ガスプロの羽と中ポンド帯の相性

data_arrow02.jpg

2週間前の弓具テストのうちの一つのまとめを書きます。
ガスプロの羽についてのテストです。ガスプロは2010年から製造がはじまった商品で、過去の記事を調べてみると、弊社では2年前の2011年の7月1日に初めて仕入れてのテストを行っています。
ヨーロッパ選手権とか…スピンウィングの独占を止めるかもしれない羽。
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-761.html

実射テストで大変良い結果を残し、また、同時にお客様へも評価用として10パック程度提供し、良い評価が多かったと記憶しています。その後、8月にコンパウンド用のガスプロベインの販売を開始しました。
GAS PROの取り扱い開始
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-801.html

当時はまだ当店だけで販売していましたが、その後、新たに国内で代理店になるところも現れ、今年の2月にパートナーとして累計100万枚製造記念の記念品を頂きました。おめでとうございます。
実射テストをしてから、この羽の事は評価していますし、多くの試合で結果も残しているのですが、お客様へアドバイスするときに、いまいちすっきりしない点があり、今回のテストになりました。詳細に関しては前回の記事をご覧ください
ガスプロの優位性は羽が起き上がっていないため、クリアランスがよく、かつ、風に強いことです。風にスピンの矢の高さが15.6mmに対して、ターゲット専用に開発されたガスプロ・ターゲットでは11.9mmしかありません。この値が少ないほど風に対して強くなりますが、そうすると極論はベアシャフトが一番良いという話になってしまいます。
風に対する強さとともに、羽に求められているのは、修正力です。風への強さと修正力、このバランスの中で羽を選択する必要があります。加えて、低ポンドの場合は、羽の重さも重要になります。
初期のころ、ガスプロの羽は低い(小さい)ので、修正力も弱く、矢速が落ちにくいので、低ポンドの方にもお勧めできるのではないかと思っていましたが、やはり、この羽のネックは重さにあります。ガスプロ・ターゲットの重さは332.4grで、最新のゴム羽とは0.6grの違いしかありませんでした。スピンは327.8grで4.6grも違います。
ゴム羽に近い・ほぼゴム羽と同じ重さであるために、低ポンドアーチャー(~30ポンド)には、やはりお勧めできないです。一方で、高ポンドのアーチャーではガスプロは多くの実績をすでに残しており、世界中で多くのトップアーチャーが使用しています。
今回のテスト中心的なテーマは、中ポンド帯のお客様(30~36ポンド)には、どの程度お勧めできるのかということでした。
過去の記事のコメントではこんなことを書いています。
(ドイツの新しいシャフトメーカー)のコメント欄
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-1253.html#comment1863


>ガスプロ・スピンベインからエフィシェントに張り替えたのですが、
>サイトが少し落ちました。理由を教えてください。
サイトが落ちるかどうかは人それぞれです。サイドが落ちる場合は回転数が上がりすぎている可能性があります。柔らかいACEなどで発生します。逆にお客様がX10の450のような重いシャフトを使っていて、サイトが落ちた場合は、違う原因が考えられますが、詳しくはもう少しお客様の情報がないと分析できません。
>あと、一般的にガスプロよりスピンウィングの方がよく飛ぶと言われますが、その理由も教えてください。
自分はそうは思いません(ガスプロの方が優れているとは思っていません)。一番の違いは羽の硬さです。柔らかい羽根が合う方もいれば、硬い羽根が合う方もいらっしゃいますので、一概には言えません。


このコメントはシューターテスト時点でのものです。今回のテストはシューティングマシンを使っています。前者の返信に関してはこのまま訂正するところはありませんが、後者の返信に関しては、読み返すと修正する必要があると思います。
自分の仮説では、ガスプロの羽は小さいので、風に対して強いものの、スピンよりも修正力は弱く、減速率も低いので、中ポンド帯のお客様ではスピンよりも良いのではないかというものでした。重さによる差を引けば、矢速は同じだと思っていましたが、今回のテストで、重さによる差を差し引いても、0.2~0.5%スピンよりも、矢速が出ません。予想外です。
まとめると
・(良い点) ガスプロの羽は小さいが修正力はスピン同等レベルである。
・(悪い点) ただし、スピンと同等レベルにシャフトを回転させ、同一条件下でも、サイトはわずかに下がる
ですので、ガスプロは高ポンド(36ポンド以上)で風対策をしたい方には絶好の羽です。低ポンド(~30ポンド)では、今まで通り、スピンウィングがお勧めです。中ポンド(30~36ポンド)では、ガスプロではターゲットよりも、ノーマルのガスプロが良いと思います、もしくは、スピンウィングの方が良いでしょう。
*低・中・高ポンドのカテゴライズは今回の結果を見て、今回の結果分析のためのものです。別の記事でも36ポンド以上は高ポンドとして表現しているとは限りません。


初全日本実業団アーチェリー大会団体出場!!

