この記事は2012年7月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ワールドカップファイナル東京2012 ファイナリスト

再来月、9月22日~23日、東京日比谷公園で行われる「ワールドカップ・ファイナル 東京 2012」のコンパウンド出場者リストです。

【男子コンパウンド】
Reo WILDE (USA)
Braden GELLENTHIEN (USA)
Dominique GENET (FRA)
Pierre Julien DELOCHE (FRA)
Peter ELZINGA (NED)
Julio Ricardo FIERRO (MEX)
Paul TITSCHER (GER)
安治 直人 (JPN)

*敬称略

男子CPは、ワールドカップ3戦すべてを優勝を飾り、ぶっちぎりの通過ポイントでファイナルに乗り込んでくるレオ・ワイルド選手。
世界記録を出した後少し調子を落としていましたが、今年になって調子を取り戻した、ピーター・エルジンガ選手などに注目。
そしてさらに!なんといっても日本代表、安治直人選手!
世界の強豪相手に大和魂を見せつけて欲しいですね。大注目です!

【女子コンパウンド】
Albina LOGINOVA (RUS)
Marcella TONIOLI (ITA)
Christie COLIN (USA)
Kristina BERGER (GER)
VAN NATTA Jamie (USA)
Laura LONGO (ITA)
Olga BOSCH (VEN)
本多 由美子 (JPN)

*敬称略

女子CPは、世界戦百戦錬磨の猛者・本多由美子選手。
北の大地の肝っ玉を、いかんなく発揮してほしいですね。大注目です!
そしてもちろん、アメリカのクリスティー・コリン選手、ロシアのロギノワ選手なども目が離せません。

僕個人的な注目ポイントは、イタリアのトニオリ選手のたくましい「二の腕」ですね。
一度、掴んでみたいな・・・なんて。
まぁそんなことしたら、間違いなくフルボッコにされますが。
とにかく、、、、笑顔はチャーミングですが、シューティング中の表情は男勝り!の一言。
そのイカツさ?に注目です。

あと、ちょっと残念なのが、ワールドカップランキング6位ながら、アメリカのエリカ・アンシュルツ選手が出場されないのが残念ですね。。。本当に残念です。

入場チケットについては、各地のアーチェリー協会、もしくは全日本アーチェリー連盟にお問合せ下さいね。


The following two tabs change content below.

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリープロショップ店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_jp@archery-shop.jp

最新記事 by Yamada (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。