【大久保店お知らせ】臨時休業いたします

来週10月29日~30日の土日、コンパウンドスタッフとリカーブスタッフ、それぞれが所用のため両日不在を致します。

このため大久保店の営業をお休みさせていただきます。

これにより、木曜・金曜の定休日に加え、土日もお休みとなるため4連休となります。(10月27日~10月30日まで休み)

ご利用予定のお客様におきましてはご不便をおかけいたしますがどうぞご理解賜りますようお願いいたします。


SCOTT(スコット) SIGMA(シグマ)

発表から結構な時間がかかりましたがやっとのことでスコット・エクサスの後継モデルとして新作リリーサー「SIGMA(シグマ)」が届きました。*トリガー式リリーサーです

20161022_145212

20161022_14475620161022_144815

440ステンレスをボディーに採用したこのリリーサーですが、重さは86グラム。

カーターの代表的なリリーサー「ターゲット3」と同じ重さとなっています。

特徴はそのデザイン。先に発売されたトリガーレスリリーサー「Halo(ヘイロウ)」と同じく人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインが採用されています。

20161022_14500720161022_145019

20161022_145033

とてもスリムで、しっくりとした握り心地になっています。

テンション調整(トリガーの押圧)とトラベル調整(作動するまでのトリガー移動量)が可能。サムレバーは広範囲の位置で好みのポジションが設定できます。

20161022_14504720161022_145101

コッキングレバーはやや硬め。しかしTruBallのアブソリュート360やST360のような押しづらいレイアウトではなく、自然な位置になるのでさほど気にはならないか思います。

Scott/SIGMAリリーサーは店舗および、あちぇ屋CP(オンライン)にて好評発売中ですヽ(^o^)丿

 

 


第10回花園カップ・コンパウンドオープン大会(熊本県)

今年4月に熊本県をはじめとする九州地方を襲った大地震のため、今年は花園カップの開催が危ぶまれましたが、関係者皆様のご尽力により今年も開催となり、弊社JPアーチェリーも景品協賛、ブース出店、さらに試合参加をさせていただきました。20161002_085318

今月2日(日曜)、ド晴天32度の猛暑の中、真っ赤に日焼けしながらの50mWそしてトーナメントでの試合形式です。(全ア連公認)

20161002_120322

毎回参加しております弊社坂本と、3年ぶりの参加となる山田の2人でお邪魔してきました。大会は今月末開催の全日ターゲット出場者も名を連ね、北は北海道・旭川から参戦の本多由美子選手をはじめ、そうそうたるメンバーとなっています。

なお同日、同じく熊本県菊陽町にて開催された身体障がい者アーチェリー大会「火の国杯」が開催されたこともあり、花園カップは例年に比べやや少ない参加者での大会になりました。

しかしながら、大会は実力者同士の拮抗した戦いになり、一発逆転もあり得るトーナメント戦では、島田隆之選手(シブヤアーチェリー)が15射マッチにおいて日本記録を更新(148点)するなど、大変盛り上がったゲームとなりました。

20161002_140420

弊社坂本はトーナメント準決勝戦にてその島田選手と対戦。先述の日本記録更新のスコアサインを書く事になり、本人は大変悔しい思いをしましたが、気持ちを切り替え3位決定戦では勝利。今回の経験を糧に、今後のジャンプアップを誓いました。

20161002_132702

私はと言うと、ぐぅの音も出ない悔しいスコアで予選を終え、トーナメント1回戦では早々に敗退。あぁ情けない。。。orz

img_20161002_131929

大変盛り上がった今回の花園カップコンパウンドオープン大会ですが、最後は、次回(来年)は大会規模をもっと大きく、さらに多くの選手の皆さんにご参加いただけるような大会にしたいと述べられ幕を閉じました。

