この記事は2014年2月8日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

インドア ワールドカップ・ファイナル 2014 ベガス

1619355_10202920895604268_1099328003_n
ワールドカップの最終戦がベガスで始まりました。コンパウンド(アンリミテッド)部門は47位までが満点の300点という大混戦。リカーブ部門は「インドアでも矢の太さより矢の修正力を優先する」派のフランジィーリが、極細のNano Xtremeで297点で一位です。

明日、決勝が行われます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “インドア ワールドカップ・ファイナル 2014 ベガス

  1. アンリミテッドですね…完全にぼけてました。ごめんなさい。

    本文修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。