もしもの時のためのストリンガーの使い方

ストリンガーの安全なポジション

先日の東京都の試合で事故がありました。東京都アーチェリー協会の事故報告によれば、使用法に問題があっただけではなく、ストリンガーにもほつれがあったそうです。

もちろん、正しく使用していただくのは大前提ですが、上記のようなポジションで使用することで、もしも問題が起きた時でも身体へのリスクを最小限にできます。

参考になれば幸いです。


競技・選考方法変更への対応を開始します。

昨日、全日本アーチェリー連盟より、「来年度主要競技会等予定及び連絡事項について」という連絡がありました。詳細は所属の協会からお知らせがあるかと思いますが、9月のWAの総会での決議に対応して、大会の競技方法が大きく変わります。

例えば、全日本ターゲット選手権では「2015年度以降はリカーブ部門、コンパウンド部門共シングルラウンドでの選考を行わずは、リカーブ部門は70mラウンド、コンパウンド部門は50mラウンドの記録のみで選考を予定しています」とのことです。

全日本ターゲット選手権での選考点は地元の試合で出す必要があるので、それに従って、地元での試合もその形式に従う方向に変わっていくと思います。

商品のレビューや説明で「競技」という言葉を使うとき、今までは、競技=シングルラウンドを念頭に置いて書いていましたが、今後は、競技=リカーブの70m・コンパウンドの50mラウンドを念頭に記事を書いて行こうと思います。過去の記事を見直して、内容の修正は行いません。ただ、通販ページの説明文等は、年内にすべて見直し新しい競技方法に合わせた適切な表現に変更します。

例えば、ガスプロのベインは修正力が高いものの、その分矢速(終速)がスピンベインに比べてわずかに劣るので、低ポンドでは90mでのサイトとのトレードオフの中で選択する必要がありましが、今後は90mで例え点数が落ちる可能性があっても、深刻に考える必要性はなくなります。リカーブで言えば、70mで当たればいいわけですので、サイトでは単距離に最適なボックスロック機能を搭載したアチーブRXLサイトの機能などはより優位性を持つでしょう。

年内には今後の「競技」に対応できるようにしたいと思います。よろしくお願いします。


まだまだあるよ、PSE 2014

  今回の「まだまだあるよ、PSE 2014」は、初心者・初級者の弓を紹介します。
まずは「Fever(フィーバー)」
エントリーモデルの代表格として長年親しまれてきたCAOS(カオス)がモデルチェンジとなり、
あらたに「Fever」となって生まれ変わりました。

*写真はPSEより提供されたもので、商品にはレスト、サイト、ボウクイバーは付属しません。
*写真の色はMossy Oak Break-up Infinityです。

2カムシステムに変更はありませんが、これまでのADカムからVSカムへと代わり、また、リムポケットのデザインが新しくなり、矢速のスピードアップに成功しました。
また、これまでの引き尺調整幅が、16.5インチから28インチだったのに対しFeverは11.5インチから29インチまでとなり、むしろ範囲が広くなりました。嬉しい変更点ですね。
ドローウエイトは、29/40/50/60の用意。老若男女、分け隔てなく楽しめる1台です。
*ちなみにワンカムモデルもあります。
次に、ゴリゴリの競技向けではありませんが、これからコンパウンドを始めようとする方にはピッタリの1台です。
「Elation(イレーション)」

