Spot Hogg エッジレスト

先日入荷しました、スポットホッグの新レスト「ザ・エッジ」
 
さっそくスポットホッグのホームページではレオ・ワイルド選手がこのエッジレストを使って活躍したよ!って記事がアップされていたりします。

では、詳しく見ていきましょう。

エレベーション(上下)調整のボルトです。
これを回して上下の調整を行います。
調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。便利です~。
ちなみに下側の目盛りは左右用の目盛りです。


そして、側面についているウィンデージ(左右)調整ボルトです。
こちらも調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。
ちなみに奥側に見える目盛りは、上下用の目盛りです。

次に、このエッジレストの特徴である、ブレードの角度調整部分です。

こちらは固定ボルト(矢印)がありますので、ゆるめてからの調整です。

「DOWN」のマークの方向に回していくとブレードが“寝ます”。
寝かすことで、ブレードが柔らかく出ます。ただしベインのクリアを考慮した角度にとどめてくださいね。
反対に回すとブレードが“立ち上がります”。
立たせると硬く出ます。適度な角度にとどめましょう。
直立したブレードって見たこと無いですw

上の写真の矢印部分が、立たせたり寝かせたりすると、上下しますので、横の目盛りを目安に立ち上げ角度を調整しましょう。

ちなみにこの角度調整ネジの裏側はこんな感じです。
ギザギザのナットが仕込まれていることにより、角度調整のボルトを回すと“クリック感”を得ながら回すことになります。

ちょっと話は前後しますが、レストの細やかな位置調整前の大まかな準備として、矢印のネジ2つをゆるめて、ある程度の角度と左右の位置を決めておくと、後々楽です。

次は、「セルフセンタリング・ブレード」についてです。
理屈は簡単。
ネジが皿ネジに変更され、受け側にも“面取り”加工がされていることで、ブレードの穴を通して締めこむとネジの噛み合わせによって、ブレードが直立する仕組みになっています。
一応、従来の形状のネジも付属します。

こんな感じで取り付きますが、注意していただきたい点があります。
締め付けすぎには気をつけて欲しいんです。

あまりにも締め付けが強すぎると、ブレードの穴周りが“ヨレ”てしまう可能性があります。
余計な負荷がかかり続けると、ちょっと大げさに言うと、ブレードの寿命が短くなる可能性あります。
かといって、ちょっとでもゆるいと、使用中にネジがゆるんできてブレードが取れかねませんので、こちらにも注意してくださいね。
目安は、ブレードがヨレないように観察しながら、締め付ける。。。と言うのが、今の所ベターかなと。。。

ターゲット競技に特化した専用レストとして大注目のこのレスト。
生産が間に合っていないのか、どうなのか、、、
当店への次の入荷予定が数週間先・・・
なんとかならんのかなぁ・・・(*`д´)


ATA 2012・・・Bowtech “INSANITY”CPXが本日入荷!

SCARY…Accurate
DEADLY…Quiet
FEATHER…Light
BLAZING…Fast

だいぶ意訳ですが、、、

恐ろしいまでに…正確で
驚くほど…静かで
羽毛のように…軽く
燃え上がる炎のように…速い

本日入荷した、“INSANITY”CPXのうたい文句です。

ATA 2012でそのベールを脱いだBowtechのNewモデル “INSANITY”CPX。
(32インチモデル)


鉄の棺の上にディスプレイされています。

会場で僕はそのラインナップである、“INSANITY”CPXL(35インチモデル)を試射してきましたが、

本日入荷したこの“INSANITY”CPXも同じく新しくなったオーバードライブバイナリカムを搭載。

大きく張り出したカムデザインが、スムーズかつハイスピードを実現し、メリハリの利いたウォールで、シューターを驚かせてくれます。

また、パラレルリムデザインながらストレートに近い安定感抜群のハンドルデザイン。

新たにダンパーを装備し、フルドロー時のハンドルトルクを大幅に軽減してくれる「FLX GUARD」ももちろん搭載。

盛りだくさんの内容で、日本上陸です。

本日入荷した即納モデル、“INSANITY”CPXのスペックは・・・
・アクセル間:32インチ
・ドローウエイト:60ポンド
・ブレースハイト:6インチ
・右ハンドル
・色:ブラックオプス(つや消し黒)
・引き尺:25.5~30インチ
・レットオフ:80%
・重さ:1.95kg
・IBO/ATA Speed:355fps

