この記事は2020年4月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

今、弓のチューニングをすべきか?

東京は雨です。。室内でトレーニングしましょう!先日紹介したPEDEGOグリップトレーナーの初回入荷30台でしたが、残り11台でおおむね供給がスムーズにできて良かったです。次回発注は入荷がちょうどGWと被りそうで、予想はできませんが、緊急事態宣言が現状で行けば終了するので、するか迷っています。

PEDEGOの1台3役の凄いやつ! グリップトレーナーが入荷。

PEDEGO グリップトレーナー – JPアーチェリー

さて、(関東圏においては)練習できない環境が続く中で、時間があるのでチューニングでもしようかと考えている方がいると思います。基本的なチューニングの見直しはよいと思いますが、長い期間練習できない環境下では、アーチャー自身のパフォーマンスが低下していると思われます。現状の自分に合わせてチューニングをしてしまうと、元の環境に戻った時のリカバリーに支障が出る可能性もあります。

練習ができなくなる前で弓のチューニング・パフォーマンスが良好だった場合には、今、近射を中心に練習していて違和感を感じたとしても、今の自分に合わせて再チューニングすることにはリスクが伴います。このタイミングでチューニングすることは慎重になるべきかと思います。

自粛が始まって1週間、個人的には室内でのトレーニング環境は整いました。気が早いと思われる方もいるかもしれませんが、今後は自粛が終わった後にいかにパフォーマンスを戻していくのかについても、そろそろ計画を立ててみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。