まず、ドローウエイトですが、29ポンドと40ポンドの2種類。
そして引き尺が、「~30インチ」です。
ここで、なぜ「~30インチ」と言う表記なのか説明します。
通常一般的なCPボウは、設計者が考えるFx曲線とその効果を発揮すべくドローストップが働く為に、引き尺が決まっています。
ところが、このイレーションに搭載されるMZカムにはFx曲線やドローストップと言う概念が無く、引き始めから30インチまでドローウエイトが一定なのが特徴なんです。
つまり、15インチ引いても29ポンド*、30インチ引いても29ポンド*と言う事です。
*29ポンドリムの場合(リムボルトでウエイト調整が出来ます)
ご存知の方にとっては、マシューズのジェネシスと同じような構造です、と言えば早いでしょうか。
この構造の弓は射手にとって適正な引き尺とはなんぞや?と言う事を教えてくれます。
案外、ベテランさんでもこの弓を使って引いてみると、実際の使用中の競技弓の設定引き尺と違ったりしたりします。
一般的にコンパウンドを始めるにあたり、まずリカーブを経験しておく方が自分の適正な引き尺を知ることが出来、いきなりコンパウンドを始めるよりかは理解の進捗が早いと思います。
そこで、この弓です。
この弓は初心者にとって日々変わる引き尺に対して柔軟に対応し、やがて適正ドローレングスへと導いてくれます。
そういう意味で、この弓はクラブやチーム・アーチェリー協会に1~2本ぐらいはあるべき弓としてドンドンお勧めしたいと思う1台です。
(参考)この弓に用いるリリーサーですが、サムトリガー、インデックストリガー、トリガーレスでお使いになるのが良いでしょう。トゥルーバックテンションリリーサーではメカニズム的に反応しないのでお使いになれません。ご留意ください。
PSEの2014年モデル紹介。あともうちょっとだけお付き合いくださいネ (^_-)-☆


現代アーチェリーの歴史…その一

(ちょっとしたメモ書きです)
先日、アーチェリー雑誌に弓具に関する技術的な文書を投稿したところ「その程度の研究・知識がある人間は日本に山ほどいるんですよ」と諭されました。自分がこの記事に書いていることは、常識レベルにちょっと毛が生えた程度のようです。
まだまだ、勉強が足りないことは理解していますが、それでも、ブログを読んでくれている方に、次の日の射場でネタになるような話が書ければと思います。また、ネット上に上がっているアーチェリーの情報が少しでも豊富になっていくことを願っています。
弓具に対する考え方のことで、ちょっと迷った部分があり、アーチェリーの歴史をもう一度おさらいしています。歴史といっても、弓が出現した時代の話などではなく、現代の弓具の始まりについての歴史です。英語では多くの文献があり、ネットで読めるものも多いのですが、日本語で正しく記載されているものは見つけることができませんでした。
まだ手に入っていない本が何冊かあり(アマゾンで新品が13万円の値段ついていたりして)入手しようと頑張っているのですが、これまでの理解を一度まとめてみたメモです。


進歩の始まり

まず、スポーツとしてのモダンアーチェリーはイギリスではじまりました。その様子は、当時イギリス国内で無敵の成績を誇った、Horace A. Ford(*)の著書「Archery, its theory and practice」(1859年 著者死後133年のため著作権切れ)などで知ることができます。
*11度のイギリスチャンピオン。1857年に記録したタプル・ヨークラウンド – 100ヤード(91m)で12エンド、80ヤード(73m)で8エンド、そして60ヤード(54m)で4エンド – の1271点というスコア70年間破られていません。
その後、アーチェリーはアメリカにわたります。アメリカでベストセラーになった最初のアーチェリー本は「The Witchery of Archery」(1878年 著者死後112年のため著作権切れ)というもので、こちらはターゲットではなく、ハンティングについて主に書かれた本でした。その後、著者は初代USA ARCHERYの会長に就任。これによって、アメリカではターゲットよりも、ハンティングアーチェリーのほうが大きく発展していきます。
ここまで書くと、アーチェリーの弓具はハンティングがメインのアメリカではなく、イギリスで発展するように思われますが、イギリスの弓具の職人はデザインや仕組みを研究することより、それらを与えられたものとして考え、素材の選別する能力や木材の乾燥技術を高度化させることに専念したため、イギリスでは新しい今日のような弓は生まれませんでした。
アメリカで現在の弓が生まれた最大の貢献者は、ヒックマン(Hickman)博士です。そのほかに共同研究をしていたクロップステグ(Klopsteg – サイトの発明者 – US1961517)などがおります。
彼らは最初は個別に研究し、当時のアメリカで唯一のアーチェリー雑誌(Ye Sylvan Archer)に互いに投稿し、高めあっていきました。
ヒックマン博士は当時かなりの変人扱いを受け、馬鹿なマスコミに叩かれていたゴダード博士(*)とともにロケット研究をしていた人物で、その中で得た砲内弾道学(発射してから砲身内での弾頭の振る舞い)と、砲外弾道学(砲身から出た後の弾頭の振る舞い)の知識をアーチェリーに応用して、アーチェリーの研究を進めました。
*ニューヨーク・タイムズ紙は、物質が存在しない真空中ではロケットが飛行できないことを「誰でも知っている」とし、ゴダードが「高校で習う知識を持っていないようだ」と酷評した。(ウィキペディアより引用)…怖い時代だったんですね。。
ここから、アーチェリー弓具の進歩が一気に進みます。


