2011年・世界選手権男子リカーブ準決勝


2011年の世界選手権。
世界記録1387点の記録を持っている世界ランキング1位のKIM woojinと、アメリカ代表で昨年のワールドカップ・ファイナル優勝から、今年のワールドカップ・ステージ1、ワールドカップ・ステージ2と、すべて個人で優勝しているELLISON Bradyによる、男子準決勝。
今まで見た試合の中で、一番くらいにいい試合です。ぜひ、ご覧ください。


アーチェリーワールドカップ・ステージ2の男子団体決勝戦


昨日の夜に、6月12日に行われたワールドカップ・ステージ2の決勝戦の様子がアップされました。日本vsフランスの対戦です。
フランスのHOYTリムを使用している選手の引き方は…日本で真似したら注意される気がします。


ワールドカップ2011 ステージ2 男子団体で決勝進出

japan_g.jpg
昨日、トルコのアンタルヤで行われているワールドカップ2011 ステージ2の男子団体トーナメントで、日本チーム(古川高晴選手、菊地栄樹選手、末武寛基選手)が韓国チーム(1/4)とアメリカチーム(semi)を倒し、決勝に進出しました。
決勝戦は6月12日の現地時間17:33に行われます。対戦相手はフランスです。期待しましょう。


FITA ワールドカップ ステージ1 ダイジェスト



これは、ダイジェスト版です。
アーチェリー・ワールド・カップ 2011年 ステージ1
完全版はこれまでの実績だと4日後くらいにYoutubeのチャンネルにアップされます。
コンパウンドの男女、リカーブの男子に、それぞれアメリカ選手が決勝に進出しています。コーチが変わっただけで、ここまで違うんですね~。来年のオリンピックでどれだけの成果を残せるか、楽しみですね。
(追記)
ちなみに、ワールドカップが始まる前の世界ランキングは
1 Dong-Hyun IM Korea
2 Brady ELLISON USA
3 Marco GALIAZZO Italy
4 Michele FRANGILLI Italy
でした。


今年も始まりました~GW中はステージ1


今年シーズンもいよいよ世界戦が始まりました。
GW中はワールドカップのステージ1です。今週末に日本では世界選手権の選考会があるので、日本選手の参加はありません。男子、女子ともに常連のトップアーチャーが上位にいます。
0_51.jpg

個人的にはこの弓いいなぁ~と思ったりしましたが(ビデオの51秒あたり)、2011年に入って、選手も使用している道具を変更してきています。
詳細は下記でご覧下さい。新しい所では、現世界記録保持者のKim Woojin選手が、使用していたハンドルをSAMICKのマスターズから、マスターズMAXハンドルに変更しています。マスターズMAXは5月の始めから、生産が始まっています。韓国内でのプロトタイプのテストの結果は良好で、選手の間では移行が進むようです。4回発売が延期された難産のゼノテックハンドルは結局は、飛び越されそうです。
また、KAYAのリムを使用していたフランジィーリが、K7に行かずに、V-perfのままで世界インドアに出ていたと書きましたが、ワールドカップではさらにさらに、昔のリムに戻っています。
著書に道具は新しいければいいというものではないと書いた通りの選択でしょうか。なんと、シナジーリム(WINの2004-2005頃のリム)を使用!!
検討祈ります。
FITA Photo Gallery » WorldCups » WorldCup2011 » Stage 1 – Porec (CRO)
http://www.worldarchery.org/UserFiles/Image/FITA_Photo_Gallery/WorldCups/WorldCup2011/01_Porec/index.html