーカーのラインナップを見ると、16mm(約0.6インチ)以下が細いスダライザー、22mm(約0.875インチ)以上が太いスタビライザーといったところで理解しています。

**今回のワールドカップのリカーブベスト4で最も使用されたスタビライザーはHMC+(3名)で、直径は20.5mmです。


ハンセン選手、弓を間違えるもNano Pro RZでワールドカップ・ステージ1優勝!

本日行われたコンパウンドファイナルで、ステファン・ハンセン選手が個人優勝しました。新しく出たCX Nano Pro RZシャフトでの最初の世界戦のメダルです。

決勝では珍事件が。動画では1:38:00あたりです。シューティングラインに入った後、急いで戻って弓を交換しています。最初は弓具故障かなと思いましたが、ナレーションを聞くと???

6本目まで緑のエクスプレッションでシューティングしていたのが、このエンドでは赤の弓を持ってシューティングラインに入っています。本当に持っていく弓を間違えたようです。すごい集中力です!!


2017年ワールドカップ・ステージ1、3日/4日目終了し、週末のライブ中継へ。

2017年ワールドカップ・ステージ1上海の3日目と4日目が終わりました。ここまでは写真のみですが、週末は試合が中継されます。

コンパウンドでは、写真の現世界ランキング96位のパトリック・コグラン(Patrick Coghlan)選手が三位決定戦に進出し、2010年以来のワールドカップでのメダルがかかった試合となります。対戦相手はレオ・ワイルド選手。旧ポディウムボウの特徴的なダンパーシステムであるAir-shoxをわざわざ外して使用する特徴的なセッティングとなっています。

また、予選2位のリカーブアメリカ代表チームが、初戦で、カザフスタンチーム(予選15位)に敗退するという結果となりました。3選手は個人戦では、5位/7位/9位とよい結果を残していますが、団体戦ならではの結果でしょうか。

エリソン選手の今年からのセッティングですが、一点紹介を忘れていたビースティンガー
アルミエクステンダーを使用しています。取り扱いはできますが、在庫の予定はない商品です。以前ドインカーが同じ様な商品を販売していましたが、あまり売れなかったことと記憶しています。

特徴としては非常に高い剛性を持つものの、振動吸収性能はかなり劣るタイプのエクステンダーです。

日本チームでは、早川選手が女子リカーブの三位決定戦に、男子団体リカーブも三位決定戦へ進出します。

また、今週末の第50回全日本社会人ターゲット選手権大会へのスタッフ出場のため、日曜日まで通販の発送が休みとなります。ご理解ください。