即納モデル価格: 92,000円
*通常オーダー価格は、94,000円*

ちなみにまだ入荷していませんが、35インチモデルの“INSANITY”CPXLのスペックは・・・
・アクセル間:35インチ
・ピークドローウエイト 50・60・70・80ポンド
・ブレースハイト:7インチ
・引き尺:27.5~32インチ
・レットオフ:80%
・重さ:1.995kg
・IBO/ATA Speed:340fps

価格:96,000円
*即納モデルの入荷は現在の所未定です。

大注目の1台です!


KAYAコンパクトボウプレス、レビュー。

あらたに入荷した「KAYAコンパクト・ボウプレス」
写真を見ていただきながら、使用感や注意点を案内していきましょう。

まずは外観。

伽耶弓(KAYA archery)ってロゴが、なかなかオリエンタルチックです(笑)
重さはキャリーバッグ込みで、約5.2kg。
バッグの底辺は約109センチ。
高さは持ち手抜きで30センチです。

では、開けてみます。

ショルダーストラップがついています。
ちなみに紙の説明書は無いです。。。
バッグの生地には約5mmほどのウレタンが仕込まれているので、“布きれ”だけのチープな印象は受けません。
メインシャフトとなるバーは長さが105センチ。
リムを“抱え込む”アーム部分が35センチです。上の写真ではアームを中央に折りたたんで収納しています。
設置した時の高さは約12センチになります。

では具体的に。

Twitterで簡単に伝えましたが、軸間約40インチあるHoyt・ヴァンテージエリートやMathews・MR5(軸間33インチ)、さらにMission・メナス(軸間31インチ)でも使用することができます。
今回はHoyt・カーボンエレメント(軸間32インチ)でやってみましょう。

しっかりとした頑丈な机の上か、床で作業を行いましょう。
その際、写真向かって右、ちょうど僕の左腕で隠れてしまっていますが、このアームがずりずり・・・とメインシャフトに沿って、向かって左側へ動くので、あらかじめそれを踏まえた設置をしてくださいね。

商品紹介のホームページ動画などで使用方法を案内しているので、本文はそちらをご覧いただくとして、、、、

作業前の注意点その1。

アームの先端バー(直立している2本の棒)の間にリムを通すんですが、その際カムに近い方・・・指でさした先なんですがバーとカムの間を1~2インチ(オンラインマニュアルによる)離しなさいととあります。
言われてみればそうですね。
バーが内側へ移動してリムを絞るわけですから隙間を作っておかないと、です。

注意点その2

上の写真、2本のバーに通したリムの下側(バーの受側)に右上がりで隙間が出来ていますよね。
これ、だめです。
絶対やっちゃいけません。
下の写真のとおりにピッタリとおいてくださいね。

じゃ、絞っていきましょう。

僕が左手で握っている白いところをしっかりと握り、ハンドルをぐりぐりと回します。
このハンドルが若干曲者です。
持ち手の全長が5センチしかありません!!
僕の手では小さいのです!
もう少し太く長く設計してくれよぅ。。。

充分に絞ったら・・・

写真のように弦がたるんでいるのがお分かりいただけすでしょうか。
これだけ弛めばピープの交換などは楽チンですね♪
ストリング・ケーブル類の交換も適宜絞って作業を行いましょう。

で、作業を終えもとに戻す手順に入るわけですが、下の写真のストリング。
ま、ストリングだけでなく他のケーブル類もそうですが、
ちゃんとケーブルトラック・ストリングトラックに弦がそれぞれきっちりハマっているかを必ず確認しながら作業をしてください!

