INNO CXT用 Jagerグリップ入荷 ピッタリ過ぎますが…

111220_224431.jpg

WIN&WINのINNO CXT用のJagerグリップが入荷しました。ミディアムタイプが入荷で、ハイグリップの”BEST”は次回便になるそうです。左がJager”Best”ローグリップ。右がWINの標準グリップです。写真の通り細身のグリップとなります。
さっそく検品のため装着…ん…
111220_224359.jpg

ピッタリ過ぎる!!
そこで径を測ってみた所、ネジの径とネジ穴の径が1mmの遊びもなくピッタリ同じサイズでした。ピッタリではネジが入りません…と言うことで、グリップの装着ネジを入れるときはそのまま差し込んむのではなく、少しレンチで軽く押し込んで回しながら入れて行く入っていきます。ご注意ください。
次の入荷時は0.2mm程度穴を大きくしてもらいます。と言うことで、今回入荷分のみ、400円引きの3,400円に値下げしました。在庫なくなり、次回入荷便から、他のグリップと同じ3,800円に戻ります。ギュっギュっとネジを入れるのがめんどくさくない方はぜひ。


MK Korea マッハ3 リム テスト入荷しました。

雑誌アーチェリーの最新号の表紙がGas proのパラボリックの赤です。ぜひ!!
さて、2012年の新商品のMK Koreaのマッハ3リムが入荷しました。ちょっとだけですが。これで、残りはCarbon Blade ESだけになりました。まだ、入荷日未定です。
国内”総”代理店と名乗っていた会社の広告から”総”の文字がついに無くなりましたね(1番最初の代理店だったことは事実です)。更に来年にはMKの代理店が”たぶん”増えます(テストしているとしか聞いていないけど、SAMICKが元気ないので契約まで行くと予想)。
生産量が少ないメーカーの在庫をみんなで取り合っている状況で代理店を増やす場合は反対ですが、生産量も順調に増えているのですから、新しいメーカーを各代理店で盛り上げていけばいいんじゃないでしょうか。
111220_155122.jpg
入荷したマッハ3ですが何よりも目につくのはバック側が白一色のデザイン。黄色のアルミハンドルに合わせるとこんな感じです。射場に置いてあったらちょっと気になるデザインじゃないでしょうか。
まぁ、大事なのは性能の方なのですが。
性能の方ですが、現行の各社の最上位モデル、INNO EX POWER/F7/(自社の)MK1440と比べて、リムの重さはほぼ同じ。Vera比で6g軽くなっています。(20g以上は軽くないと明らかな違いは感じられないと思います)
テストした結果ですが、宣伝文句通りに引きやすいです。今日いじって(M38)、明日発送して、木曜日には大宮店で試射出来ると思いますが、UUKHAの引きと是非比べて欲しいです。明らかに違います。
UUKHAのリムも非常に引きやすいリムですが、うりはアンカーに入った後、クリッカーゾーンでの柔らかい引きです。クリッカーゾーンでは何処までも引けそうに感じるはずです。
対して、マッハの方はスムーズという言葉一番ぴったりだと思いますが、滑らかです。fx曲線がほぼ一直線なのではないかと思うほど、同じ感じで違和感なくポンドが上昇していきます。ですので、韓国で一般的な素早いドローイングを行う選手にはぴったりです。逆にプレドローを一回してから、ゆっくりとアンカーに付ける方は違和感を感じるかもしれません。
…リムの引きは言葉で説明しきれないものがあるので、店舗で体感していただけたら幸いです。大宮店でM38ポンドで試射出来ます。また、千葉店・京都店でも試射は可能です(事前に予約して下さい、リムを店舗間で輸送するので準備に少し時間をいただきます)。中日インドアにも持っていきますよ。
価格は51,800円、M40/M42が在庫あります。その他のサイズは取り寄せとなります。
また、今後はS40/S42/S44/M38/M40/M42/M44を在庫して販売予定です。VeraやMK1440の在庫切れサイズも補充されました。


