この記事は2012年2月21日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Arctec CPRで初のビッグタイトル


CP店で昨年の終わりに販売を始めたドイツのArctec社のCPR-System。販売開始から4か月ほど経ち、トップ選手にも使用選手が増え、世界戦でファイナルまで残ったりすることはあったのですが、初めての優勝を獲得しました!!
2012年のべガスシュートで、コンパウンドのトップシューターのジェシー・ブロードウォーター選手(JESSE BROADWATER 2011年世界選手権準優勝)が、CPRを使用し、900点満点(X数は81)とシュートオフを勝ち抜いた末に優勝しました。優勝賞金は160万円!!

cpr2012.jpg
cpr201201.jpg

PSEのドミネーターのカタログにも登場するCHANCE BEAUBOUEF選手との最後のシュートオフを決め、ファイナリストのHOYT・PSE・Mathewsなど各メーカーのプロシューターに祝福されるシーンは素敵です。おめでとうございます!!
ちなみに、1本だけ10点からはずし、899/900点をうってしまったシングルの世界記録保持者のPeter Elzinga選手の賞金はわずか1万7千円(210ドル)…一射一射が大切です。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。