この記事は2021年9月10日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

【2021年】リカーブボウチューニングマニュアル

チューニングマニュアル完成しました。ご確認ください。PDFで今年いっぱい無料配布して、お客様の要望に答えて修正し、いずれ印刷版を出します。目標としては2000部(2000ダウンロード)を目指したいと思います。

もっとわかりやすいマニュアルもある思います。素早く知りたい方の需要はもう満たされていると思うので、時間がかかっても、しっかりとストーリーとして、チューニングを1つの流れとして理解できるものを目指しました。

このページは質問や意見をいただく、サポートページとなります。また、誤字脱字に関するご指摘は、修正し最新版に反映後に削除しますのでご理解ください。

リカーブボウ・チューニング・マニュアル(PDF 1MB) 最新版(表紙に表記あり)は 20210910 です

履歴 

221105 ダウンロード数 3000部 達成

210910 ねじれたリムで達成された記録に具体的な日時を追加

210816 ポンドによるチューニングを追加

210815 高速度カメラチューニングを一部加筆

210812 完成版公開日


The following two tabs change content below.
Avatar photo

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。
Avatar photo

最新記事 by Ryo (全て見る)

7 thoughts on “【2021年】リカーブボウチューニングマニュアル

  1. 大変興味深く読ませていただきました。
    誤字を見つけたので、連絡いたします。

    //修正しました 山口

    以上です。
    完成版の発行楽しみにしています。

  2. 20210910Verですが、諸氏からすでに指摘があっと思いますが、私のチェックではミスは24ケ所になります。
    前回も指摘させていただきましたが、文末のです体とだ体は統一することを強くお薦めします。(このままだと「インサイド・アーチェリー」の翻訳レベルと大差ありません。)また、48,49ページのポンド数の表現が色々混在しています。高いー低い、軽いー重い、弱いー強いなど。主語がリムなのか、(ハンドルを含めた)弓なのかで統一すべきでは、と思います。

  3. >前回も指摘させていただきましたが、文末のです体とだ体は統一することを強くお薦めします。

    前提として、私は日本語能力が低く、中学校で国語の評価は平均以下です。その上で、統一することの価値は見出せないでいます。くぐってみると、

    >敬体には柔らかい印象があり、スラスラと読み進められるため、読み手にも優しい文章だと言えるでしょう。
    >常体は堅苦しい印象がありますが、断定形ゆえに読み手により強い感情を与えたり、心構えを持ってもらったりできるでしょう。
    >性質が真逆とも言える2つの文体が混ざると読み手は混乱してしまいます。自分の目的に合わせ、どちらかに統一するのが基本です。

    という説明がヒットしますが、小説ではないので、優しい文書と、心構が必要な文書が混在としてのはそのとおりです。

    48-49ページは混在しています。次のバージョンで重い・軽いに統一したものをアップします。これで読みやすくなればいいかと思います。

  4. マニュアルは対象の機能や使用法、利点や場合によっては禁忌事項などの注意喚起などを利用者に平易に説明するものだと思います。論文や技術書とはその表現方法が違うと思います。次のバージョンを待ってます。

  5. マニュアルのはじめに書きましたが、単純にやるべきことを平易に説明するものは、すでにイーストンのチューニングマニュアル(たしか日本語にも翻訳されていたかと)などが存在します。そういうものではなく、話に歴史などを入れたりして、ストーリー性をもたせることで、より理解が進むのではないかという試みですので、通常のマニュアルとは違っているとは思います。

    【追記】日本語訳の残骸は見つけましたが、元のファイルは見つけられませんでした。

    https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:QGwGuqofH9IJ:https://paperzz.com/doc/6519599/easton-arrow-tuning-and-maintenance-guide+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です