ARCHERY WORLD CUP 2010 ステージ2 三位決定戦

まだ、団体の方がアップされていないようですが、個人の方はアップされました。ワールドカップのステージ2の三位決定戦です。アメリカのBrady ELLISONさんと田畑選手の戦いです。
今年のアーチェリーワールドカップから、ロンドンオリンピックまで採用が決定した新しいルールについては最新の雑誌アーチェリーに詳しい解説がありました。日本では今年の秋頃から採用されるのだとか。


簡単に三位決定戦のルールを書きますと、3本うって1セット。そのセットで点数が高かった選手が2ポイント、同点はお互い1ポイントずつ。で、セットを繰り返して、6ポイント先取した選手の勝ちです。詳細は雑誌アーチェリーさんの記事か、いずれ、全ア連からお知らせがあるかと。


World Cup 2010第二戦は日本チームが3位

いろいろと連絡です。
現在在庫を確認している段階ですが、6月も後半になり、2011年の新商品の発表が近くなってきました。(代理店側は)いろいろと値段を下げながら在庫を減らしていく時期です。その中から、まずは990TXを選びましたが、現在、Apecs Primeで話が進んでいます。たぶん、N-Apecsと同じ価格になると思います。
アクリルスタビライザーは昨日オーダーが通りましたので、後15~20日程度で在庫が補充される予定です。
大分県に新しいアーチェリーショップが誕生したそうです。ホームページはまだないようですが、2000~2007年でできたショップの総数よりも、2008~2010年の3年間に誕生したショップの数のほうが多い(はず)です。アーチェリー界もいろいろと変わって行っています。良くしていきましょう。
ちょっと在庫の少なくなってきたスピンウィングの次回便はすでにアメリカを出ました。入荷は10日後の予定です。
EASTONのCARBON ONEシャフトは日本だけでなく、世界的に人気のようで代理店側の在庫が品薄になっています。入荷にすこし時間がかかるかも知れません(3週間程度)。
来週の初めにFivicsから入荷があります。現在在庫切れの商品とCEX5のワンカラータイプが入っているとのことです。(V-ZEROは補充されません…)
RBT-1000EXの入荷が始まりました。1000より軽くなって、デザインも個人的には好きです。色によって入荷時期が異なります。渋谷アーチェリーさんのリリースでご確認ください。
http://www.shibuya-archery.com/news/images/rbt1000ex.swf


World Cupの第二戦の個人決勝のダイジェストがアップされていました。今回はFormulaの圧勝とはいかなかったようです。

TUR2010IMG_0193.jpg

日本チームは男子団体が3位でした。おめでとうございます。女子団体は6位です。個人では田畑さんが男子個人で4位でした。皆さんお疲れ様でした。


初心者ハンドルについて

お客様からコメントがありましたので、返信を書いていたのですが、長くなってしまったので記事にまとめました。
ちなみに、友人の記事で知ったのですが、タイで行われた「ASIAN ARCHERY GRAND PRIX 2010」は、
男子団体
1位 インド
2位 イラン
3位 タイ(地元)
4位 日本

女子団体
1位 インド
2位 韓国
3位 カザフスタン

7位 日本

となった男女でインドが優勝した模様です。
(男子韓国/男子中国本土/女子中国本土は不参加)
-----–
いつも興味深く拝見しています。
もう少し詳しく教えていただけるとありがたいのですが、
>ウィンスターやミザール、アギュラなどがありますが、
>いずれもハンドルとしてとても評価に値するものではないので
具体的にどのような点が上級ハンドルに劣っているのでしょうか。
また、その性能差は点数にして何%ほどのダウンになるのでしょうか。
ご教授いただけえば幸いです。
-----------
>その性能差は点数にして何%ほどのダウンになるのでしょうか。
いずれもテストしましたが、何%ダウンではなく評価不可能という意味です。
加工後のバリをとらない状態で、さらに上に塗装をしたり
→検品でバリを取ってあげると傷のようになります。
センターブッシングがそもそもズレていたり
→センター調節が出来なくはないですが、
 とても初心者に教えてあげられるような簡単なやり方ではできません。
初心者用のハンドルであるのに全ラインナップの中で一番チューニングがむずかしかったり
→初心者のためのハンドルとはとても言えません。
 SAMICKウルトラのチューニングが時間を1とすると、
 SAMICKのミザールで同じ制度のチューニングを出すためには3~5程度の時間が必要です。
 