参加されました選手の皆様、大会スタッフ・運営のみなさま、ありがとうございました。

20161002_15104720161002_151204


【大久保店お知らせ】8月20~22日の営業について

毎度JPアーチェリー大久保店をご利用いただきまことにありがとうございます。
今週末20日(土曜)~22日(日曜)の営業についてお知らせいたします。

20日~22日の大久保店はコンパウンド担当の山田が不在いたします。
リカーブ担当スタッフのみでのご対応となります。

また時間帯によっては倉庫商品のご準備ができない場合もございます。

ご利用予定のお客様におきましてはご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。


【重要なお知らせ】大久保店の定休日について

JPアーチェリー・大久保店をご利用いただきましてまことにありがとうございます。

大久保店より重要なお知らせがございます。

大久保店は昨年より定休日を木曜日とさせていただいておりましたが、
今月8月からしばらくの間の定休日を木曜日に加え金曜日も定休日とさせていただきます

定休日:木曜・金曜
*営業時間(11:00~20:00)に変更はありません。

誠に申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

JPアーチェリー・大久保店


【大久保店お知らせ】今週末土曜(30日)の営業について

毎度大久保店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
今週末土曜の営業についてご案内いたします。

7月30日(土曜)は、コンパウンド担当の山田は終日店舗を不在いたします。
当日はリカーブ担当者のみのご対応になります事をあらかじめご容赦くださいますようお願いいたします。

ご利用予定のお客様におきましてはご不便をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。


チューブピープを作ってみよう

当店ではチューブピープ「Peep’n Tom」を販売しておりますが、スペシャリティーからの新商品は、既にお持ちのスペシャリティーピープをチューブピープに改造できるキット「スペシャリティー・ピープシェード」が発売されました。
20160716_174506

今回の内容は、その取りつけ(装着方法)を沢山の写真と共にご紹介します。

【重要】
チューブピープの作成には、温度設定ができるオーブンか、ライターなどの火気が必要です。

まずお手持ちのスペシャリティーピープをご用意ください。
20160716_174611
ピープインサートは外しておいてくださいね。

キットに付属しているツールに差し込んでセットします。
20160716_17471120160716_174731
写真のようにネジが切ってある方(インサートを入れる側)を下にしてさします。

20160716_175042
次にもう1本のツールをさして・・・・・

20160716_174814
こんな感じにセットします。

余談ですが、スペシャリティーのピープハウジングの下側に“ドット”が打ってあります。
20160716_175210
このドットが目側の下に来るんですが、写真の通り1個と2個でそれぞれが何度かを示しています。

確認です。
20160716_175248
この写真のようにハウジングをセットしてください。

次にシュリンクチューブを差し込みます。
20160716_175904
20160716_17485420160716_174919

差し込むときの注意点が2つ。
・いっぱい下までシュリンクをかぶせる事。
・あとで出来上がったチューブピープをストリングに挟む際、ストリングが通るハウジングの溝がどこに来るのかを認識すること
上記2点に留意してシュリンクを差し込んでください。

さて、ここからが本番です。
キットの説明書≪Step3≫で、シュリンクチューブをセットしたものを250度のオーブンで5分焼きます。(温める?)とあります。
250度と言う温度の指定がありますが、上限下限が特に記されていません。
失敗を避けるためにも250度の設定ができるオーブンで作業を行いましょう。
説明書では、「もしくはライターの火であぶりましょう」ともあります。

ここではライターの火であぶってみます。
20160716_180257
火の当て方を探ってみると遠火だとは指が火傷します。トングでつかんであぶっても見ましたがライターでは火力が弱く中々収縮しません。

と言う事で結果的に・・・
20160716_180430
火柱の“根っこ”あたりで、1カ所に連続して火を当てないようにしつつチューブを回しながら素早くサササッとあぶります。

かといって欲張るとこうなります。。。。orz
20160716_180554

もちろん、このシュリンクだけ(4個入)の販売もあります。あわせてどうぞ。

程よく収縮したら作業をやめて、あとはしっかり冷やします。
20160716_180610
あぶった直後はシュリンクも柔らかい状態なので、ツールを引き抜くのは十分冷ましてからにしてください。でないと形がおかしくなり崩れてしまいますからね。

冷めたところで出来上がったチューブピープの取り付けです。
20160716_183300

説明書では「取り付けたらピープハウジングの中央の溝を利用してぐるっと必ず縛りつけてください」とあります。
こんな感じです。
20160716_183755
一般的なピープ上下の縛りつけは特に必要なさそうですが、気になる方は念のために行っても良いかと思います。

