この記事は2015年12月27日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

デカットデカル - カッティングマシンを導入しました

DSC_1358年末年始はこいつと戦います。ワールドカップ・バンコクの戦果の最後のものです。コンパウンドでは一般的なスコープマスクですが、何名かの選手がこれをリカーブ用のサイトピンにも導入していました。面白いアイデアだと思います。市販されているものもあるようですが、作ったほうが早いという結論となりました。

デカッテトデカルDSC_1359製作するために、本日、カッティングマシンを導入しました。PCで設計したラインに沿って自動的にカッターでカットしてくれる機械です。試作で黒のマスクを製作し、赤のサイトピンに。サイトピンはアーチェリーの道具の中で、最も「好み」のレベルのものですが、個人的にはリングはオリジナルの銀(赤の場合)よりも、黒のマスクをした方がエイミングがしやすいように感じます。

今後、リングの存在感を消す黒だけではなく、際立たせる赤・オレンジなども製作し、いろいろな色のサイトピンマスクを試せるパッケージとして販売する予定です。

また、これでコンパウンドのスコープ用のデカルも製作できるようになりましたので、いろいろと企画を考えています。ご期待ください。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。