この記事は2015年9月8日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

BCYから新作の8190″F”が届きました。

DSC_12128月に発表されたBCYの新作リカーブ向け原糸の8190″F”が届きました。

原糸は本日より販売を開始します。弦に関しては現在試作中です。ベストに使用が決まり次第、ストリングメーカーに発注するので、完成弦の販売まではあと2か月くらいかかる見込みです。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

3 thoughts on “BCYから新作の8190″F”が届きました。

  1. 8190Fの完成弦の販売の予定はどうなりましたでしょうか?

    実質35ポンドで現在8190Uを使用してしています。
    軽さは魅力ですが矢速の差は殆ど無いようですね。
    変更するほどの差は感じられないでしょうか?

  2. 昨年の後半から話を進めていて、完成矢として販売する準備は完了しています。私がまだ発注していないだけの状態です。

    昨年のアウトドアシーズンに間に合わなかったために、トップアーチャーからの8190Fについてのフィードバック・および・実績が多くありません。
    今季アウトドアシーズンでの実績を見ながら判断するつもりです。

    >変更するほどの差は感じられないでしょうか?

    8190Uと8190Fを似せて作るとほぼ同じような感じになります。8190Fの一番のメリットは多ストランドで弦を作れること、自分に合わせて細かい調整ができることです。このメリットは自作する(または店舗にオリジナルスペックで依頼する)場合には生きますが、完成弦ではそこまで大きなアドバンテージにはならないのではないかと思います。

  3. なるほどそういう事ですか。 よくわかりました。
    実は自作の原糸を8190Uと8190Fのどちらにしようか迷っていたのですが8190Fの評判を全く聞かないので完成弦を試してみたかったのですがご説明を聞いて8190Fにしてみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。