ハンドルとリム
20世紀初旬のアーチェリーで使用されていたロングボウと、現代の弓との大きな違いは、ハンドルのデザインとリムのデザインです。
limb_cut.jpg

リムは現在のような長方形の断面ではなく、楕円のような形の断面でした。楕円形の棒を弓として、そこグリップを張り付けることでロングボウを製作していました。弓全体がリムの役割り果たしているため、リムはとても重く、逆に弓全体は軽く、シューティング後には弓全体が振動し、押し手に大きな反動があり、とても不安定な構造の弓です。さらに、物理的にも不安定な構造をしているために(後述)、弓を破損を防ぐ意味合いでも、弓を短く作ることができず、さらに、矢とびをきれいにするためには、下リムが上リムよりも2インチほど短く作られています(和弓と同じ)。
longbow_old.png
thumbpatriot.jpg

(写真上は1850年代のロングボウでスミソニアン協会の年次レポートより、下の写真はBear Archeryの現行モデルパトリオット)
ロングボウが作られてから、30年代のアメリカで進化するまでの間に、ハンドルは少しずつ変化しています。グリップの部分はますます重く・長く・硬くなり、初期のグリップ(3~4インチ)から、今日のハンドルと呼ばれる部分(20インチ程度)に少しずつ変化していきます。これは。職人が弓の発射時の反動を減少させるための工夫でしたが、これによって、弓(bow)における握る部分(グリップ)にすぎなかったものが、ハンドル(handle)と呼ばれるようになり、さらにリム(limb)と呼ばれる部分が明確に定義できるようになります。
そして、1930年代に、ヒックマン博士がリムを進化させます。ロングボウのリムの分析・解析をした結果、物理学的に見てロングボウのデザインはあまりにも、非効率的だということが判明します。下にその理由を書きますが、難しい話なので、とにかく、丸いリムは非効率だと理解していただければ、飛ばしていただいてもよいです。
limn_cut_2.png

写真(スミソニアン協会年次レポートより引用)はロングボウのリムの断面です。Bellyと呼ばれる側は、現在ではフェイスと呼ばれる側です。CDのラインはリムのデザイン時に、ニュートラル・レイヤーと呼ばれるものです。
リムがフルドローまで引かれるとき、リムのバック側は引っ張られ(引張)、フェイス側は圧縮される。そのとき、リムの中に引っ張られも、圧縮もされない中立軸(ニュートラルレイヤー)が存在します。ずれこむ力(わかりやすく言えば接着の剥がれやすさ)が最大になるポイントでもあります。
単層のウッドで弓を作ることは当時でもあまりなかったことですが、もし、リムがラミネート(多層)ではなく、単層だった場合、ウッドでは、リムのニュートラルレイヤーはリムの真ん中ではなく、かなりバック寄りになります。これは、ウッドが引っ張られる力と圧縮される力に対して、同じように反応しないためです。詳しくは、もうお手上げなのですが、ウィキペディアによれば、ウッドの圧縮強さは引張強さの1/3程度だとのことです。
単層であれば、これで話は終わるのですが、多層のウッドを張り合わせてリムを作るとき、使用されるウッドの物理的な特性をすべて生かすことは難しいということになります。また、当時の技術では断面が円の場合に、どのように素材を配置すれば、フルに性能を生かすことができるかシミュレーションすることも困難でした。
そこで、博士は現代では一般的な長方形の断面でリム(ニュートラルレイヤーの計算はかなり楽)を作り、そのリムを先端に行くにつれてテーパーさせる(薄くする・幅を細くする)ことで、ラミネートリムの効率性を大幅に高めることができるという設計を考案しました。
当時の計測では(アーチェリー用の矢速計を発明したのもヒックマン博士)、伝統的なロングボウの効率性が40%程度だったのに対して、新しいデザインのリムは75%の効率性を達成したとあります。これは驚くべき数字で、そこから半世紀たった今でも、効率性はその時点から10~15%程しか改善されていません。
ヒックマン博士と共同研究者たちは、この研究成果を「Archery the Technical Side(1947年)」として出版します。ちなみに、彼らはあくまでも物理学の研究者であって、その後メーカーの立ち上げなどは行っていません。


