この記事は2015年11月27日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

サイトチャートを作り直しての2度目のフィールド練習

フィールドアーチェリー花の山先日紹介したプログラムでサイトチャートを作り直して、再度フィールドアーチェリー場で練習してきました。

IMG_20151126_193149左側が前回の練習で使用した簡易的なサイトチャートで、右が新しいプログラムで作成した自分だけのサイトチャートです。前回の練習では短距離がやたらと当たりませんでしたが…それはサイトチャートの精度…というか細かさに原因がありそうです。古いものと新しいものでは、20mよりも短い距離での目盛りの細かさが圧倒的に違います。また、近距離換算表(Short Range Conversions)によれば、13-9mまでは同じサイト、カット後で8mまで近づいてしまうと、16mのサイトで射る必要があるようです。7mでは19mのサイトですが、そのようなケースはそうそうないと思うので、8mの時だけ記憶しました。
練習時の様子です。3的分撮影しましたが、このような的を24的射ちます。144本(2試合分)の練習で移動時間を入れて、3時間ほどです。今後フィールドアーチェリーの記事が増えると思いますが、やったことがない方にはできるだけ雰囲気が伝わるようにしたいです。興味を持っていただいたら、ぜひ、フィールドアーチェリー場に足を運んでみてください。スタビライザーのバランスチューニングをしながらやっていたので、弓の挙動が若干変なのは気にしないでください(汗)。。

今回の練習で2試合分回り、点数は368点と375点でした(サードアクシスだけ合わせた前回は344点)。昨年の全日本フィールド選手権の選考点が368点だったので、サードアクシスとサイトチャートをしっかりとすれば、何とか出られるくらいにはなりそうです。この2つがターゲットアーチェリーとの一番の違いでしょうか(と今のところ思っています)。

日曜日に参加予定のフィールドの試合があり、その後は10日後のバンコク・ワールドカップに向けて、一気にセッティングをインドアに変えてしまうので、当分はフィールドの練習ができなくなりますが、バンコクから戻りましたら、次はスコープのセッティングの変更に取り組む予定です。

いや…高低差があるコースをずっと回っていたので、筋肉よりもヒザの関節が痛いっす。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。