9色まで増えました♪

 10月に新発売となった、バイター「ピンノック・ハンター」
ピン仕様のシャフトに用いるノックとしてバイター社が満を持して?送り出したものですが、
現時点で9色まで増えました。

以下の通り。。。
・白
・パープル
・赤
・クリアオレンジ
・ネオンイエロー
・緑
・ダークグリーン
・青
・ダークブルー

で、写真です。

この中で、白とネオンイエローの2つ以外が“半透明”です。

しかし、緑って、、、これ、緑なの?w

重さは、イーストン・ピンノックの2.6グレインに比べ、バイターのこれは5.2グレイン。
倍の重さですね。

そして背の高さは約4ミリ、バイターが高いです。
こんな感じ。

僕はこのバイターの体積の大きさが気に入っています。
理由は2つ。
的面を望遠鏡で確認するとき、この体積のおかげで光を多く取り込むため、膨張して見えるので視認性が高いんです。
そして、ストリングに番えるときの“こつんっ”ってハマる感じが好きなんですw
イーストン・ノックの“パチッ”って感じがどうも・・・・(苦笑)

と言う事で?w

バイター・ピンノックハンターは1ダース、¥1,300円にて好評発売中です♪


あなどるなかれ

 まずはこのCPボウセットをご覧ください


ボウ本体に、矢が3本、センタースタビ、サイドロッド、ボウスタンド、さらにボウケースも含めて、まずは気になるお値段から、、、、

・・・・¥3,800円!!

え?!

と、思いましたねそこの貴方。

実は・・・

ミニCPボウセット、なんです(^_-)

内容は・・・

【ボウスペック】
・引き尺13インチ
・DW 5.5ポンド
・軸間 19-5/8インチ
・ブレースハイト5インチ

【アクセサリー類】
・センタースタビ 6.5インチ
・サイドロッド 5インチ
・ボウスタンド 高さ 31センチ
・付属矢13.5インチ(ノック溝からカット面まで)

ちなみに、DWや引き尺の調整はできません。。。

んで、実際にうってみると・・・・・

・・・・ちっちゃ(+o+)

でも、ちゃんとうてます!!
畳は硬くて刺さりませんでしたが(苦笑)、ダンボールだと刺さります♪

カーテル・ミニCPボウセット。

ちょっとした息抜きに、、、、

インテリアに、、、

ネタに、、、、、

Xmasも近い事ですし、おひとつ、どうですか?(^◇^)


HOYT バックパック

470_1_46.jpgRed_Hoyt_Archery_Backpack.jpg
密かに(?)売れているHOYTのバックパック(バックパックです、弓を入れるボウ・ケースではありません)の2012年モデルが入荷しました。
写真の上が去年のもの、下が本日入ったものです。9月の注残だったので2011年のモデルが入ってくると思っていましたが、開けてみたら2012年モデルでした。デザインが変更になり、グレーから赤を基調にした物に変わりました。
本日、韓国からの大宮店の招へいでお客様が、これから挨拶に行ってまいります。


イーストン、フィールドクイーバー入荷

2012年のイーストンNewモデル、フィールドクイーバーが入荷しました。
色は4色。
緑、グレー、青、赤。

赤は入ってすぐ出てしまったので、雰囲気だけトーナメントクイーバーで。

色合い的に若干メタリックな仕上がりになっています。

ん~、イマイチ分かんにくいなぁ。。。ごめんなさい。。。

イーストン・フィールドクイーバー(¥5,800円)はあちぇ屋CPにて発売中です♪


イーストンの新しいクイーバーは開きすぎない

111212_133944 - コピー

イーストンのターゲット(ヒップ)クイーバーが届きました。旧モデルはもう左の赤しか在庫が残っていない為に、左のものとの比較になりました…。
左が古いモデルです。右が今後の現行モデルです。
・メッシュ
・ポケットの開き
・ポケットのサイズ
の3点が主な変更点です。
111212_134027.jpg

ポケットの側面にメッシュの使用を、新しいイーストンのポーチもです。このタイプ(中国のOEMクイーバー)を各社出して来たので、デザインでの差別化をはかったのでしょうか。いじってみましたが、機能面でメッシュの効用はないように思われます…。
111212_133944.jpg