メーカーでの採用
さっそく、1947年にHOYTの設立者であるEarl Hoyt Jr.さんが、この理論を参考に、ダイナミック・リムバランスという名の、(今では当たり前の)上下のリムの長さが同じ弓を開発します。1951年に断面が長方形でテーパーしている異なるカーブを持ったリムを40ペア製造し、その中でもっと効率性がよかったリムが、(Earl Hoytさんによれば…そして、僕もそう思いますが)、今日もっともコピーされている形のリムとなっています。
同じ、1951年にベアアーチェリーが単一指向性ファイバーグラス繊維とウッドのラミネートリムの製造に成功し、現在でも使用されるグラスリムが市場に登場し、今に至るまで、ラミネートされる素材は時代に応じて変化しているものの、その基本構造は変化していません。
この後、1956年に丸いグリップに代わるピストルグリップ(現在のクリップ)が登場し、1961年にスタビライザーが登場したくらいで、もちろん、素材はウッドからアルミ、マグネシウム、カーボンなどといろいろと変わっていきますが、現在のハンドル・リムの概念、リムのデザインとその理論は驚くべきことに、1930~1950年の20年の間に一気に登場したものです。
次の大躍進が待遠しいです。コンポジットだとは思うのですが…基本設計はまだ大きく変わっていません。
参考文献
-Traditional Bowyer’s Encyclopedia: The Bowhunting and Bowmaking World of the Nation’s Top Crafters of Longbows and Recurves 2011 Edition
-Annual Report Smithsonian Institution 1962(スミソニアン協会年次レポート)
-Archery, its theory and practice 2nd Edition 1859


最大手の競技用弦メーカー FLEX アーチェリー 訪問 その1


前回の記事の続きです。


DSC00749.jpg

スペイン・サンタンデールのMMBC ARCHERYを訪問してきました。MMBCは会社名で、傘下に世界最大の弦ブランド”STRING FLEX”と、新素材を採用する事を得意とするFLEX ARCHERYがあります。以降統一して、FLEXと書きます。
DSC00809_R.jpg

以前訪問したフランスのUUKHA同様、のどかな港町に位置しています。
DSC00760.jpg
DSC00756.jpg

入口はアロープラーで飾り付けられています。このアロープラーは特製のもので、製造するアロープラーの素材の色を変えるときに、前の色の素材と新しく入れた色の素材が混ざった出荷できない製品を再利用しているそうです。
入口のスペース。アーチェリー製品の製造を開始したのは、20年ほど前ですが、その前はアーチェリーのプロショップを営業しており、完全に製造業に転向したのは3年前。その時の名残のショップスペースだそうです。
DSC00764_R.jpg
DSC00771_R.jpg
DSC00767_R.jpg

会社のトロフィールーム。写真中央は社長のマリアさん。スペインチャンピオンだった時のメダルです。1970~80年代にスペインでトップにいた名選手です。英語がしゃべれないのであまり交流ができませんでした…写真下が通訳・技術者のグレゴリオさんです。持っているのは、アメリカの長期研修で取得したUSA ARCHERYのレベル4のコーチング資格です。外国人(連盟に所属していない人)が取得できる最上位のコーチング資格だそうです。
社長のマリアさん、エンジニアのグレゴリオさんともにアーチェリー歴40年近くで、1970年代~80年代にスペインのトップとして活躍し、80年代~90年代にプロショップ兼協会役員(大きな試合のプロデュースなど)として活躍し、90年後半から、アーチェリー用品の製造に転向し、大きく成長した来たので、最近では製造業に専念し、プロショップも閉じてしまいました。ちなみに、スペインには20店舗ほどのプロショップがあるそうです。
DSC00792_R.jpg
DSC00791_R.jpg

