この記事は2014年12月8日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

グリッパー(Gripper)アーチェリー到着してました。

DSC_0126ワールドカップに行く前日に代理店となったことを発表したGripperのシングルバー・Vバーが戻ったらもう届いていました。スウェーデンなのに早い!
DSC_0036
ワールドカップでは自分も決勝ラウンドまで残っていたので、出場選手の弓具チェックができたのは、1/4ラウンド以降でした。多くはチェックできませんでしたが、自分と同じ予選ラウンドを出場していた、ノルウェーのTJENTLAND Oddmund選手(590点で予選通過)とAAMAAS Njaal選手(588点で予選通過)が、こちらのメーカーのシングルバーを使用していました。

自動車などの設計で用いられる手法だそうですが(自動車には詳しくないので…分かりませんが)、普通のシングルバーが面同士で固定します。アメリカの高価格のものではギアのようなものを噛み合わせて固定しますが、このシステムの難点はしっかり固定できるようにギア(ギザギサ)を大きくすると調整できる角度が少なくなり、多くの調整幅を持たせるようギアを小さくするとしっかりとした固定のというコンセプトが達成しづらくなります。
IMG_20141208_140344
このメーカーでは写真のようにコーン状のロックシステムを採用しており、高精度の加工で接する面積を広くし、しっかりとした固定を確保しつつ、無段階調整を可能にするという革新的な設計になっています。
DSC_0420_rick基本的にはコンパウンド用です。リカーブでも、アメリカの選手や一部の韓国選手がコンパウンド用のVバーを使用していますが、その基準はサイドロッドの重さです。サイドが軽い(ウェイト2-3つ)場合はリカーブのVバーで十分です。自分の経験では6オンス(170g)以上から、ウェイト5-6個以上から、Vバーの固定能力が必要になってきます。写真のサイドは8オンス(226g)で、Vバーには1万円近いアメリカ製(ギア式)のものを使用しています。

本日より取り扱い開始します。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。