明日からの(4月1日以降の)営業時間のおしらせ

 JPアーチェリー・コンパウンド大久保店は、明日4月1日より、現在の営業時間(13時~20時)を1時間拡大し、、、、

12時~20時の営業時間へと変わります!

営業日は、木曜・金曜がお休みです。(これは変わらず)

皆さまの益々のご来店を心よりお待ち致しておりますヽ(^o^)丿


SFのエリートカーボンサイトが入荷。販売開始しました。

IMG_20120331_182601.jpg

SFのエリートカーボンサイトが入荷しましたが、量産モデルも期待通りの出来で安心しました。
今まで、5年間競技用モデルとして1万円台で供給できるものを探してきましたが、やっと体制を整えることが出来ました。いろいろと宣伝文句を書くよりは、結論からはっきりと言いますと定価3万円台の最上位の競技用モデルは90%の出来です。まだ、超えられません。Sure-Locや渋谷にまだ及ばない部分は、設計や機構の問題ではないと感じています。これらのモデルでも素材は既に最高のものを使用しており、あとは最終的な加工の精度の向上のみですね。
3万円のサイトの90点の出来で、かつ、1万円程安いのであれば、販売する意義は十分にあると思い、今年からついに1万円台のサイトの販売本格的に開始することにしました。。
軽量でシンプルな1万円前半のモデルとしては、FivicsのFV-100サイト、最近人気のワンタッチで調整できるタイプのサイトとしては、こちらのSFのエリートカーボンサイトを販売します。エリートカーボンは4色で、価格は16,000円です。
IMG_20120331_182631.jpg

上下・左右ともにワンタッチで調整できます。
IMG_20120331_182716.jpg
精度を高めるためにAxcelなどのコンパウンドサイトで採用されているものと同様、サイトボックスを取り外すのではなく、サイトピン・スコープを取り外して収納するシステムです。
最初の入荷で20台入っています。これは間違いなく、価値のある商品だと思います。


Ficivsの今年1番の期待商品 FV-100カーボンサイトテスト入荷しました。

IMG_20120329_141003.jpg

まだ、テスト入荷の段階ですが、予想通り入ってきた物はかなりいいです。ヨーロッパなどの展示ブースで見た時から、確信していましたが、間違いなく売れ筋になると思います。
機構や性能の説明に入る前に。写真では渋谷のデュアル・クリックSと言うサイトと比較しています。なぜならば、このサイトの価格は渋谷のサイトで最も安いカーボンを使用しないデュアルクリックSが14,600円なのに対して、更に3,000円近い安い11,800円だからです。価格にご注目を
価格を無視して、いくらでも出す前提で性能だけ語れば、SURE-LOCか渋谷か、最近勢いのあるのエリソン選手が使用しているAxcelのものが最高峰ですが、どれも、2万円から3万円です。
対して、低価格のサイトと言えば、Cartelですが、20種類以上の設計がありデザインも豊富ですが、そもそもの原材料に柔らかい素材を使用している為に、耐久性がありません。しかも、上位モデルでも同じ素材を使用しているので、一番安いものしか販売できませんでした。
今回のFivicsのFV-100カーボンサイトは、まさにうちで要望していた通りの商品です。価格を抑えるためのシンプルな機構と、しかし、素材にはこだわり最上位のサイトと同じグレードの樹脂・金属を使用しています。かつ、価格は1万円台の前半です。
IMG_20120329_141042.jpg
サイトボックスの移動やサイトピンの固定、目盛りなどは一般的な仕組みを採用しています。かつ、Cartelのアルミサイトよりも、ネジの数を減らして、シンプルな構造し、新WS600カーボンサイト同様、サイトピンの固定ネジは、レンチを使ってのチューニングではなく、手で出来るようになっています。
IMG_20120329_141107.jpg
IMG_20120329_1411072.jpg

上の写真、色を塗った方が分かりやすかったか不明ですが…上位モデル同様に赤に塗った4点でサイトボックスを固定する仕組みです。かなりしっかりと固定されます。
IMG_20120329_141303.jpg

こんな感じのソフトケースに入っています。
これで11,800円です。お勧めです。今回少量入荷。次回(4月末)に大量に入荷する予定です。本当に期待しています。


安定感のあるボウスタンドを追加

st=s.jpg

↑ Fivics(SOMA) ボウスタンド シッティング
k1000.jpg

↑ SF エリート ボウスタンド
安定感のあるボウスタンドを2種類追加しました。RX-105/10カーボンのようなカーボンを使用した軽量ボウスタンドの方が持ち運びには便利ですが、強い風が吹いても倒れにくい低重心でしっかりしたボウスタンドが欲しいという声がありましたので。
カーボンスタンドに比べるとケースはちょっと重くなりますが…弓の安全のためなら!!いかがでしょうか。


