この記事は2020年6月27日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2021年モデルかな??ホイットが新しいコンパウンドを発表、エリートも新モデルが出荷開始です。

なぜこの時期なのかわからないのですが、ホイットが新モデルTorrex/Torrex XTを発表しました。主にハンティングに使用されるスペックですが、アメリカのハンティングシーズンは10月なので、今買ってもしばらくは使えないと思うのですが。時期的には2021年モデルとします。在庫の予定はありません。

また、1月のATAで発表はされましたが、出荷が止まっていたエリートのEMBER(エンバー)の出荷が始まったそうです。スペックとしては、しっかりとした作りのエントリー~ミドルモデルで、ATA31インチ、310fps、ドローレングスが15インチから29インチまで調整でき、ポンドも10ポンドから60ポンドまで調整できます。こちらは1台在庫予定で発注かけています。近日中に入荷すると思います。5万強の値付けとなる予定です。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。