弊社でも立ち上げ中なので、参考にするためにテストルームを見学しました。写真は使用している設備の数々で、上は4000コマ/秒のハイスピードカメラ、下は最近、原糸の評価精度を上げるために導入した0.001mm(1µm)単位で太さを測定できるセンサ。


こちらは原糸テストです。テストに使用しているのはAstra/8190/8125g/FF+/ダクロンです。テスト結果をどう評価するか(つまりどの原糸が優れているか)、その話は中核的なノウハウなので今回は書きません。
上の動画でどのように原糸を評価しているかわかると思います。テストを行っていない弦は品質が安定しません。同じBCYの素材を使った弦でも、完成度に違いが出るのは、入荷した素材をそのまま使うか、どこまでチェックしてから使うかの差です。
まず、メーカー(BCYやブローネル)から、原糸が1ポンドごとのスプールと呼ばれる単位で入荷してきます。ちなみに、FLEXでは、月に100~200ポンドの原材料を使用しています。単純計算で月に10,000~20,000本は弦を製造しています。
入荷したすべてのスプールは、250kgの力でストレッチされ、原糸の状態を確認します。それぞれのスプールごとに、出来の良いものと悪いものがあり、悪いものをはじきます。残ったスプールは、許容範囲内にある誤差をバーコードで管理し、製造時に誤差を機械で補正します。
動画の2番目の映像では、弦をストレッチし、その後の変化を見ています。伸ばした時の変位があっても、弦を製造するときに伸ばせばいいだけなので問題ありません。問題はいったんテンションをかけて伸ばしても、元に戻すと縮もうとするものです。この場合、競技で使用するときも250kg(550ポンド)ほどの力はかからないものの、発射時に弦は伸ばされ、逆に矢取り時に弦が縮み、元に戻ったりして、ハイトが安定してくれません。
長さが安定しない弦は競技では使用すべきではありません。動画を見ていただくとわかると思いますが、ストレッチを止めて戻すと、上に動く弦が存在するかと思います。これは弦が元に戻ろうと縮んでいるからです。このような弦はハイトが安定せず、競技では使用できません。また、FLEXでは上位モデルは出荷時にストレッチをかけて、弦の状態を安定させていますが、この処理を行ってもこの弦は安定しません。
DSC00796_R_20130126172813.jpg

その代表格はダクロンです。ダクロン弦は全く長さが安定しない弦で、マリアさんも1970年の初めにダクロンで1250点をうったことを誇りにするくらいです。。。
この場合、FLEXでは製造後、写真のような状態で2日間”熟成”させます。それによって、弦の状態が安定し、その状態で初めて、長さを測定してパッキングすることで、誤差を押さえています。
続く。


2013年、スタート!

 昨日から店舗が営業開始致しました。
遅ればせながら、本年もJPアーチェリーコンパウンド(店舗&通販)をどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年は、ロンドンオリンピックでの日本アーチェリーチームの大活躍や、W杯ファイナル東京が開催されアーチェリーがますます世間から注目を集めた1年でした。
各地のアーチェリークラブや協会では、初心者の皆さんが興味をもって訪れ、大変賑わっているというお声も頂きます。

「4年に一度のオリンピック特需だ」などと揶揄されない様にこの盛り上がりを廃れさせることなく、コンパウンドアーチェリー・リカーブアーチェリー共に、皆様のアーチェリーライフをもっと充実させるべく、また、これからRC・CPを始める皆様を全力でサポートさせて頂きます。

2013年もどうぞよろしくお願い致します!!


市原市アーチェリー協会特別講習会

昨日は大久保店のスタッフ2名(山田・坂本)で市原市アーチェリー協会主催の特別講習会にいってきたそうです。呼んでいただきありがとうございます。お役に立てたのであれば幸いです。
また、呼んで下さい~。前回は宮城だった気がしますが、JPアーチェリーは何処にでも行きます!!
http://www.youtube.com/watch?v=iaCAFg0sLys&feature=BFa&list=ULLDGBFig4vmU
自分は、一日部屋にこもってサイトの構築してました。キーボードをカタカタ・カタカタ。自分が倉庫にこもって技術的なメンテナンスをしている時に、スタッフがいろんなところで、アーチェリーの指導・活動をしていると、会社を経営してるんだなという実感がありますね★
そう、サイトを新しく一つ作っています。10月の公開に向けて調整中です。販売サイトとかではなく、アーチェリーをより楽しんでいただくためのネタになればと思っています。ご期待下さい。


