この記事は2020年4月22日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ドローイング

ドローイングとは、弓を押す力と等しい力で弦を引く動きです。自然に呼吸している間、押し手はピボットポイントから的の中心に向かって弓を押し続け、引き手とひじは水平より高く、引き手のひじを中心として動き、引きのテンションは肩の後ろに回転していきます(訳注:バックテンション)。押し手の力と引き手の力はターゲットとのラインと同じにラインです。

–間違っている例

ドローイングするときは、押し手の肩が上がってしまったり、前に出たりせず、引き手のひじは矢のラインの延長線から前に出ないようにしてください。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。