ミックスは韓国が優勝、決勝の最期は39対39。

先程ミックスが終わり、韓国チームが優勝しましたね。さて、焼肉食べてきます!

この点数の下に出ている矢速表示、なんのためにあるんでしょうか? クリちょんしていない限り、クリッカーで同じドローレングスなので、6点に飛んでいっても、矢速は10点のときと変わらないと思いますが…と文句を言っていても仕方ないので、計算してみました。

X10 410番 30インチ 50ポンド の場合 → 206KM/H(188fps)

X10 450番 28インチ 45ポンド の場合 → 194KM/H(177fps) 

X10 600番 27インチ 40ポンド の場合 → 186KM/H(170fps)

となります。応援している選手がどれほどの弓を引いているのかの推測にでもお使いください。   


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

4 thoughts on “ミックスは韓国が優勝、決勝の最期は39対39。

  1. 男子個人決勝でイタリヤのネスポリ選手の矢速が「222 KM/H」と表示されてました!!
    いったい何ポンドの弓を引いているのでしょうか!?


  2. どちらかといえば、シミュレーターの正確さに驚いています。WAの選手データによれば、矢尺31インチ/52ポンド、ライブを見る限り、クリッカープレートがかなり出ているわけではないので、31インチをそのままドローレングスとして計算すると、なんと221.651 KM/H(202fps)となります。なので、52ポンドなのでしょうね。

    ちなみに効いているのはポンドではありません。

    52ポンドを使っていても、引き尺が27インチでは、183fpsとなりますが、引き尺が31インチなら、ポンドを私でも引ける43ポンドまで落としても、同じ183fpsです。つまり、腕が長いのですね。データありませんが、おそらく、金メダリストのMETE GAZOZ選手も同様に。

  3. ありがとうございます!
    あと、優勝したメテ・ガゾズ選手の矢速は「188 KM/H」で、女子選手とあんまり変わらなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。