この記事は2014年12月9日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Braden GELLENTHIEN選手はHushpukをフェイス側に装着

DSC_0177_hushpukワールドカップの写真を整理中。今回の試合のコンパウンド男子決勝で150点のパーフェクトスコアで優勝したブレイデン選手ですが、ディートン選手とは違い、ハッシュパック(Hushpuk)をフェイス側に取り付けています。
DSC_0605_hushpuk脱着は簡単にできますので、皆さんもいろいろな場所で試してみてください★


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。