この記事は2013年2月12日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

TRUBALLからINCREDIBLE(インクレディブル)が入荷!

2013年、 TruBallの新しいフラッグシップモデルとなるリリーサーの登場です。
その名は「INCREDIBLE」。

大ヒットリリーサー「アブソリュート360」から採用された機能「360度ヘッドスイベル」、「ヘッドセントリックテクノロジー」を継承しつつ、大幅に機能改善がなされたデザインで登場です。

・とても楽チンになった新しいコッキングシステム
・インターチェンジブルハンドルデザイン
・スプリング交換式トリガー圧調整

【コッキングシステム】
これまでのTruBallリリーサーのコッキング位置は『ボディーの背面』と言う、使い勝手を無視した全くもって優しくないデザインでした。(非力な方はいちいち持ち直してコッキングしているそうです)
インクレディブルはボディーの上面トップに設置され、非常に楽にコッキングできるデザインに変貌しました。
ただしトリガーレバーに触れながらコッキング操作するとシアーが掛かりませんのでご注意を。

【インターチェンジブルハンドル】
ボディー中央部分のネジを抜き、別売りハンドルを入れ替える事で2~4本掛けにデザイン変更が可能になりました。

これは、インサイドアウトリリーサーと同じ形式になった、と言う事ですね。
本体ボディーさえあれば、他の指掛けを試したい時は交換パーツだけで済むという、お財布にやさしいデザインとなっています。

【スプリング交換式トリガー圧調整】
工場出荷の状態ではトリガーの硬さが最も柔らかい「ライテストセッティング」になっています。(バネが本体に入っていません
変更するには付属のバネを用います。パッケージ・説明書の裏にセロハンテープで張り付けられています。くれぐれも見落とさない様にしてくださいね。

黄色いバネが柔らかい方、赤いバネが硬い方です。
バネなし、黄色バネ、赤いバネ、、、お好みでセッティングしてください。

バネを仕込む場所など含め、簡単な説明を動画にまとめましたのでそちらもご覧ください。

TruBallの新しいフラッグシップモデル「INCREDIBLE」は店舗およびあちぇ屋CPで発売中です!


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。