この記事は2012年2月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

【PC閲覧推薦】WA(FITA)セレトク、2011年 見ごたえのある試合ベスト10 その1

いまさらですみません…アップするの忘れてました。
WA(FITA)の中の人セレクト、2011年で見ごたえのある試合ベスト10です。次々にArcheryTVにトップアーチャーの試合動画がアップされていきますが、もう数が多すぎて…こういうセレクトは良いなと思って…元のソースは昨年の年末に発表されたランキングです。紹介が遅れました。。。
Youtube埋め込みですので、PCでの閲覧をお勧めします。


10位 ワールドカップ リカーブ男子個人決勝 ポレッチ(クロアチア)
  
ブレディ・エリソンがポレッチのアーチェリーワールドカップステージ1の決勝でキム・ウージンを倒し、この年最初のメジャータイトルを獲得した試合です。


9位 ワールドカップ リカーブ女子団体決勝 アンタルヤ
決勝戦のアンタルヤビーチをひどい台風が襲いました。しかし、韓国とアメリカチームは国際オリンピック委員会代表のジャック・ロゲ伯爵の前で、最高の試合を展開しました。

8位 世界選手権 コンパウンド女子決勝ワールドカップ トリノ
アルビナ・ロギノヴァがコンパウンド個人競技で、史上最初の世界選手権連覇を達成しました!


7位 世界選手権 リカーブ男子個人準決勝 トリノ

ワールドカップのステージ1(10位の試合)でエリソンに負けたキムが見事なリベンジ果たしました。
2011年の世界戦でエリソンが負けたのは二つの試合だけで、そのうちの一つがこの試合です。


6位 世界選手権 リカーブ女子個人決勝 トリノ
ベスト4に韓国選手が一人も残らず、チリ対グルジアの対決となった決勝戦。優勝はチリのデニス・アストリッド・ヴァン・ラモイン選手。南米初の優勝。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。