DSC_0488.jpg

先週末、創立7年目で初めて全日本実業団アーチェリー大会に「JPアーチェリー」として団体で出場しました。
自分は週末は子供と遊ぶという業務があり、家の駐車場で花火をしてきましたが、4年目大宮店店長の村田(写真右)と、3年目の京都店店長の米田(中央)、昨年入社の本社の坂本(写真左)というメンバーでの参加です。
今年は、リカーブ団体は新規参加チームがいくつもあったそうで、20チームも参加での競技となりました。結果の方は2回戦で名門ミキハウスさんとあたり、敗退。
あー、楽しそう、あー、参加したい、あー…36ポンドくらいで…。。。


ボウテック カーボン・ナイトが入荷しましたよ~(写真多数)

来ました来ましたボウテックのNewモデル、カーボン・ナイト(Carbon Knight)。
さっそく手に取って思った感想。。。。
へっ?!プラスチック製品みたい?!
表面の仕上げ処理、質感、そして何よりの軽さ・・・。
第一印象がそんな感じです。


*FivicsのCEX5を付けてみました。

細部を見ていきましょう。
まずはグリップ周り。

持った瞬間、「おや?!太い」と言った印象を受けます。
それもそのはず。ナイト(略)は4センチもあります。PSEスープラやHoytアルファエリートは3.1センチほど。

形状は、当初想像していた「ハンティングむけグリップデザイン」かと思いきや、
意外とターゲットデザイン寄りにグリップが作られています。

幅20mm。ぺたーっとしています。
ピボット付近は“カド”があまりない丸みを感じる処理。

下に行くほど、グリップのエッジが効いています。

次にシェル。

設計上、バーガーホール(レストマウントホール)が貫通していません。
向かって右の皿ネジのマルを目安にします。
反対側のレストを装着する箇所は次の通り。

右の小さな穴は使いません。左の大きな穴がレストマウントホールです。

次にセンタースタビとバックストップ装着の為のステー部分です。


センタースタビのブッシングはハンドルと直結していません。
このステー部分がハンドルの側面からネジ止めがされています。

そしてリム。

形式はソリッドリムです。塗装はしっかり頑丈な仕上げが施されています。

ストレスのかかりやすいリムフォーク部分には補強目的の赤いパーツが両側から止められています。

Newバイナリーカム

上カム側にリムストップ式ドローストップピンが付いています。

ちなみに写真は4番ポストについており、これは29インチを指します。
*3番・・・29.5インチ、2番・・・30.0インチ、1番・・・30.5インチ
*赤いモジュール(上下のカムに付いています)も必ず同じ番号のポストにセットします。

引き尺調整は26.5インチから30.5インチ。
ここが今回の唯一の残念な部分です。
せめて25.0インチからにしてほしかった・・・。

その他
 
今回のナイトにはボウテックではおなじみになってきた「FLXガード」は搭載されていません。設計上の問題なのか、あるいは、あえて搭載しなかったのか。。。
機会が有れば、Bowtechに聞いておきます。

最軽量3.2ポンド(1.45kg)を誇るボウテックの「Carbon Knight(カーボンナイト)」
大久保店で今日から展示しています。
気になる方はゼヒお越しいただき、その軽さを実感してください!(^ੳ^)~♪


めっちゃ軽いコンパウンド届きました。


IMG_20130716_140556.jpg

1月に予告されていたボウテック初のカーボンコンパウンドボウが先週正式発表されましたが、1時間前に納品されました。50ポンドと60ポンドが届いています。
本当に軽いです。弓全体で1,450g(カタログ値)と、ちょっと重めのリカーブハンドルほどの重さです。持った感じ、リムとカムの重さしか感じません。興味深いモデルです。大久保店で実物ご覧いただけます。
追記
詳細レビューがコンパウンドブログにアップされました。
ボウテック カーボン・ナイトが入荷しましたよ~(写真多数)
http://cpblog.archery-shop.jp/?eid=159


