RamRods取扱開始します。

2016年頃に登場したメーカーだと思いますが、近年はヨーロッパを中心を多くのアーチャーに選択されている、アメリカのRamRodsの取り扱いを開始することとなりました。

調べてみると最初に発注をかけてテストしたのは2017年の頃です。S21が登場した頃か…あっという間ですね。

当時テストした感想は「手作り感ある」でしたか。まぁ、言いたいことはわかります。。

さて、あれから4年たち、販売数はもう当時の比ではなく、当時はアメリカのランカスターだけが代理店でしたが、代理店網も拡大しています。更に、成長に伴い、2021年には販売価格の見直しが決定され、これにより取り扱いを開始することとしました。もともと、トップアーチャーが選択するくらいなので、いいロッドではあったのですが、規模の経済で、コストパフォーマンスに問題があると判断していましたが、2021年の価格は十分に魅力的なものだと思います。

ロッドのしての性質は剛性の高い・極細径のロッドではありますが、エクステンダーロッドでの使用をあまり設計に考慮しておらず、カーボンエクステンダーも販売していません。中心となるサイズは30インチで、サイドは12インチから。基本的には上記のようなエクステンダーを使用しないセッティングでの使用を前提として設計されています。

もちろん、エクステンダーと合わせての使用もできますが、サイズがちょっとイレギュラーとなります。エクステンダーなしでの使用をおすすめしますが、使用する場合には、剛性の高いものを選択しないとパフォーマンスが低下します。

取り扱いするのは、2021年の最新モデルで両方(前モデルでは)実績のあるウルトラ(ULTRA)のバージョン3.1 とK2のバージョン2となります。入荷は1週間後を予定しています。

RamRods – JPアーチェリー

2020年はあまり新しいことできませんでしたが、2021年ターゲットシーズン開始に向けて、いろいろと仕込んでいきます!


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

10 thoughts on “RamRods取扱開始します。

  1. こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いております。ramrodsの取り扱いに関してですが、ベクターは取扱ラインナップには入らないんですか?今後入る予定は有りますか?

  2. 旧モデルのウルトラV3とK2は取り扱いできませんが、ベクターは2021年も残りましたので取り扱いは可能です。価格はウルトラV3.1と同じです。在庫するかは迷っているところです。まずは、2つの2021年新モデルから始める予定です。

  3. こんばんは。続けて質問ですが、今回取り扱うウルトラV3.1はスタンダードモデルだけですか?旧モデルのV3にはタングステンパウダーウェイト内蔵モデルが有ったようですが、V3.1はどうなんでしょうか?そもそも、V3.1にタングステンパウダーウェイト内蔵モデルはあるのでしょうか?

  4. V3.1でもラインナップにあります。通常モデルに比べて1500円高くなります。特注となるので納品には時間をいただきます。

  5. Ramrodsのスタビライザーはトップアーチャーやコンパウンドなどの高ポンドでの使用を想定して作られているのでしょうか?
    またRamrodsの商品で38-40ポンド代のユーザーにおすすめできる商品はあるでしょうか?

  6. ramrodsのサイドスタビライザーは12インチ以下のサイズは取り扱いしていないのでしょうか?

  7. エクステンダーを使用せずに、センター一本でメインの振動をとっていくセッティングは、センターにどれだけのウェイトを積むかで決まる要素が大きいです。流石に30ポンド未満のアーチャーにおすすめできるものではありませんが、(2021年モデルは届いていないので2017年に仕入れてテストした感想としして)イメージですが、センターにウェイトを4つ(4オンス=110g)以上つければ機能すると思います。軽量でも・低ポンドでも機能するものでしたら、低価格で実績のあるHMC+で十分だと思います。

  8. メーカーの低価格ラインの El Capitan / Rainier / Wraith では 12インチ以下もありますが、上位モデルのウルトラ / K2 / ベクター(2020) では用意されていません。短いサイズは「短い」というだけで剛性が高まりますし、そこに大量のウェイトをつけるユーザー(剛性を弱わめる最大の要因)も非常にまれですので、高いロッドでなくても十分に機能します。デザインを揃えたい以外の理由で高いロッドをうこ入する必要はないかと思います。

  9. V3.1やK2のサイドロット15inchは取り扱っておりませんか?
    加えて質問失礼します。
    タングステンモデルをお願いしたい場合は、スタンダードモデルを購入の際に備考欄に記入すれば良いですか?

  10. 15インチ/タングステンモデルは取り寄せとなるので入荷に少し時間をいただきますが、取り扱いしています。タングステンモデルは+1800円です。15インチ選択肢に追加しました。タングステンモデルに関しては、備考欄に書いていただければ対応できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。