【要注意】WIN&WIN INNO AL1 ハンドルが入荷しました。

IMG_20120324_141800.jpg

WIN&WINのINNO AL1ハンドルが入荷しました。テスト入荷分の黒/金の1本のみです。良いハンドルだと思いますが、まずは注意点を先に。
こちらで各メーカーとの相性を確認しましたが、WIN&WINとSFのリム/UUKHAのリム/MKのリムとは相性は問題ないものの、SAMICKとHOYTの一部のリムは使用できません。
IMG_20120324_143344.jpg
IMG_20120324_143154.jpg

問題はリムの根元の幅で、物理的に使用できないか、かなり力を入れてリムを装着する必要があります。この問題は事前にWIN&WINに指摘していますが、そのまま正式販売してきたということは、HOYTとSAMICKのリムと組み合わせて使うなと言う事でしょう。
正式販売開始時には、WIN&WIN/SF/UUKHA/MKのリムのみ装着可能と表記する予定です。ご注意ください
さて、本体のレビューに入ります。生産工場はINNO CXTと同じく中国工場です(韓国工場は主にリムの製造)。
IMG_20120324_141854.jpg

ちょっと暗いですが、リムポケットが差し込み式ではなく、一回中に入れてから装着する方式に変わっています。
IMG_20120324_142403.jpg

グリップはINNO CXTのものと共通です。ウッドグリップが現在在庫切れなのですが、CXTのカラーグリップ(赤)を装着するとこんな感じ。グリップの下に見える金色のブッシングが、新しくついたカウンターブッシングです。
IMG_20120324_152110.jpg

グリップの下にも、穴をあけています。こういう構造のハンドルはほとんどないです。この加工をしても、重さはかなり重めの1320g(同じくアルミのWINEXは1280g)です。
IMG_20120324_145604(1).jpg

写真は左から、AL1とCXTとGMXです。ハンドルの長さ(何ドルの端ではなく、リムボルトの中心で比較して下さい)は少しCXTより短いくらい、WINEXとは同じ長さです。正確にはこういう写真判定ではなく、異なるハンドルに同じリムをはめて、同じ長さの弦でハイトの変化を見るのですが、相性の問題で検品用に使用しているプレヴィレッジリムが装着できなかったため断念しました…。。
相性の問題等があるので、WINEXやINNO CXTのように、多く在庫しての販売はしない予定です。本日からすぐにでも正式販売しようと思いましたが、販売開始は少し待って下さい。
あちぇ屋のホームページでも、3月入荷から、4月販売開始予定に変更します。


Spot Hogg エッジレスト

先日入荷しました、スポットホッグの新レスト「ザ・エッジ」
 
さっそくスポットホッグのホームページではレオ・ワイルド選手がこのエッジレストを使って活躍したよ!って記事がアップされていたりします。

では、詳しく見ていきましょう。

エレベーション(上下)調整のボルトです。
これを回して上下の調整を行います。
調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。便利です~。
ちなみに下側の目盛りは左右用の目盛りです。


そして、側面についているウィンデージ(左右)調整ボルトです。
こちらも調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。
ちなみに奥側に見える目盛りは、上下用の目盛りです。

次に、このエッジレストの特徴である、ブレードの角度調整部分です。

こちらは固定ボルト(矢印)がありますので、ゆるめてからの調整です。

「DOWN」のマークの方向に回していくとブレードが“寝ます”。
寝かすことで、ブレードが柔らかく出ます。ただしベインのクリアを考慮した角度にとどめてくださいね。
反対に回すとブレードが“立ち上がります”。
立たせると硬く出ます。適度な角度にとどめましょう。
直立したブレードって見たこと無いですw

上の写真の矢印部分が、立たせたり寝かせたりすると、上下しますので、横の目盛りを目安に立ち上げ角度を調整しましょう。

ちなみにこの角度調整ネジの裏側はこんな感じです。
ギザギザのナットが仕込まれていることにより、角度調整のボルトを回すと“クリック感”を得ながら回すことになります。

ちょっと話は前後しますが、レストの細やかな位置調整前の大まかな準備として、矢印のネジ2つをゆるめて、ある程度の角度と左右の位置を決めておくと、後々楽です。

次は、「セルフセンタリング・ブレード」についてです。
理屈は簡単。
ネジが皿ネジに変更され、受け側にも“面取り”加工がされていることで、ブレードの穴を通して締めこむとネジの噛み合わせによって、ブレードが直立する仕組みになっています。
一応、従来の形状のネジも付属します。

