この記事は2014年1月5日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

シャフト加工について

x10_newシャフト加工についての質問が増えてきましたので、シャフトのページに追記しました。無料のサービスと有料のサービスがあります。

 

無料サービス
・シャフトカット
・ポイント/ノック装着
・ライン引き
・ネーム
・アローラッピング(アローラップの接着)

有料サービス
・ベインの接着

期間限定ではなく、通年でのサービス価格です。店舗でも同じです。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “シャフト加工について

  1. 今年もよろしくお願いいたします。

    質問なのですが、ポンドが低いので、より強いポンドが引けるようになりたいのですが、どのようなトレーニングや練習が有効でしょうか。

  2. >どのようなトレーニングや練習が有効でしょうか。

    現在のポンドはどの程度ですか? 男性で実質で30-36ポンド程度であれば、まずは自分の弓を引くことです。毎回練習後に30回程度素引きすることで、1か月くらいでポンドを上げられるほどの体力は付きます。

    すでに40ポンド以上あるのであれば、空いた時間ではなく、しっかりと時間をとってトレーニングすることが必要です。高ポンドからさらに体力を身に付けるトレーニングの方法に関しては、口頭のほうがわかりやすいと思いますので、弊社問い合わせ窓口に電話で連絡いただくか、メールにて電話番号と相談内容を送っていただければ、折り返し連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。