この記事は2012年6月5日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

SF Forged Plus の新色入荷

IMG_20120605_184701.jpg

本日、フォージド・プラス・ハンドルの新色が入荷しました。
既存の青を明るくしたスカイブルーという色です。いかがでしょうか。
また、5月のはじめごろに価格も19,800円に改定しています。2万円以下のモデルの中では、最も優れたハンドルかと思います。
また、エリートカーボンフォームリムという新モデルも入荷しました。こちらについてはまた記事をアップします。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “SF Forged Plus の新色入荷

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AL1のようなシルエットにも見えるのはわかりますが、
    B社の○ニットハンドルもイメージさせるデザインですね★
    今までのSFアーチェリーとは違ったデザイン性な感じがします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AL1とはあまり似ていないと思います。
    INNO AL1はこちらです。
    http://cache.cart-imgs.fc2.com/user_img/archery/item_731_1.jpg
    こちらのデザインは元々はYAMAHAが同じフォージドという名前で作っていたものが、YAMAHAがアーチェリー事業から撤退する事になり、WIN&WINがその機械を引き継ぎ、ほぼ同じフォルムでForgedというハンドルをつくったのが原型です。
    こちらの記事が参考になるかと思います。
    http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-177.html
    そのハンドルのチューニング機構とグリップを新しくしたものがForged PROとして発売され、更に、その次世代モデルとして、ハンドル自体も少しデザインを更新したのが、このForged Plusになります。ですので、デザインの原型は、20年前の日本のハンドルですね。
    > AL1のようなシルエットにも見えるのはわかりますが、
    > B社の○ニットハンドルもイメージさせるデザインですね★
    >
    > 今までのSFアーチェリーとは違ったデザイン性な感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。