この記事は2015年11月29日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

フィールドアーチェリー試合の流れ(東京都)

第6回都フィールド全日本ターゲットが終わり、アドバイスをいただいて、とりあえず、精度の高いサイトチャートを作り、サードアクシスの調整をして、フィールド2回の練習を経て、そのほかのセッティングはそのままで初めて東京のフィールドの試合に出場してきました。

“初心者”として試合に出るのはコンパウンドに転向した時の2年ぶり。ちょっと緊張してしまい、3日間禁酒しました!!

東京都のフィールドの試合は当日会場集合。9時が集合時間ですが、8時半に会場についた時には、練習場ですでに練習が始まっていました。当日コースでは練習ができず、フラットな射場(普通の射場)での練習になります。まず、会員証を持って登録し、射場で少し練習。さっそく、サイト調整の20mで射線をまたいで射っていると注意されました(フィールドは射線の後ろに立つ)…恥ずかしい。。。

本日は全部門で48名参加の試合です。スタートは順次スタートではなく、スコアカードを引いて、グループ別に別々の的からのスタートで、2的からスタートした選手はそのまま順番に進み、最後に残った1的を射って終わりになります。試合の進行は結構ゆっくりめで、お昼の時間も長め(戻ってくる時間がバラバラのため)、全部で72本の試合で終了は15時前までかかりました。
IMG_20151129_191158金曜日の練習では、2ラウンド回って368点と375点でしたが、本番ではだいたい想定通りの374点(190-184)で、先輩アーチャーの方に確認したところでは、全日本の片道切符(70mwと違って前半と後半で別々に申請点に使える)は獲得したようです。フィールドコンパウンドのゴールドバッジも取得できるようです(全日出場に必要)。いい経験になりました。点数とは別に試合自体は3位(バッジの色はターゲットと同じ)となりました。ちなみに弊社では、坂本が同部門で6位、川津がリカーブ男子で優勝でした。

当日集合で参加するハードルも高くないと思いますので、みなさんぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

明日からインドアシーズンです。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

2 thoughts on “フィールドアーチェリー試合の流れ(東京都)

  1. リカーブスタッフの川津さん、世界室内選手権も決まったみたいですね!
    強いスタッフが多くてホントにすごいです

  2. >リカーブスタッフの川津さん、世界室内選手権も決まったみたいですね!

    リカーブ担当の川津は世界室内の最終代表選考に決まっていますが、今週末にその代表の選考があります。
    応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。