やればできる!中国メーカーのハンドルが4か月で銀メダル獲得。

本日、中国で行われている上海ワールドカップで、昨年12月に販売が開始したChaser ArcheryのPYTHONハンドルが女子リカーブ個人で銀メダルを獲得しました。私が知る限りでは、中国メーカーのハンドルが世界戦でメダルを獲得したのは初めてだと思います。

まぁ、多くのメーカーが中国の工場でハンドルを製造しているので、中国メーカーが台頭してくるのは時間の問題だと思ってはいましたが、ノーマークのメーカーが一気にメダルまで獲得してしまうのにはびっくりしました。

フェイスブックでも見る限りでは、中国のナショナルチームの関係者とロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したFang Yutingさんと協力して、開発されたモデルのようです。

(ここからは私の私見)中国チームを見る限りでは、今でも多くのメンバーが2年前に製造を終えたGMXハンドルを使用しており、ちなみに、今大会男子優勝もGMXハンドルです。その設計をこのハンドルはほぼ踏襲しているようです。リムボルトの構造も、センター調整の仕組みもワッシャー式でGMXと同じです。可動部は徹底的に排除されています。選手からのGMXから移行するハンドルがないといった要望に応えているようです。

新しい中国のメーカーがちゃんとやってできたのです。しかも、開発から1年(最初の応力分析が昨年の2月)、昨年12月発売で、発売から4か月で世界大会でメダルです。

2020年までまだ2年もあります。ちゃんと正しいプロセスで進めれば、日本でもできるはずです。期待しています。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “やればできる!中国メーカーのハンドルが4か月で銀メダル獲得。

  1. EASTON A/C/Gシャフトの「重さのばらつき」表記について教えてください。
    EASTON公式 +-1.0
    御社 +-0.5
    S社 +-0.1 (すごい高性能!)
    公式表記がACC+-0.5より劣っていますが誤表記でしょうか?確認お願いします。

  2. 失礼します。
    決勝の両者とも同じリムボルトと書かれていますが、キムウージン選手が可動式のボルトをGMXに、エリソン選手が非可動式のボルトをファクターに付けているように見えました。
    両者のリムボルトが確実に写っている写真が、Sアーチェリーさんのインスタにあります。
    ご確認お願いします。


  3. いくつかのサイトでそのような表記を確認しました。私たちの手元の資料(公式カタログ)は上記の通りです。また、A/C/GはA/C/EとX10同様にC番号管理されていますので、同等の+-0.5grで問題ないと考えます。

    ただし、真直性はイーストンで”保証”されていますが、重さのばらつきは保証されておらず、ただの目安ですので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。