では、その他の情報を。
下の写真は、アームを抱えるバーの先端のアップです。
リムを挟むにあたり、おそらく「傷がいくんじゃね?」と思いましたよね?
はい、もし、むき出しの金属棒だったなら傷確定です。
が、ご安心下さい。
製品のバーにはご覧のとおり厚さ約1mmほどのビニール系と思われるチューブが仕込んであります。

いーや、これでも不安だ!とおっしゃるのであれば、DIYなどで手に入る相当のチューブやゴムホース!?で補強するなども良いかもしれません。ただし、あくまでも案ですので。。。
その辺は宜しくお願いしますね。

その他、バーの直径13mm。バー同士の距離、約6.5センチ。

最後に、このコンパクトボウプレスでできる事として、おおむね軸間33インチ以下なら、リム外し、リムポケット分解まで行けました。
反対に、軸間が40インチとちょっとあるヴァンテージエリートでは、ケーブル交換、カム交換まではなんら問題なくおこなえますが、リム交換、リムポケット分解はできませんでした。
メインシャフトが開ききってしまってそこから展開しないからです。
これは、当店で先に取り扱っている「ポータブルボウプレス」と同じことが言えます。

つまりパラレルリム、バーティカルリム、どちらにおいても、ケーブル交換、カム交換は問題なく行えます。
その先はめったに施すことのない作業ですので、マイナス評価にはならないと判断します。

ちなみにオンラインマニュアルには「過度なパラレルリムボウには使用しないでね」とありました。
念のためにお伝えしておきますね。

本格的に分解整備まで見据えていらっしゃる方は、ぜひプロ仕様をお求め頂きたいと思います。

個人でお求め頂く価格としては少しお高いかもしれませんが、プロ仕様までは用がなく、されどチーム・クラブに1台は欲しい!と言うニーズにバッチリ応えてくれるんじゃあないでしょうか。

この「KAYAコンパクトボウプレス(¥34,000円)」は、あちぇ屋CPにて取り扱っています!


9色まで増えました♪

 10月に新発売となった、バイター「ピンノック・ハンター」
ピン仕様のシャフトに用いるノックとしてバイター社が満を持して?送り出したものですが、
現時点で9色まで増えました。

以下の通り。。。
・白
・パープル
・赤
・クリアオレンジ
・ネオンイエロー
・緑
・ダークグリーン
・青
・ダークブルー

で、写真です。

この中で、白とネオンイエローの2つ以外が“半透明”です。

しかし、緑って、、、これ、緑なの?w

重さは、イーストン・ピンノックの2.6グレインに比べ、バイターのこれは5.2グレイン。
倍の重さですね。

そして背の高さは約4ミリ、バイターが高いです。
こんな感じ。

僕はこのバイターの体積の大きさが気に入っています。
理由は2つ。
的面を望遠鏡で確認するとき、この体積のおかげで光を多く取り込むため、膨張して見えるので視認性が高いんです。
そして、ストリングに番えるときの“こつんっ”ってハマる感じが好きなんですw
イーストン・ノックの“パチッ”って感じがどうも・・・・(苦笑)

と言う事で?w

バイター・ピンノックハンターは1ダース、¥1,300円にて好評発売中です♪


あなどるなかれ

 まずはこのCPボウセットをご覧ください


ボウ本体に、矢が3本、センタースタビ、サイドロッド、ボウスタンド、さらにボウケースも含めて、まずは気になるお値段から、、、、

・・・・¥3,800円!!

え?!

と、思いましたねそこの貴方。

実は・・・

ミニCPボウセット、なんです(^_-)

内容は・・・

【ボウスペック】
・引き尺13インチ
・DW 5.5ポンド
・軸間 19-5/8インチ
・ブレースハイト5インチ

【アクセサリー類】
・センタースタビ 6.5インチ
・サイドロッド 5インチ
・ボウスタンド 高さ 31センチ
・付属矢13.5インチ(ノック溝からカット面まで)

ちなみに、DWや引き尺の調整はできません。。。

んで、実際にうってみると・・・・・

・・・・ちっちゃ(+o+)