【お知らせ】明日16日(日曜日)の営業時間について

 明日16日は、午前9時より行われます千葉県市原市アーチェリー協会主催の「リカーブ&コンパウンド講習会」実施の為、大久保店のスタッフ山田と坂本が現地に向かいます。

このため、まことに勝手ながら明日16日の大久保店の営業開始時刻を少し遅らせて頂きます
ご利用予定にございます皆様におきましては、ご不便をお掛け致しますが
どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

明日16日の営業時間・・・
15時頃~20時
となります。

宜しくお願い致します。


ワールドカップファイナル東京2012 ファイナリスト

再来月、9月22日~23日、東京日比谷公園で行われる「ワールドカップ・ファイナル 東京 2012」のコンパウンド出場者リストです。

【男子コンパウンド】
Reo WILDE (USA)
Braden GELLENTHIEN (USA)
Dominique GENET (FRA)
Pierre Julien DELOCHE (FRA)
Peter ELZINGA (NED)
Julio Ricardo FIERRO (MEX)
Paul TITSCHER (GER)
安治 直人 (JPN)

*敬称略

男子CPは、ワールドカップ3戦すべてを優勝を飾り、ぶっちぎりの通過ポイントでファイナルに乗り込んでくるレオ・ワイルド選手。
世界記録を出した後少し調子を落としていましたが、今年になって調子を取り戻した、ピーター・エルジンガ選手などに注目。
そしてさらに!なんといっても日本代表、安治直人選手!
世界の強豪相手に大和魂を見せつけて欲しいですね。大注目です!

【女子コンパウンド】
Albina LOGINOVA (RUS)
Marcella TONIOLI (ITA)
Christie COLIN (USA)
Kristina BERGER (GER)
VAN NATTA Jamie (USA)
Laura LONGO (ITA)
Olga BOSCH (VEN)
本多 由美子 (JPN)

*敬称略

女子CPは、世界戦百戦錬磨の猛者・本多由美子選手。
北の大地の肝っ玉を、いかんなく発揮してほしいですね。大注目です!
そしてもちろん、アメリカのクリスティー・コリン選手、ロシアのロギノワ選手なども目が離せません。

僕個人的な注目ポイントは、イタリアのトニオリ選手のたくましい「二の腕」ですね。
一度、掴んでみたいな・・・なんて。
まぁそんなことしたら、間違いなくフルボッコにされますが。
とにかく、、、、笑顔はチャーミングですが、シューティング中の表情は男勝り!の一言。
そのイカツさ?に注目です。

あと、ちょっと残念なのが、ワールドカップランキング6位ながら、アメリカのエリカ・アンシュルツ選手が出場されないのが残念ですね。。。本当に残念です。

入場チケットについては、各地のアーチェリー協会、もしくは全日本アーチェリー連盟にお問合せ下さいね。


世界チャンピオンとの交流のお手伝い

もう、16連勤位している気がします。。。。睡眠はしっかりととっているので、体調は万全ですが、23日の休みを目標に、残り3日を頑張ります。


今週の土日は、埼玉県アーチェリー協会さんと韓国選手との第一回目の交流会でした。今回はチョン・ジェホンさんに来ていただきました。20年前からトップアーチャーとして、1992年のバルセロナオリンピックで銀メダル。そして、13年後のマドリッド世界選手権で金メダルを獲得したすごい方です。
P104009511.jpg
P104010011.jpg

土曜日、埼玉県・宮代市の生きがい活動センターさんにて。
P104010911.jpg

日曜日、土曜日に参加頂けなかった方と射場をお借りした世田谷協会の皆様と。
2日間ありがとうございました。寒い中、多くの方にお越しいただき嬉しく思います。今後も定期的に行ってまいりたいと思います。
夜はご飯に行き、いろいろと教えて頂きました。今後の仕事に生かしていきたいと思います。
win2011cata.jpg

それと、ウィンの2011年のカタログ(本社版)が発表されました。ショップ側も更新しました。一度ご確認下さい。