HOYT F7リムの XSサイズについての現状

コメントがありましたので、HOYT F7リムの XSサイズについての現状に報告させていただきます。
まず、結論から書きますと、6月末時点でF7リムのXSサイズは生産されていません。また、生産の見通しも全くないです。予約での取り寄せは受けつけますが、納品時期に関しては全くの未定です。
F7リムですが、もともとはホイットからはお客様には知らせないといわれていた商品です。フォーミュラシリーズのハンドルは25インチ以上しかないので64インチの弓を組むことができません。その状況がフォーミュラのセールスに対して悪い影響を与えていることは世界中で報告があり、ホイットは2012年の8月にXSサイズのリムを製造することを決めています。
しかし、XSサイズを製造するためには、生産ラインを一度停止し、ジグをセッティングしなおすことが必要でやると決めてすぐに出来る事ではありません。そのため、ホイットからは生産の見通しがたってからお客様に案内するようにと2012年10月に言われました。しかし、日本では某代理店大きく宣伝したために、お客様の間でも知っている人は知っている存在かと思います。生産の見通しの立っていない商品をなぜ発表するのか…なぜそんなことをしたのかは正直理解できないです。このフライングは商業的な理由というよりは、社内のコミュニケーションの問題でしょう。
当初、ホイットからはジグのセッティングを変更するのはリムの注文が少ない2013年の1月、そこから製造するので2月~3月の納品になるという案内がありました。
しかし、2月になっても、F7リムの代理店からの注文(バックオーダー)を生産しきることができない状況になってしまい、そこから現在でもF7の納品が遅れる状況が続いています。
6月末の案内が最新のものですが、「既存サイズの生産も遅れているので、XSサイズを新規に製造するためにラインを止められる状況にない」ということでした。
8月にホイットは2014年のラインナップを決定するので、F7リムのXSについては、その時点まで進展はないと思います。最短でも納品は11月になりますが、正しい納期は全く案内できる状況にないです。
そのために、このブログではこの商品についてあまり触れてきませんでした。一度生産をすれば、ある程度は作りためるので、生産開始のニュースが入ってから注文しても、初期製造分が入手できない状況にはならないと思います。ちなみに、弊社ではXS-36~XS40までの発注をしています。
新しい情報が入り次第再度お知らせさせていただきます。


【トラブル】INNO MAXの青 ペイントトラブル

146A.jpg

INNO MAXハンドルの青に関するお知らせです。
INNO MAXハンドルですが、ある時期に生産されたもので、青が日焼けするという問題が発生しています。上の写真は弊社のお客様から提供されたものです。クリッカーがあって日が当たっていない場所と、日が当たっている場所で色が違うのが分かるかと思います。
製造ミスによるものですので、同様の症状が発生しているお客様がおりましたら交換します。弊社まで連絡ください。
また、この問題により、現在INNO MAXの青は生産が順調ではありません。交換のお客様には青の到着を待ってからの交換か、急ぎの場合違う色への交換で案内させていただいています。ご理解ください。


イーストンシャフトのシリーズ番号について

IMG_20130710_175538.jpg

最近質問が増えているのでプロショップとして、イーストンのシリーズ番号についての正式な回答をさせていただきます。

テクミチョフさんが最新号の雑誌アーチェリーの記事で初めてシリーズ番号についての公式のコメントをしましたが、この番号については業界では公然の秘密といった扱いで、お客様に幅広くその意味を伝えていなかったと思います。

以前に、某代理店の方が自身のブログでホイットに対して「とある情報を金曜日まで発表しないように代理店に依頼したくせに、メーカー自身が月曜日に発表するなんて無責任だ」…みたいなことを書いていたことがありましたが、今回の件は自分からしたら同じような思いで、自分たちであまり公言しないように言っていた話を、自分たちで公開するって…という気持ちです。

まず、シリーズ番号とは何か。写真はACEシャフトですが、C番号(カテゴリーナンバー)と別に、1206という数字の後に「H」「J」「G」などのアルファベットが書かれています。これがシリーズ番号(シリーズナンバー)と呼ばれるものです。