でも、ちゃんとうてます!!
畳は硬くて刺さりませんでしたが(苦笑)、ダンボールだと刺さります♪

カーテル・ミニCPボウセット。

ちょっとした息抜きに、、、、

インテリアに、、、

ネタに、、、、、

Xmasも近い事ですし、おひとつ、どうですか?(^◇^)


Tru Ball インサイドアウトのハンドル交換パーツ

多くのCPアーチャーから支持して頂いている、Tru Ballのインサイドアウトリリーサー(トリガーレスタイプ)。

そのインサイドアウトのアップグレードパーツとして、ハンドルの交換パーツがお目見えしました。

種類は4つ・・・

2本掛け   3本掛け    4本掛け 4本ストレート

現在お持ちのインサイドアウトへ簡単に装着交換できます。

より心地よい使用感をお探しの方にうってつけのオプションです。

あちぇ屋CP店にて販売中です

追記
インサイドアウトの3本掛けと4本掛けのそれぞれの『ラージサイズ』も入荷しました!


2012 Hoyt アルファエリートRKTとカーボンエレメントRKTが入荷しました。

本日、即納モデルとして下記の2モデルが入荷しました。

Hoyt 2012 アルファエリートRKT 
ピークボンド:40-50ポンドモデル 1台 引き尺:26インチ(#1カム・Bモジュール)
       50-60ポンドモデル 1台 引き尺:26インチ(#1カム・Bモジュール)
色:共にブラックアウト


Hoyt 2012 カーボンエレメントRKT
ピークポンド:30-40ポンド 1台 引き尺:26インチ(#1カム・Eモジュール)
色:ブラックアウト

すでに通販ページの方でアップしていますので、もうご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

さて、2012年モデルから搭載されましたこのRKTカム、先日の記事で、特徴などをお話ししましたが、今日は引き尺についてお話しいたします。

まず、ベースカムと呼ばれる直径が異なる3種類のカムがあり、
1番カム
2番カム
3番カム
があります。

そして、引き尺の調整範囲が、、、
1番カムは、4段階のモジュール
2番カムは、5段階のモジュール
3番カムは、5段階のモジュール
となります。

モジュール1段階で、0.5インチ長さが変わります。

アルファエリートRKTを例に挙げますと、、、
1番カム・・・26インチ~27.5インチ
2番カム・・・27.5インチ~29.5インチ
3番カム・・・29.5インチ~31.5インチ
の調整幅となります。

*上記の範囲は、アルファエリートRKTのモノであり、同じRKTカムを搭載するカーボンエレメントや、ベクター32、ベクター35、ベクターターボそれぞれの調整範囲とは若干異なりますのでご注意ください。詳しくはお問合せ下さいね。

さて、もっとわかりやすく、ベースカムとそれぞれのモジュールの相関図を示しますと、、、


こんな感じになります。
左の大きな数字はベースカム番号を示し、上段のアルファベットはモジュールイニシャルを示します。
1番カムの4段階と言うのはモジュール・イニシャルB~Eの事で、2番カム、3番カムの5段階と言うのはA~Eと言う事になります。

アルファエリートRKTを例に挙げてまとめると、
1番カム
Bモジュール・・・26インチ
Cモジュール・・・26.5インチ
Dモジュール・・・27インチ
Eモジュール・・・27.5インチ

2番カム
Aモジュール・・・27.5インチ
Bモジュール・・・28インチ
Cモジュール・・・28.5インチ
Dモジュール・・・29インチ
Eモジュール・・・29.5インチ

3番カムは割愛します。。。

ここで、ご注意いただきたいのは、RKTカムは、他のモデルに搭載されているGTXカムや、廃版になりましたがカム&ハーフ・プラスカムのように、インナーカムの“位置変更”による引き尺調整方法とは異なるという事です。
いわゆるFULEカムと同じ方式と言う事です。
つまり、引き尺調整を行いたい場合は、モジュールを取り換える必要がある、と言う事になります。
初回にお求め頂く引き尺(搭載モジュール)から交換と言う事になりますので、別途RKTカム・モジュールをお買い求めいただくことになります。
あちぇ屋では、FUELカム・モジュールと同じ価格でご提供いたします。