こんな感じで取り付きますが、注意していただきたい点があります。
締め付けすぎには気をつけて欲しいんです。

あまりにも締め付けが強すぎると、ブレードの穴周りが“ヨレ”てしまう可能性があります。
余計な負荷がかかり続けると、ちょっと大げさに言うと、ブレードの寿命が短くなる可能性あります。
かといって、ちょっとでもゆるいと、使用中にネジがゆるんできてブレードが取れかねませんので、こちらにも注意してくださいね。
目安は、ブレードがヨレないように観察しながら、締め付ける。。。と言うのが、今の所ベターかなと。。。

ターゲット競技に特化した専用レストとして大注目のこのレスト。
生産が間に合っていないのか、どうなのか、、、
当店への次の入荷予定が数週間先・・・
なんとかならんのかなぁ・・・(*`д´)


Long Perng Opticsからの上位モデル入荷…。。。

Long Perng Opticsのスコープがかなり売れています。ありがとうございます。3月から取引条件・台数を見直し、仕入れ台数を変更しましたので、価格を変更しました。価格は確か3月1日くらいに既に変えていますが、12,800円となりました。

de.jpg

それと同時にテスト入荷で、Long Perng Optics上位モデルが入荷しました。EDガラス(特殊低分散ガラス)・デュアルフォース(すやばく焦点を調節する/焦点を微調整する2つのノブ)・窒素ガスの完全防水、全てにレンズの多層膜コーティング採用と、10万円台のフィールドスコープに採用されている全ての技術を取り入れてたスコープです。
IMG_20120317_150441.jpg
IMG_20120317_150709.jpg

いいですね。。。付加機能だけではなく、レンズ径も66mmなので、本当に像が綺麗です。価格は5万円を少し切るくらいで提供できます。(定価は8万円くらい)
けど、ちょっと大きすぎました。上がおなじみのビクセンのハンディースコープとの比較です。
重さもあるので、軽量三脚ではなく、重みのある三脚出ないと支える事が困難です。現状の顧客ニーズでは、ハイエンドクラスの66mm以下のレンズ径で、このくらいのスコープを製作予定がないとのことで、取り扱いはしないことにしました。この機能で、もう少しコンパクトなモデルが出ればぜひ売りたいのですが…。
ということで、今回もテスト入荷したもの、どなたか心優しい方にお願いしたいです。
ただ、現状、8倍・1000円台の手持ちスコープ、22倍・5,000未満のミニスコープ、12,800円の54倍の本格的なモデルと揃えています。倍率と言う点では、50倍程度でアーチェリーは十分ですので、倍率ではなく、像がより大きな(レンズ径)4万円台の最上位モデルは今後も、継続的にいろいろとテストしていきたいと思っています。


本日入荷!

 ATAで発表され、沢山のお客様から、また個人的にも待ちかねていた、注目の「Theエッジ」レスト(Spott Hogg)が本日入荷しました!

特徴は、ランチャーブレード専用レストとして、チューニングが簡単・手軽に行え、セルフセンタリングブレードと称するネジが、ブレードの交換後の直立調整をなくしてくれました。

写真は以前に紹介したATAの時の写真です。

このエッジレスト、詳細なレビューはまた次回にお届けします。
お楽しみに!

まずは、「本日入荷しました!」のアピール♪・・・と言う事でヽ(^o^)丿

エッジレストは、あちぇ屋CP店にて絶賛発売中です!


フランスのArc Systemeさんのファイバーサイトピン

IMG_20120313_142756.jpg
IMG_20120313_1428216.jpg

最近フランスとちょっと仲良しです~。
フランスのArc Systemeさん。昔からあるメーカーさんですが、依頼されて取り寄せした以外では、取り扱ってこなかったメーカーです。
今回は、Arc Systemeさんのサイトピンが入荷しました。シンプルな構造のファイバーサイトピンです。ファイバー径は0.8mmで、渋谷のものとほぼ同じです。
いろいろとユニークな商品も販売していますが、当分はファイバーサイトピンのみの販売の予定です。
現在ラインナップにはない、低価格(1万円前半)で高品質のサイトの検討でこのメーカーと話をしていますが、まずはFivicsのものを最優先として、次にSF、両方とも条件に満たない場合は、Arc Systemeのサイトをテストしていく予定です。