この記事は2012年3月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Bowtech "INSANITY"CPXLが本日入荷!!

 1月の終わりにまず、”INSANITY”CPXが入荷してからはや1か月余り。。。
大注目CPXの兄弟機「CPXL」が即納モデルとして本日入荷しましたヽ(^o^)丿

CPXLのスペックです。
・アクセル間:35インチ
・ピークドローウエイト 50・60・70・80ポンド
・ブレースハイト:7インチ
・引き尺:27.5~32インチ
・レットオフ:80%
・重さ:1.995kg
・IBO/ATA Speed:340fps

先のCPXと比べ、アクセル間が35インチに広がり、ブレースハイトは7インチとなる事で、よりターゲット寄りの味付けになっています。
CPXのIBOスピードが355fpsに対し、こちらは340fpsとやや劣りますが、アクセル間が広がったことにより、さらにハンドルバランスがとりやすくなりました。
センタースタビライザー未装着・ブレース状態でグリップを持ち、腕を突き出して弓の様子を見ると、弓は前にも後ろにも傾きません。
真っ直ぐ下にストンと落ちる感じのバランスです。
ATAでおこなったCPXLの試射でも漠然と「素直なハンドリングだ」といった印象だったのですが、その理由が分かりました。

素の状態(スタビ類何もつけず)での弓バランスを元に、自身のブリップのクセを加味してセンタースタビやサイドスタビのセッティングを考えるのですが、まず弓のバランスは考えなくてもいいと言う事で、好みのセッティングの幅がうんと広がりますね。
かなり、良いです♪


でも!!!!

上のスペックシートにも記載しましたが、
引き尺調整幅が・・・・・・・27.5インチからなんです・・・。
日本のマーケットにはチョッと厳しいスペックですね・・・(-_-;)

実効的に考えて、28インチ以上のドローレングスをお持ちの方にはうってつけだと思います。。。

本日入荷しました【即納モデル】CPXLの諸元は・・・
ドローウエイト:60ポンド
色:ブラックオプス(つや消し黒)
右ハンドル
価格・・・・98,000円

です。
ちなみに通常モデルの価格は・・・・100,000円

Bowtech “INSANITY”CPXLは
あちぇ屋CP 及び 大久保店で発売中ですヽ(^o^)丿


The following two tabs change content below.

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリープロショップ店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_jp@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。