この記事は2015年12月10日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ワールドカップ、エリソン選手597点の世界記録タイで予選通過

SONY DSC昨日行われたワールドカップインドア2015・ステージ2ではエリソン選手が597点の世界記録タイで予選を通過しました。写真は大量にあるので、日本に帰ってから整理しますが、トップ通過のエリソン選手の写真をいくつか。

SONY DSCVバーの開き角度は90度以上でした。最も気になるのはリムボルト。この位置だとかなりポンドダウンしています。スタビライザーはビースティンガーの最新モデルですが、Vバーは生産が終了しているシルバーモデルです(メーカー在庫もなし)。弓は地面に直置きです。

SONY DSCスタンスはコンパクトでスタンダードなオープンスタンス。シューズはソールに厚みがあり、少し角度がついているタイプのナイキのものですね。どのモデルかわかる方はいますか?

SONY DSC後、なぜかこんな写真が。スタッフに確認したころ、エリソン選手のノッキングポイントだそうです。何か仕掛けがないか見てみたとのことですが、一般的なノッキングポイントだと思います。

SONY DSCあ、一点改造点があり、リムポケットの部分の穴を全部ふさいでいました。話を聞いたところ「ウェイトを増やすため」だそうです。たぶん(重さのある)パテだと思いますが、試合中だったので素材までは確認できませんでした。

あと、20分で1/8ラウンドの開始です。優勝するのは誰でしょうか?


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “ワールドカップ、エリソン選手597点の世界記録タイで予選通過

  1. リムポケットの部分の穴をふさぐことでどれほど重くできますか?SUGURUの商品説明をみる限りそれほど重いパテでもないですよね

  2. 試合中だったので、そんな詳しく聞けませんでしたが、どの程度の重さをハンドルに加えるのかはご自身の感覚で、軽ければ中にパチンコ玉のような金属を入れることで調整出来るかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。