この記事は2015年9月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

WINの新型コンパウンド、Dragonflyはフレックスガードを

11942186_1070160769675593_5519913110246038788_o2014年に続き、次のWINの新しいコンパウンドボウの詳細が出ました。前回のハリケーンC6はかなりハンティングモデルですが、今度はターゲット向けのデザインになりました。アクセル間40インチ、矢速はIBO:320fps+、重さは4.2ポンドで、ドローレングス25-30/27-32の2モデル。40/50/60ポンドモデルがあります。

11947789_1070160776342259_1825134686833051819_oこれまでのモデルとの一番の違いはケーブルガードがフレックスタイプになり、かつ、ローラーガードになりました。

実測しなければわかりませんが、40インチハンドルで、320fps以上出るのであれば、かなり高性能なカムが搭載されているはずです。現状、レットオフの情報だけが得られていませんので、まずはそこを確認してみたいと思います。ここまで、進化してくると機会があったら一度テストしてみたいですね。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “WINの新型コンパウンド、Dragonflyはフレックスガードを

  1. fuseのカーボンXスリムシリーズの入荷はいつ頃になるでしょうか?
    センター29inchとサイド15inchのブラックが入荷待ちとなっていたので。。

  2. 先月のコロンビアでのW杯でドラゴンフライを使っている選手を見かけました。取扱予定ありますか?価格が知りたいです。

  3. 半年前くらいに提示されていた卸価格ですと、11万円前後になります。値段が高いので、世界大会で実績を残すまでは取り扱いしない予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。