この記事は2016年1月31日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ベガスシュート2016 2日目

ベガスシュート2016-2日目最近ちょっとけがをしたので、仕事が終わったらすぐに帰っているのですが、テレビを見ていたら、”SWITCHインタビュー 達人達(たち)「厚切りジェイソン×金田一秀穂」“という日本語学者さんと外国人芸人の対談番組をやっていて、なかなか面白かったです。言葉って難しいですね。

さて、ベガスシュート2日目が終わりました。

ベガスシュート2日目リカーブベガスシュート2日目リカーブ女子ベガスシュート2日目コンパウンドベガスシュート2日目コンパウンド女子コンパウンド男子では14位までが600点満点です。1位はチャンス選手とセルジオ選手。

また、夜にはワールドカップインドアファイナルが行われました。これに関しては別途記事にします。


The following two tabs change content below.
Avatar photo

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

4 thoughts on “ベガスシュート2016 2日目

  1. >やはり、世界のコンパウンドのレベルは違いますね…

    リカーブのアーチャーはすべてWAの試合を目指しますが、コンパウンドではアメリカだけで食べている選手もいるので、WAよりもレベルが高くなったりすることもあります。

    定義の違いなのかもしれませんが、日本ではお金をもらってアーチェリーをしている人をプロアーチャーと考える人が多いですが、
    海外ではアーチェリーでお金がもらえる人がプロアーチャーです。

    上の表はエリートの提供賞金リストですが、WAの試合は2つしかなく、例えば、この1か月の間のニーム・ランカスター・ベガスの3試合で優勝すれば賞金が62500ドルで、日本円で750万円です。ここから移動経費を差し引いても1年間は生活できる金額だと思います。

    アメリカのプロアーチャーの賞金がある試合で勝つことでご飯を食べているので、賞金がない、または、おおくない(3000-5000ドル程度が一般的)WAの試合には出ない人も多いです。

  2. なるほど…。
    やっぱり、お金が掛かってくるとなると自然とレベルが上がっていくのは納得がいきます。
    waよりもレベルが高いこともあるというのはとても面白いですね笑

    日本では、どうしても賞金ありの大会は難しそうですね。もっと国内でメジャーなスポーツになったりスポンサーがたくさんついたりできればいいのですが…。

  3. 賞金はメーカーが主に出しているので…昔のように日本にいくつものアーチェリーメーカーが生まれ、切磋琢磨するような状況になればまた変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です