エンドサービング処理?

2022年の新商品についてのミーティング、海外とのミーティングが増えました。しばらく忙しいかもと思いながらも、2022年の新商品はあまり多くないようです。リカーブチューニングマニュアルのダウンロードが1000コピーを超えました。日本語の資料ですので、日本語の方が読んでいると思いますが、日本のアーチェリー人口(1万人弱)を考えると、それなりに評価されていると思いますので、2022年も資料作り、情報発信を中心に動くことになるかなと思います。

上の写真。一瞬を切り取った写真は多く見かけますが、連写して全部アップしたのかと思うと、それも表現ですね。

関係がある大会でメディアとして登録して仕事もしましたが、先日発表されたスマホ(Xiaomi Mi 11 Ultra 5G)が、自分が持っているカメラよりも高性能でびっくりしました。しかし…メディアとして登録しといて、でっかいカメラをぶら下げないで、スマホ片手に撮影するのも…。今後どうなるのでしょうか。

今日はもうこれで仕事終わりますが、エンドサービングのところになにか処理してますよね(赤いところ)。なんでしょうか。明日また調べてみたいと思います。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。