C番号についてはガイドブックや、グーグルでも検索すれば、その意味や扱いについて書かれたページが見つかると思います。対して、シリーズ番号については調べても、日本語だけではなく英語で調べても、言及しているページ、ガイドブックはほぼないです。

では、なぜプロショップがこの番号についての情報を伝えてこなかったかというと、この番号はいざというときの番号で、普段は意味がないものだからです。

まず、この番号の意味ですが、この番号は製品仕様書とひもづいています。つまり、JシリーズとHシリーズは違う素材から作られています。仕様書(非公開)はAから始まり、Jであれば、ACEの10番目の仕様書によって製造されたACEであることを示しています。

そうすると気になるのは、「J(10番目の仕様書で製造されたACE)」「H(8番目の仕様書で製造されたACE)」では、性能が違うのか、どっちが性能がいいのか、ということだと思いますが、これに関して、イーストンの公式見解は「全く同じ性能」だそうです。

しかし、本当に全く同じであれば、わざわざ違う番号を付けて管理する必要はないです。では、何を管理しているのかというと、品質を管理するための番号です。

現在、良く見かけるのは「G」「H」「J」などですが、運用としては、例えば、2012年に「K」を投入し、2012年の1年間を通して、4つの仕様のACEを製造し、最もクレームが多かったのが1シリーズを翌年から廃番にするといったことが行われてきました。現在、(ACEの場合)「A」「B」「C」「D」を見つけることはめったにないはずです。Dを在庫に見たのは…5年以上は前だったと思います。

結局、シリーズ番号とは、イーストンも、イーストンに素材を供給している素材メーカーも、理論上では同一の性能・同一の品質と言いながら、売るという実務の中で、実際性能に差がないのかを検証するための番号です。

また、お客様側でこの番号との付き合い方ですが、特に気にされるものではないと思いますが、心配であれば、購入するときには同じ番号のものを購入された方が良いかもしれません。ただし、C番号とは違い更新されるものです。初期のAシリーズはもう生産されていないので、手に入りません。購入するときには、自分が使っているシリーズ番号か、そのシリーズ番号よりも後ろのアルファベットのものを購入されれば問題ないです。

これまであまり積極的にこの番号の意味を伝えてこなかったのも、事後的(問題が起きてからの)な処理にしか使われない番号だったためです。今回、なぜイーストンが広くシリーズ番号の意味を知らせる方向に舵を切ったのか、あまり理解できませんが…次に担当者にあった時にでも聞いてみます。


Bowtech NEWモデル発表!

何が出るかな、ターゲットモデルかな~、ハンティングモデルかな~、ターゲットモデルならうれしーな~、なんて楽しみに思っていたら、まさかの「最軽量」を謳うオールカーボンハンドルモデルだったとは。。。

Bowtech 「Carbon Knight(カーボンナイト)」

【基本データ】
~重量      : 3.2ポンド・・・1.454kg
~アクセル間   : 31インチ      
~ブレースハイト : 7インチ
~レットオフ   : 80%
~引き尺     : 26.5~30.5インチ
~ドローウエイト : 50/60/70
~IBOスピード  : 330fps

新しくデザインされたNewバイナリーカムは、スピードを犠牲にすることなく、スムースで快適なドローイングを提供してくれそうです。
また、ドローストップは「リムストップ」式。超ハードなウォール感がするアレです。

日本時間の7月10日未明に情報解禁となり、瞬く間にその姿が広く見られるようになりました。以下はメーカーHPのイメージビデオから。


何なんでしょうね、この何とも言えない高揚感はw
アメコミから飛び出してきたようなコンセプト映像です。

当店には遅くとも来週の初めには入荷します。(50ポンドと60ポンド)

カーボンナイトのアクセル間は31インチ。
これはマシューズ・ヘリムの30インチ、そしてHoyt・カーボンエレメントの32インチの中間。
小振りなボディーなので取り回しは抜群でしょう。
ただ、ブレースハイトが7インチ有るとは言え、再現性・安定感を重要視するターゲットデザインには属さないので、そのあたりの差し引きはある程度妥協が必要かもしれません。