写真ではちょっとわかりずらい部分ですが、黄色のラインの部分がポケットのチャックです。旧モデルではフルオープン出来たのに対して、現行品は半分しか開かなくなりました。
111212_134141.jpg

後は、ポケットがひと回り小さくなりました。ポーチとの隙間が広くなったので、チャックが開きやすくなりましたが、収納量は当然ちょっと落ちます。この辺りは評価が分かれるところでしょうか。
価格に変更はありません。送料込で6,800円です。4色入荷しています。


ACプロフィールド入荷しました。

コンパウンドの50m用に特化した設計、A/Cプロフィールド。
テーパード形状のシャフトデザインですが、実際に手にして、プロツアーほどの“テーパー度”は感じられませんでした。
1インチ当たりのグレインは、例えばA/Cプロフィールド470番で7.0グレイン
一方、X10プロツアー470番で7.6グレイン。
若干ですが軽くなっています。


もう少しデザイン何とかならんかったんでしょうか。。。

 サイズが全部で6サイズ

620,570,520,470,420,380。。。

で、やはりシャフトが先に入荷しました。。。

先日の本店ブログでもチョロっと触れていましたが、基本的にはピンを用いて運用します。
(もちろんGノックもアリです!)
ところが620番と570番はACEピンで行けますが、それ以上のサイズは対応ピンが未入荷やん!と言う事で、年内の入荷が間に合うかどうかが不明・・・と言う感じでいました。

で、現物が入荷したことですし、実際ほかに何か代用はならんか?と言う事で
色々“あてがって”みた結果、520番と470番は意外とカーボンワンピンが行けるや~ん♪
となりました。
ただ残念ながら、420番と380番では“段差”が感じられNGと言う結論に。。。

まぁ、メーカー推奨ではないのですし、インドアシーズンまっただ中なんでこの辺にしておきますw


Tru Ball インサイドアウトのハンドル交換パーツ

多くのCPアーチャーから支持して頂いている、Tru Ballのインサイドアウトリリーサー(トリガーレスタイプ)。

そのインサイドアウトのアップグレードパーツとして、ハンドルの交換パーツがお目見えしました。

種類は4つ・・・

2本掛け   3本掛け    4本掛け 4本ストレート

現在お持ちのインサイドアウトへ簡単に装着交換できます。

より心地よい使用感をお探しの方にうってつけのオプションです。

あちぇ屋CP店にて販売中です

追記
インサイドアウトの3本掛けと4本掛けのそれぞれの『ラージサイズ』も入荷しました!


SAMICKのグリップ、やっと検品終了

111205_164124.jpg
なんだかんだで毎週月曜日は忙しいです。
前にJagerグリップの紹介をした時に、一緒にSAMICKのマスターズ用のグリップも入ってきていたのですが、SAMICKのハンドルはモデルチェンジで現在Xenotechが最上位になっていて、入荷したのはその前のマスターズハンドル用のもので、テスト用ハンドルの用意がなく、テストが出来ませんでした…

111205_163433.jpg

本日、スタッフの私物で検品し、問題なく装着できましたので、販売を開始します。写真の私物は初代のマスターズハンドルですが、ニューマスターズハンドルにも使用できます。
また、現行上位モデルのXenotechには使用できません。。。。
そんなこんなでXenotechを改めて本日いじったのですが…4万円を切るハンドルでこの品質だったらありなのではないかと思ってきました。結局、GMXもニューGMXになったために、価格は去年と同じに設定されたし、同価格帯(ゼノテックは39,800円)ですと、アルミハンドルではWIN&WINとWINEX(39,800円)とオールカーボンハンドルのSFのアルティメイトPRO(38,800円)との比較になりますが、どれも故障も少ないです。性能はやはり高い方が良いですが、品質に関して言えば、3万円以上のモデルなら、大きな差はなくなってきました。4万円弱の価格帯のハンドルはみな結構買い得だと思います。