この記事は2012年3月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Long Perng Opticsからの上位モデル入荷…。。。

Long Perng Opticsのスコープがかなり売れています。ありがとうございます。3月から取引条件・台数を見直し、仕入れ台数を変更しましたので、価格を変更しました。価格は確か3月1日くらいに既に変えていますが、12,800円となりました。

de.jpg

それと同時にテスト入荷で、Long Perng Optics上位モデルが入荷しました。EDガラス(特殊低分散ガラス)・デュアルフォース(すやばく焦点を調節する/焦点を微調整する2つのノブ)・窒素ガスの完全防水、全てにレンズの多層膜コーティング採用と、10万円台のフィールドスコープに採用されている全ての技術を取り入れてたスコープです。
IMG_20120317_150441.jpg
IMG_20120317_150709.jpg

いいですね。。。付加機能だけではなく、レンズ径も66mmなので、本当に像が綺麗です。価格は5万円を少し切るくらいで提供できます。(定価は8万円くらい)
けど、ちょっと大きすぎました。上がおなじみのビクセンのハンディースコープとの比較です。
重さもあるので、軽量三脚ではなく、重みのある三脚出ないと支える事が困難です。現状の顧客ニーズでは、ハイエンドクラスの66mm以下のレンズ径で、このくらいのスコープを製作予定がないとのことで、取り扱いはしないことにしました。この機能で、もう少しコンパクトなモデルが出ればぜひ売りたいのですが…。
ということで、今回もテスト入荷したもの、どなたか心優しい方にお願いしたいです。
ただ、現状、8倍・1000円台の手持ちスコープ、22倍・5,000未満のミニスコープ、12,800円の54倍の本格的なモデルと揃えています。倍率と言う点では、50倍程度でアーチェリーは十分ですので、倍率ではなく、像がより大きな(レンズ径)4万円台の最上位モデルは今後も、継続的にいろいろとテストしていきたいと思っています。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。