縛りつけ方の判りやすい動画がスペシャリティーのYoutubeチャンネルにありますので併せてごらんください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先に発売開始をした「Peep’n Tom」と比較してみましょう。
20160716_184035

今回のチューブピープの出来上がり長さが16ミリ。
20160716_182617

対して、「Peep’n Tom」は約19ミリ。
20160716_184902
約3ミリの差があります。

次に重さです。
20160716_185107
約12グレインです。
一方の「Peep’n Tom」は約11.3グレイン。
ほぼほぼ変わりませんが、一体物と言う事で、やや「Peep’n Tom」の方に軽さの軍配が上がりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
がっつりチューブピープで行くぞ!!って方は「Peep’n Tom」がお勧めですが、気軽にチューブピープにしてみたい!と言う方はこちらの方がいいですね。

スペシャリティー・ピープシェードは店舗およびあちぇ屋CPで販売中です(^o^)丿


SHREWD Essentialの入荷とオプション類いろいろ

SHREWD(シュリュード)のミニマグスコープ(29mm)に続き、Essential(エッセンシャル)スコープが入荷、さらに豊富なサンシェード類も入荷しました。
シュルードShrewdスコープレオワイルド
レオ・ワイルド選手(アメリカ)が使用し、注目を集めているエッセンシャル・スコープ。
エッセンシャルと聞いて初めはシャンプー?!と思いましたが、実はその意味は「必要不可欠」。
なるほど確かに必要不可欠ですね。
内径が約29mmのスコープです。
20160713_182035
肉抜きされ、軽量化とともに非常に明るいスコープハウジングとなっています。

先だって入荷したミニマグスコープ(29mm)。
20160629_181028
こちらも内径約29mmながらハウジングは肉厚で大ぶりな印象を受けます。

レンズはリングに内臓式のキャップタイプになっていて、このレンズは、エッセンシャルとミニマグ共通で装着できます。
20160629_181146
レンズを使用する場合、、、といってもほとんどの方はレンズを装着して使用されていますが、カーテルスコープやシブヤスコープなどのレンズとリングが別物になっているタイプとは違い、シュアロックやアバロンスコープなどの方式で採用されているのと同じタイプになります。
なのでまずこのレンズ入りリングとスコープ本体のセットで構築するのが前提となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらは光ファイバー用チューブキット。
SHREWD
ミニマグ用のチューブキットです。エッセンシャルには装着できません。
こんな感じで取り付けます。
SHREWD2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シュリュードはサンシェードが豊富に用意されています。
スコープの前側(的側)用、後ろ側(フェイス側)用で様々です。

特に前側用サンシェードは「レンズ入りリング」“ありき”で装着します。つまりレンズ入りリングが無いとこれらの前側サンシェードは装着できませんのでご承知おきくださいね。

前側サンシェード・ロング(ミニマグ、エッセンシャル共通)
20160713_181917

20160713_182720
*取り付けイメージ

後ろ側サンシェード・ロング(ミニマグのみ)
20160713_182217

20160713_182938
*取り付けイメージ

後ろ側サンシェード(エッセンシャル用)
20160713_181942
さて、このエッセンシャル用後ろ側サンシェードですが、実はこのサンシェードだけではエッセンシャルには取り付けられないんです。
前側サンシェードが必要なんです。
こんな感じです。
20160713_182533
前側サンシェードで、この後ろ側をとめる、ということになるんです。
これはエッセンシャルの本体後ろ側にねじが切っていないからなんです。独特ですね。

最後に、、、、ミニマグに前後両方のサンシェードを装着しました。
20160713_182755

どうです、もはや一般的なコンパウンド用スコープの範疇を超えていませんかね(笑)

シュリュード/エッセンシャル・スコープ、その他サンシェード類はもう間もなく販売開始です。
しばしお待ちを!


