ブラックイーグル(Black Eagle)使用のJames Lutz選手、新しいシャフトをテスト中か?!

2018年から正式に取り扱いを始めたブラックイーグル(Black Eagle Arrow)ですが、今年はX-Impact使用のJames Lutz選手がワールドカップで大活躍し、多くの実績を残してきました。

ブラックイーグル取り扱い開始予定です。


現在行われているワールドカップ・ファイナルで、見たこともないシャフトを使用しています。極細タイプのシャフトで、かなり長めのポイントとエンドキャップが特徴的ですが、どんなスペックの新シャフトなのか気になるところです!


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “ブラックイーグル(Black Eagle)使用のJames Lutz選手、新しいシャフトをテスト中か?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。