メーカーのレベルがその程度であれば良いのですが、
いずれのメーカーもトップモデルのハンドルでは世界トップの品質でので、
このような事態はあきらかに「手を抜いて適当に作って出荷」したからです。
このような商品は評価のしようがありません。
----------—
> 返信ありがとうございました。
>
> メーカーを擁護するわけではありませんが、
>
> >「手を抜いて適当に作って出荷」
>
> と、言いきってしまってはかわいそうな気もします。
> 「コストを重視し品質レベルを緩和して歩留まりをあげた」
> と、思いたいです。
>
> 質問の意図は、多少ブッシングやリムセンターがズレていても、
> 初級用としての許容範囲かどうかと言うことです。
> 調整の難しさや意匠外観の見てくれは重要視していません。
>
> ハンドル以外は全くの同一条件で、
> ウルトラとアギュラでどれくらい点数が違うか実験してみたいものですね。
-----—-
コメントありがとうございました。
> 「コストを重視し品質レベルを緩和して歩留まりをあげた」と、思いたいです。
私個人の意見ですので、客観的に絶対正しいとは思いませんが、初心者用=低価格という図式であれば、HOYTのように機能を省き(エクセルはセンター調節機能がありません)、シンプルな構造にし(リムポケットなし)、使用する材料を減らす(GMX比35%程度軽量)ことで、コストを下げるべきであり、「品質」は維持すべきです。その点ではホイットの最安ハンドルのエクセルは(18,800円)は模範となる作り方だと考えています。
> 質問の意図は、多少ブッシングやリムセンターがズレていても、
> 初級用としての許容範囲かどうかと言うことです。
> 調整の難しさや意匠外観の見てくれは重要視していません。
こちらもまた個人的な考えですが、指導者として多くの初心者を教えてきましたが、初心者用として”おもちゃ”的な使い方であれば十分だとは思いますが、多くの初心者はより高いレベルを目指しています。
そうなった時、1100~1200点程度で上位機種への乗り換えが必要になってきますが、グリップの形状が全く異なる(押し方の再習得)、チューニングの仕方が全く異なる(これも再習得)などでは、上位モデルに移行すること自体がリスクになってしまいます。望ましいことではありません。こちらもHOYT(なんかセールスっぽいなってしまいますが…)のエクセルハンドルでは、グリップは上位と同じ形で、かつ、チューニングの仕方も同じです。
> ハンドル以外は全くの同一条件で、
> ウルトラとアギュラでどれくらい点数が違うか実験してみたいものですね。
以前のコメントでSEされていたとおっしゃっていたと思いますが、PHPとCを比べるようなものだと思います。上位機種は点数を出すことを目的に作られるべきですが、初心者用のハンドルはそこから性能とコストを落としての引き算の設計をされるべきではありません。
初心者用のハンドルとして、点数ではなく、チューニングのしやすさ、ハンドルの軽さ、操作しやすいグリップなど、上位機種からの引き算ではなく、まったく別のアーキテクトで設計されるべきだと思います。初心者にとって必要な性能とトップアーチゃーにとって必要な性能は異なります。
そのような設計をするメーカーはなかなかありませんが、主要メーカーの現行商品をテストした上で、現在、当店では、HOYTのエクセルハンドルのみ販売をしています。
もちろん、いろいろな考えがあります。自分の考えが絶対的に正しいとは思いません。
しかし、このブログをはじめて3番目の記事で書きましたが、各社出ている初心者ハンドルをそれぞれ評価したうえで、当社とは別の観点からそれら(ウィンスターやアギュラ・ミザール)を初心者用ハンドルとして高く評価して販売しているのであれば、何も言うことはありませんが、”プロ”ショップと呼ばれる店で「大手のカタログに初心者用として載っているから売っている」という現状は…いかがなものかと思っています。
道具のプロとして、自分の店で何を売るかは一番大事なことだと思います。現状、売りたくても仕入れルートがわからない商品は、Jagar ArcheryのCustum Gripくらいですので、在庫して売っていない商品=評価していない商品ですね…。