ELEVATIONからクイーバーが入荷

ELEVATION(エレベーション)の新作フィールドクイーバーが入荷です。エレベーションバナー

今回の入荷は右用、3色の展開です。
20160706_181352
*ベルトは付属しません。

どれも鮮やかな色合い、、、ではなく控えめで渋い「赤」「青」「銀」となっています。
【サイズ】
・全長(高さ):47センチ
・幅:14センチ
・厚さ:7センチ(最大箇所)
・重さ:約540グラム
*アローポケットの深さ:約27センチ

手に持った印象はガッチリとしていてクニャっと折れ曲がったりする事もなく、硬めの仕上がりになっています。
裏面には腰と腿に当たる部分にエレベーションのロゴをあしらったクッションパッド。
20160706_181220

アローポケットは3分割。
メインのジッパーポケット、ペン差し、メッシュ・ジッパーポケット、他。
そして2つのD環、、、となっています。

アローポケット入り口部分にはポイントガードプレート。
20160706_181251
これは矢を収納する時、ポイント先が本体の生地をかすめることで傷めてしまう事を想定した保護目的のプレート。
カーボンテクスチャーが高級感を醸し出してくれます。

人とはちょっと違うクイーバーをお探しのあなた、ELEVATIONのフィールドクイーバーはいかがでしょうか。


Diamond Archery Egde SB-1

「早い!早すぎるぞダイアモンド2017」と言う事で、2016年モデルですらいまだに入荷しないメーカーがある中で、ダイアモンドアーチェリーbyボウテックから、「Edge SB-1」が早速届きました。

即納モデルとして右ハンドルのブラックオプス(つやなし黒)の入荷です。
20160629_112402
スペックです。
・バイナリ―2カムモデル
・アクセル間:31インチ
・ドローウエイト:7~70ポンド
・引き尺:15~30インチ(0.5インチ刻み)
・ブレースハイト:7インチ
・レットオフ:80%
・重さ:1.63kg
・IBO Speed:318fps

【付属品】
・ハンティング(3pin)サイト
・ハンティングレスト
・ピープ(3/16インチ)
・ハンティングスタビ(5インチ)
・リストスリング
・ボウマウントクイーバー(5穴)
・Dループ装着済
*矢は付属しないのでご注意を。

単体重量は約1.6kgなんですが、付属アクセサリーがドーンとついて総重量約2.1kgになります。
このサイズでは結構ずっしりと来る印象です。

入荷時点ですでにDループロープまで装着が済んでいるので、本当にあとはリリーサーと矢を用意すればすぐにシューティング出来るわけです。
あ、ピープ取り付けと引き尺調整とポンド調整、さらにサイト取りが必要ですね。(入荷時点では、26インチ、45ポンド設定です)

公式戦ルールでの使用は認められていませんが、ハンティングシーンではおなじみの光ファイバーの3ピンサイト。
そしてレストは公式戦でも使用できる、ハンティングレストです。
20160629_112435

カムは、バイナリ―2カムシステム。
ボウテックのFUELと同じカムシステムです。
ただ、番号が振ってあるだけのボウテック/FUELと違い、直にそのままの引き尺サイズがモジュールに刻まれているので、間違える事なく調整が行えるという点では大変親切な設計になっています。
20160629_113105
*ちなみにダイアモンド/プリズムは、通常の2カムシステムです。

親切ついでに面白いのが、ポンド調整の目安となる目盛りが上下のリムポケットにある設計。
20160629_113003
上下同じ回転数のリムボルト位置の調整が前提ですが、直感目視で最大ポンド位置、最弱ポンド位置を知ることができる設計は面白い試みだと思います。

ハンドル側のドットとリムポケット側のドットでその位置を知ることになります。
20160629_112947

ボウテックおよびダイアモンドアーチェリーは、初級者~中級者向けのラインナップが豊富です。
これらはゴリゴリのハンティングモデルか?と言えばそうでもなく、アクセル間は31インチ程度なので純ターゲットモデルから比べるとやや小ぶりではありますが、グリップはちゃんとフラットグリップを採用していますし、ターゲット用品(サイトやレスト、スタビなど)も問題なくちゃんと取り付けられる設計なので公式戦対応もバッチリです。

価格も低めに設定されていますし、これから始める方、クラブやチーム、協会での置き弓などにもうってつけの1台となっています。

ダイアモンドアーチェリーbyボウテック「Edge SB-1」は店舗およびあちぇ屋CPにて販売中です(^o^)丿