ご注文の際は、もし今後引き尺を変更する可能性がある場合は、同じベースカムの範囲内でしか調整ができない・・・と言う事をご承知おきしておいてくださいね。
そうでなければ、ベースカムにストリング、バスケーブル、コントロールケーブルまですべて交換が必要と言う事になります。
もしその時は、ご相談ください。

今日入荷したそれぞれの弓を実際に試し引きしてみたいというお客様は、売れちゃう前に大久保店まで急いでお越しくださいねヽ(^o^)丿


大リーグ養成ギプス的な。

このタイトルにどれだけの人が理解して頂けるでしょうか。。。

さて、ちょっとおもしろい興味深いモノが入荷しました。

その名も「トゥルーショットコーチ」

“本当の射を教えてくれる”そうです。

そういえば・・・

ハンドルをぎっちり握りこんでしまう方、いらっしゃいますよね。。。。

深ーいグリップでハンドルを保持するため、時折ストリングが腕に当たる方、いらっしゃいますよね。。。

素直に弓を“行かせてあげたい”のに、そうはさせない方、いらっしゃいますよね。。。

思うようにグリップがうまくいかない方に、こっそりと?矯正や補正を手助けしてくれる素敵なグッズがお目見えしました。

まずはご自分の押し手の人差し指・中指・くすり指3本分の幅を測って下さい。

ハイ、こんな感じです。

ちなみに僕の左手です。言うまでもありませんね。

これで言うと、およそ6.1センチです。

で、この指3本分の幅の長さに応じて、この大リーグ養成ギプス True Shot Coachの大きさを選んでいただきます。

指3本分の幅が、

5.7センチ以下・・・・Sサイズ

5.7センチ~6.4センチ・・・Mサイズ

6.4センチ~6.9センチ・・・Lサイズ

あと、この幅に収まらない大きな指の方には、実は「XLサイズ」が存在します。

しかしながら今回当店に入荷したのはS・M・Lだけです。

ご容赦下さい。

もしご要望あらば、お問合せ下さい、すぐに手配いたします。

では、装着イメージです。

どうです?

言葉による説明が必要ないぐらい、ストレートに伝わってきませんか?

グリップを深く握ろうもんなら、プレートが邪魔をして良いあんばいで、“べた押し”をサポートしてくれます。

さらに3本指の付け根あたりに、絶妙な具合で上側に出っ張ったプレートが、握りこむ指を邪魔してくれる事により、ふんわりとしたグリップが実現します。

ここで、メーカーの紹介動画をご覧ください。


英語による解説ですが、内容の半分以上はもしかしたらご理解いただけるかもしれませんね。

True Shot Coachはあちぇ屋CP店にて発売中です♪


2012 Hoyt RKT-CAM&1/2

2012年ホイットの新作(コンパウンドに関して)に、おいては大きな動きが無かったのは既報のとおり。

その中での注目は、なんと言っても新作カム「RKT-CAM&1/2」ですね。

今日はそのRKTカムのお話をば。

まず一番の“ウリ”は、スピードアップ。
そこから進めましょう。

その前に、搭載されるモデルは、、、
カーボン・エレメントRKT
カーボン・マトリックスRKT
ベクター32・35・ターボ
そして、アルファエリートです。

新作のベクターシリーズは別にして、昨年モデルからあるカーボンマトリックスプラスやエレメント、さらにアルファエリートにはFUELカムが搭載されていましたが、それらがRKTカムに変更されたという事ですね。

大幅な?変更ではないですが、他社に後れを取っていた「スピード」に少しでも追いつこうという努力が見て取れます。

じゃあどれだけアップしたのか、です。

ATAレーティング数値*はこんな感じです・・・

・カーボン・エレメントRKT
323fps ⇒330fps

・カーボン・マトリックスRKT
318fps⇒325fps

・アルファエリート
320fps ⇒321fps

アルファエリートの上り幅が、1fpsって。。。
も少し欲しいところではないっすか。。。(苦笑)