さて、これまで最軽量と言われた、ヘリムや、カーボンエレメントの上を行く軽さです。
「とにかく軽い弓を」と言う需要は確実に有りますが、ここでチョッと厳しい現実が。
引き尺変更が可能なNewバイナリーカムを搭載していますが、調整範囲が、、、、
26.5~30.5インチ
と、なかなかのハードルです。
どうしても引き尺が25インチ台のユーザーが多い日本市場では厳しい現実かもしれません。
日本人ユーザーの需要にも合わせて設計してよ~、と訴えたい気分ですね。
反対に引き尺がマッチし、とにかく軽い弓をさがしている方には良い選択肢になることでしょう。

続きは来週の入荷後にあらめて・・・。

Bowtech CarbonKnight(カーボンナイト)は、店舗、あちぇ屋CPで予約受付中です!!


競技用ベインのスピードと修正力の比較

DSC01377.jpg

写真は現在競技用として最も普及している4つの羽です。左から1.75インチ(45mm)のゴム羽、2.5インチのガスプロ・ターゲット、2インチのガスプロ・スピン、スピンウィングです。
先日、屋外のテストの時に、これらの完成矢でシューティングマシンによる実射テストを行い、性能の比較を行いました。
DSC01375.jpg

結果報告の前に、まず理想的な羽とは何かについて書きます。羽の役割は矢を安定させ、ミスによるブレに対する修力を矢に与えることです。そのために、良い羽とは矢速の速い羽根ではないことには十分に注意してください。リムの性能比較において、矢速が速い方が優れているのはそれがエネルギーの変換効率が高いことを示しているからです。矢において、羽は矢速からエネルギーを得ることで矢を安定させ、修正力を与えます。そのために、矢速が”遅い”方(減速率が高い)がミスに対する修正力が高いことになります。
今回、このテストを行うきっかけになったのは、ガスプロの修正力のテストをしたかったためです。下の結果報告に詳細がありますが、ガスプロの最大の特徴は背が低いことです。スピンウィングと比べ、24%も背が低く設計されています。このために、横風に対して強いのが最大の特徴です。では、なぜみんな背を低く設計しないのかと言えば、背が低いと矢速を修正力に変換することが困難となり、修正力が不足してしまうためです。
ガスプロは背を低く設計しながらも十分な修正力があることが最大の売りでした。実射テストなどではテスト済みですが、今回初めて矢速計で実測しました。
data_arrow02.jpg

その結果の報告です。サイズは羽のサイズです。高さは羽単体の高さではなく、貼って完成矢にしたときの高さを写真の方向で測定したものです。値が低いほど風に対する抵抗力が高く、風の影響を受けにくいです。初速は弓から1m時点での矢速です。終速手前1m時点での矢速です。注意していただきたいのは、矢の弾道は重力の影響を受けるため、同一の条件下でも50mを射った時の18m地点の通過速度と、18mを射った時の18m地点の終速はお粉ります。減速率は初速と終速の差です。
修正力ですが、今回は条件を整えるために同じシャフトに違う羽を貼ってテストしました。そのために、すべての矢は重さが違います。最大で1.6%も違っています。減速率から、矢の重さによる誤差を理論値を使っては除去したものが、修正力となります。
今日は時間がないので…そろそろ帰ります。続きは明日書きます。


コンパウンド90m世界記録更新!

先週末ネーデルラント(オランダ)で行われた大会(オランダ・ナショナル・チャンピオンショップ)で、ピーター・エルジンガ(Peter Elzinga)選手がMartin Damsbo選手(デンマーク)の持つ90mの記録350点を上回る、352点で世界記録を更新しました!

(左)エルジンガ・アーチェリーのプロスタッフ、Mike Schloesser (右)ピーター・エルジンガ
※2位入賞のマイクもCP男子ジュニアの世界記録(90mとグランドトータルの2つ)を更新しました。

試合結果

90mを352点ですよ。
30mじゃぁないですよ。
50mと70mの日本記録(共に351点)よりも上ですよ。

グランドトータルの1418点も、彼自身が持つ世界記録「1419点」にあと少し。
50mが少し崩れたようですね、残念。
注)50mの世界記録もピーター自身が持っています。358点。

それにしても、10点本数が、126本って。。。。
144射して10点から18本しか9点以降に外していないなんて・・・(-_-;)

あやかりたい・・・。