キネティック(KINETIC)のFURYカーボンハンドル製造が終了します。

キネティック(KINETIC)より、2016年発表のFURYカーボンハンドルの製造が終了するという案内がありました。新しいカーボンハンドルの入荷は未定で、元々ウィン製造なので、WNSかKAPに引き継がれる可能性もあります。

在庫品は値下げして特価品として追加しましたので、興味のある方はぜひ。

(完売しました)KINETIC FURYカーボンハンドル


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “キネティック(KINETIC)のFURYカーボンハンドル製造が終了します。

  1. この前WAのFBかなにかでKSLの新作ベインの写真が載っていました。見た目「Kプロ」のような素材(半透明な色味)のハードべインに感じました。
    テスト→販売 とかの予定はありますか?


  2. >見た目「Kプロ」のような素材(半透明な色味)のハードべインに感じました。

    この前の世界選手権のブースで初めて披露されたようですが、まだ卸価格の情報が届いていません。直販はしているようです。直販価格は29ドル(3500円)です。

    http://www.kkarchery.com/product-p/ksl-jet6-pack-18.htm

    また、どのように優れているかの情報はありますが、使用選手の実績もわからないです。興味はありますが、なんも言えない状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。