スタン(Stan) 2021 と ハンセン選手とCX。

スタンの2021年のカタログが出ました。ブラックシリーズなどいくつかの商品が削除されました。廃盤のもので在庫があるものは特価品に追加しました。

新規に上記のハンセン選手がテストしているトリガーレスタイプのリリーサーが追加されますが、カロタグによると、2021年中ごろの予定だそうです。

また、ハンセン選手が使用しているシャフトもCX(カーボンエクスプレス)からイーストンにしましたが、CXが方向を転換したのが原因のようです。

低価格シャフトのイーストンがX10/ACE以下の競技用シャフトの多くを廃盤にしましたが、CXは2021年に上位シャフトの価格の値下げを行いました。おおよそいち価格帯で、X10と同価格帯のNano X-tremeがACEと同じ価格帯に、ACEと同じ価格帯だったSSTが(旧)ACGと同じ価格帯になります。弊社でも価格の改正を行いました。2021年のターゲット向け新シャフトの提供はないとのことです。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

9 thoughts on “スタン(Stan) 2021 と ハンセン選手とCX。

  1. なぜCXは価格を下げたのですか?
    質を落としたのでしょうか?値下げ前と比べて壊れやすくなったりしますか?

  2. ハンセン選手のシャフト変更ですが、
    CXの方向転換というのはどういう
    ものなのでしょうか?
    シャフトの値下げが原因というのは
    いまいち分からないのですが?

  3. 知っている限り、公式には発表されていませんが、賞金プログラム(CXを使用している選手が優勝した時に賞金が出ます)の縮小をするようです。

    新しいシャフトメーカーと競合して、品質で勝てないとなればゲームオーバーですし、価格で勝てないとなれば、値下げするか撤退しかありません。イーストンは撤退を選択しましたが、CXは広告費・プロモーション費を削減して、その分価格を下げることで競争力を高め、勝負している感じですかね。

    …まぁ、2013年ごろに大幅な値上げがあり、今回の値下げでその時の値段に戻った感じです。

  4. ダイナフライト97はどの様な弦であるでしょうか?またお取り寄せ可能でしたらおいくらなりますでしょうか

  5. 原糸は取り寄せできます。完成弦はスタンダードサイズ(68インチなら165cm)で取り寄せできます。価格は1100円です。

    原糸の特性ですが、20年ほど前の古い弦(SK75)です。現在推奨するお客様としては「同時代のものを使う」原則より、同時、20年ほど前のヤマハなど、クラシックボウを使用しているユーザー、
    最新の弦よりはストレッチ性があるので、リムにストレスの少ない弦をお探しの方にお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。