それ以外は7fpsのアップですね。

ちなみに、新作の・・・
・ベクター32
330fps

・ベクター35
325fps

・ベクター・ターボ
340fps

ターボの340fpsは中々ですよね。

ベクター35とターボはともにアクセル間が35インチ。
ターボの方が、ブレースハイト3/4インチ低いハンドル設計になっています。

具体的な内容についてです。
今回ホイットはスピードを追求したカムを設計したわけですが、それに伴うデメリットも考慮した味付けとなっています。

エルゴドローシステムと銘打たれた、ハイスピードカムにありがちなハードな引き味・・・ほどではなく、なおかつ引き戻しの動作も比較的ラクになりました。

そして、ウォールは硬すぎず柔らか過ぎず、適度なフィーリング。
・・・これはもし、ウォールが硬すぎると、エイミング中に少しでも余分な力が加わるとサイトがブレがちになってしまいます。
また反対に柔らか過ぎたりすると、アンカーポイントが定まりにくくなります。

と言う事で、「そのあいだのちょーどイイ感じの頃合いで、なおかつスピードが速いよ♪」
とも言っています。

さて、このRKTカムは3つの大きさの違うベースカムで構成されています。
んで、それぞれドローレングスに関係なく、最大のパフォーマンスが発揮できるようにカムが回りきる設計となっています。
例えば、ワンサイズの直径のカムで幅広いドローレングスをカバーしようとすると、カムが回りきらず、スピードがロスを起こし、パフォーマンスが低下し非効率的になってしまいます。
ホイットが言うには「それをするのは簡単だが、安易にしてしまうと、必要なスピードが生まれない」とのことでした。

ふーん、なるほどね。

なので、ドローレングスの短い人のために小さなカムを、長い人のために大きなカムを設計したんですって。そうする事でカムのパフォーマンスを最大限に引き出せるんだよ、ってね。

カム自体の特長としては、ケーブルトラック(ケーブル溝)の肉厚化。
プラスチックパーツを一切使わない、ハイグレードな金属で構築されたベアリング類。

総合して、スムーズな引き味、ラクな引き戻し、そしてなりよりもそのスピードを体感してちょうーだい。

て、ホイットのスタッフさんは熱く語ってくれました。

RKTカム搭載のHoyt コンパウンドボウは、月内に入荷予定です♪

*ATAレーティング・・・矢尺・30in、重さ・350グレインの矢で、#70ポンドの強さにて計測する数値

 


リクエストにお応えして

 10月8~9日と熊本県にお邪魔した際、当店からありったけのリリーサーを展示させてもらったのですが、その中でもやはり注目が高かったのが、TRU Ballのインサイドアウトでした。
で、実際に手に取ってご覧いただいたのですが、その中の一人のお客様がぽつりとつぶやきました。「人さし指が入らない・・・」と。

当店でお出ししているインサイドアウトはすべて「Mサイズ」です。
なので、お客様にとっては「小さい」と言う事になってしまいました。
しかしながら、インサイドアウトのラインナップには「Lサイズ」があるんです。
が、準備ができていませんでした。

東京に戻って、「こりゃイカン」となり、発注を行いまして本日入荷致しました。

さっそく写真をご覧ください

左がLサイズ、右がMサイズ。
指を通すパーツだけ異なり、中指・薬指を掛けるバーは共通です。

では、肝心の穴径は・・・

Mサイズがご覧のとおり、22ミリで、、、

一方、Lサイズは、

ご覧のとおり、約25ミリとなっています。

さらに、これは僕も最初気付かなかったのですが、親指を掛けるセフティーバーの取り付け穴のレイアウトが、MとLでは異なります。

ね、小さな事ですが親指の掛かるバーの位置は、MとLでは随分とフィーリングが変わります。
穴径を大きくしただけではなく、こういった細やかな配慮も、トップシューターたちの間で信頼されている理由の一つなのかもしれません。

インサイドアウトは、あちぇ屋CPにて絶賛発売中です!