この記事は2014年7月17日に書かれたものです。最新の情報とは異なる可能性があります。ご注意ください。

SVLが単色のブロードバンドリムセーバーを発表

ANT_DA1_2281-X2WAのホームページより。

んんん…これは??

ということでSVLに問合せしたら、単色のブロードバンドリムセーバーの製造を始め、一部の代理店には既に出荷を始めているとのことでした。

029191be9f74c279f4df9ce50b233160ちなみに、既存のブロードバンドリムセーバーはゴムの部分はすべて黒で、リングの部分にのみカラーがついている構造です。

Recurve BroadBands- All with bow - Web
こちらが新しいブロードバンドリムセーバーでリカーブ用と名前がついています。これまでのタイプがリカーブ向けではなかったということではなく、SVLでの「リカーブ用」というのは細いリム用という意味です。リカーブ用は接着面が狭くなっており、細いリムに張り付けても接着面がはみ出ることがありません。

color_damper実物をまだ見ていませんが、メーカーからはリカーブ用のリムセーバーとノーマルタイプで同等の振動吸収性能を持たせるため、構造を少し変更しており、ノーマルタイプと違って、リングの付け替えはできなくなっているとのことでした。

まとめると「リカーブ用は」

-単色
-ノーマルタイプより小さい
-ノーマルタイプより軽い
-ノーマルタイプと構造が違う、リングの付け替えができない

メーカーからはすでに発送されており、来週の入荷予定です。


The following two tabs change content below.
アバター画像

Ryo

熱海フィールド・あちぇ屋代表。日本スポーツ人類学会員、弓の歴史を研究中。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、ベアボウ競技歴2年。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。
アバター画像

最新記事 by Ryo (全て見る)

4 thoughts on “SVLが単色のブロードバンドリムセーバーを発表

  1. rcネタ、有り難うございます。

    私見を含めた紹介でも構いませんので (イヤ、本音を聞かせて戴いた方が参考になるので・・・) 今後とも宜しくお願いします。

  2. 突然ですが質問です。
    私はION-Xにステルスショットをつけて射っているのですが、この状態に加えてリムセーバーをつけるのは 何か意味がある行為でしょうか?

  3. リカーブはあと2か月で新商品発表の時期が来るので、この時期はあまりネタが…頑張ります

  4. ステルスショットは弦の振動を吸収(減衰)するためのダンパーで、リムセーバーはリムの振動を吸収するものです。
    同時に使用することがさらに弓を大人しくすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です