EUROPEAN TOURNAMENT OF ARCHERY NIMES 2010

今年のニームでの試合は見に行けませんでしたが、KAYA ARCHERYから報告がきました。

3.jpg

フランジーリ(Frangilli)が119対118でガリアッツォ(Marco Galiazzo)との決勝を制したとのこと。ちなみに、トーメントでは 117-117-118-119-119という安定した点数でした。フランジーリがKAYAのリムで優勝した事よりも、賞金(50万円)がかかった大事な試合で彼がKAYAのリムを選択した事の方がいい宣伝になると思いますが。
現時点では一般販売はしていないという事でしたが、Nimesでの実績でヨーロッパでのディストリビュー契約も順調に進んでいるようです。2010年いっぱいテスト販売し、一般販売は2011年から考えているとのことでしたので期待しましょう。(…スタビライザーは販売しますが、当店でKAYAのリムを販売するという意味ではありません。)


SAMICK 2010 NEW MODEL

45th世界選手権女子団体銀メダル、男子団体銅メダルおめでとうございます!!
月曜日からの仕事の為、一足先帰国してから、本日に一つ大きなミーティングをこなし、いろいろと書いていきたいと思います。
まずは、SAMICKのブースで新しいハンドルについて話してきました。名前はまだ決まっていないそうです。重さは1300g、価格も未定(マスターズハンドルと同一価格帯)。色も未定で展示されていたのは白とラメ入りの金色…
日本のショップとして「この色をどう思う?」と聞かれたので、「too shiny…」と伝えてきました。

スキャン0002
P1030132.jpg

全体の写真なども取りましたが、宣伝用の写真とグリップのみアップさせていただきます。グリップはかなり小さめです。SAMICKによれば、10月の中旬にも販売したいとの事。
あちぇ屋で評価用にすぐに1本取る予定ですが、在庫販売の予定はないです。
でも、SAMICKの方はみんないい人でした。
P1030133.jpg

それと、マスターズリムのロゴが新しくなります。


NIMES ARCHERYトーナメント決勝(YOUTUBE)

NIMESのインドアトーナメント決勝の様子がFITAからYOUTUBEにアップされています。

(携帯からは再生できないと思います)

コンパウンド女子決勝で優勝した選手ですが…射線で射ちながら、ずっとガム噛んでますよね…それでも強い方が勝つのがアーチェリーですね。

【速報】アジアグランプリ男女団体優勝!!

男女ともに団体優勝/アーチェリー

 アーチェリーのアジアグランプリ・バンコク大会は23日、バンコクで行われ、男子団体は山本博(日体大女短大教)古川高晴(近大職)菊地栄樹(デオデオ)で出場した日本が優勝した。

 女子団体も図師未希絵(広島・山陽女学園高)林勇気(堀場製作所)寺井真美(近大)で編成した日本が優勝した。

今年も日本アーチャーは強いですね☆おめでとうございます。

公式結果はこちら

写真集はこちら

山本さんの弓がGMXになってます。

残念ながら、アジアグランプリは国際アーチェリー連盟(FITA)の主催ではなく、アジアアーチェリー連盟(AAF)の主催大会だったために、韓国と中国のナショナルチームは参加していませんが、今年の世界選手権が楽しみです。

取り扱っていませんがご報告とサービス


SOMA社からお知らせ。

韓国の全国小学生大会にて、SOMAのZEILOで小学校6年生のMs.Hyejungが20mラウンドで360点のパーフェクトを記録し、小学生大会を優勝したとのこと。小学生レベルとはいえ、やっぱり、韓国で1番になるのってすごいことなんでしょうね。将来が楽しみです(X-Cクィーバーを貰ったみたい)。
SOMA ‘ZEILO’ Arrow won Gold with 360 POINT !!!

2008 National competition for elementry school was held in Kim-Sunyung archery field in Cheongju from 17th to 19th of April.12 year-old Kang Hyejung of Ulsan Jung-Ang Elementry school, won Gold with 360 point in 20m round.

アーチェリーショップで働いていたときには毎日捨てる段ボールの量にびっくりしたものです。あちぇ屋ではごみの量をできるだけ減らそうと思っています。

写真2:こんな感じでメーカーからの納品に使用された段ボールをお客様への商品発送に再利用しています

ネットショップにサービスの項目を追加しました。

「ガソリンの値上げが環境にいい」という主張は怪しいですが、ごみの量を減らす事は確実に環境にとっていい事です。よろしくお願いいたします。