FIVICS 2016年ラインナップ正式発表されました。

fivics_catalog_2016もう4月の終わりですが、やっとFIVICSの2016年の正式なカタログが届きましたので紹介します。1月には仮のカタログを受け取っていましたが、変更点があるとのことだったので紹介してはいませんでした。どこかでご覧になった方がいるかもしれませんが、これから紹介するものが正式なカタログです。

krossen_fivicskrossen_xenia_tabまず、同じ韓国のクロッセン(KROSSEN)がファイビックス(FIVICS)のビギナーラインとして加わります。かわりに、これまでのソーマ(SOMA)はなくなります。現在取扱いしているSOMA JMタブは順次、新しいKrossen セニア(Xenia) JMタブに切り替えていきます。デザインの変更のみで性能に違いはありません。また、卸価格も大きく変動しないので、販売価格も変更の予定はないです。

attack_ケースラインまた、収納ケースの新しいラインナップにAttackシリーズが加わりました。ハードケースは現在取扱いしているサンダーシリーズと比べて大きな違いはないようですので、2016年もこれまで通りサンダーシリーズ(CCD/CCS)を販売します。

attack_ケースライン_コンパウンドコンパウンド向けソフトケースでは、これまでのVストームボウケースが廃盤になったので、かわりとしてAttackシリーズのイージーボウケースを発注しました(納期はまだ未定です)。今後はこれを取扱いします。

vellatorハンドルハンドルではようやく取り扱いしたいものが登場しました。左側がA6061フォージド合金で製造されたVellator(ベラトール)ハンドル、右がクロッセンラインのXenia(セニア)ハンドルです。今までもファイビックスはユニークなハンドルを作っていましたが、値段がかなり高いことが問題で仕入れをしてきませんでした。2016年、いろいろと改善したことによってファイビックスのハンドルの価格は劇的に安くなり、ベラトールがSFフォージド+と同程度、セニアはSFのアクシウム+Lハンドルと同程度で販売できそうです。実際のものを見てみないと最終的には判断できませんが、在庫しての通常販売を開始する見込みです。

fivics_2016_sightサイトは新しくFV-300とFV-150Sが発売されます。ファイビックスのサイトは品質が非常に良いのですが、少し重いのが課題でした。新しいサイトの重さはカタログには載っていませんが、メカニカル的には軽量化されているように見えます。入荷を待ちます。

fivics_2016_tabタブのラインナップには変更は多くありません。唯一、ポライトタブのプレートのデザインが変更になります。穴の変更はないようなので、交換用コードバン・バックスキンのリニューアルはありません。

hyperボウケースクロッセンにはセニアシリーズのほかにHyper(ハイパー)シリーズがあります。こちらはほぼすべて新規の設計です。2016年、現在のK200バックパックは生産が終了したために、かわりにHyperリカーブバックパックに切り替えて販売する予定です。同時にHyperコンパウンドケースもよさそうなので発注済みです。

hyperクイーバークイーバーですが、まだ決定ではないものの、アセンドクイーバーの販売を終了し、こちらのHyperシリーズのクイーバーに切り替える予定です。理由としては取り扱いの中で高価格帯のクイーバーが占める割合が多くなってきたので、中価格帯のクイーバーのラインナップを増やしたいと思ったためです。

以上、2016年のファイビックスです。今週の入荷初めて正式なカタログが届いたため、発表された新商品はどれも入荷にはまだ時間がかかりそうです。新入生シーズンに間に合えばよいのですが…具体的な納期の連絡があり次第お知らせします。

FIVICS Archery 2016 カタログ(英語)


FIVICSのセーカープラスタブが入荷…かなりいい仕上がりです!!

DSC_1083FIVICS(ファイビックス)のセーカープラスタブが入荷しました。昨日は事前発表通りですが、仕上がりは予想を超えてかなり良いです。メーカーの本気さが伝わり、久しぶりに本気でお勧めしたいタブです。
ci_img_fivics_ファイビックス
その前に先日お客様と話していて気になったのですが、FIVICSという会社の読み方は「ファイビックス」です。いろいろな呼び方をしている方がいるようで、まぁ、文脈でわかるので問題ないですが、正しい読みは「ファイビックス」です。FIVCSというの造語で「HIGH FIVE(ハイタッチ) VICTORY(ハイ ファイブ ビクトリー)」からきています。

DSC_1078DSC_1082さて、このタブについて大事なお知らせがあります。このタブは20パターン以上の形状にセットして使用できますが、全部のパーツを使用することはありません。必ず、どれかが余ります。セッティングを変更するときには必要になるので、そのパーツをなくさないように気を付けてください。

DSC_1086これが通常のセーカータブと同じ状態です。この状態ではセーカータブの機能に加えて、手との接触部分の設定と重さの設定が可能です。

DSC_1089DSC_1091写真の左が通常のタブ同様のタブプレートのエッジが手と接する設定です。それに加えて丸みのあるパーツを取り付けてより柔らかい感じでタブの感覚を得ることができます。

DSC_1088さらにここにウェイトを追加することが可能です。1枚7gのアルミウェイトが付属していて、追加で購入することも可能です。

DSC_1087そして、今度新しく標準搭載されたのはEPフレーム。もともとセーカー1タブのために開発され、取りかけ時のタブの安定感を高めるための機構です。さらに角度の調整もできるようになり、形状もスマートになりました。
DSC_1092DSC_1094最後の機能はねじ穴を覆ってプレートの凹凸をなくすためのカバーです。これ用のねじのデザインがなかなかです。

DSC_1095(写真左が正しいねじで固定した時、右が小指サポーターで固定した時)
今回ちょっと感動したのはこのプレートをフラットにするためのねじ。セーカータブに使用されているパーツ固定ねじはすべて丸ねじです。このカバーは小指サポーターを固定するためのねじでも固定できますが、それを流用しての固定ではなく、プレートが完全にフラットになるために、別に皿ねじが入っています。性能上別に関係のないことですが、ここまでこだわることにFIVICS社の成長とこのタブについての本気さを感じました。

これだけの機能がついてセーカータブより3000円弱高いだけですのでかなりおすすめです。追加ウェイトは来月入荷予定です。