この記事は2012年2月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

【PC閲覧推薦】WA(FITA)セレトク、2011年 見ごたえのある試合ベスト10 その2

前回の記事の続きです。



5位 ワールドカップ 混合団体決勝 オグデン
ユースオリンピック選手のMiranda LEEK選手とチームを組み,エリソンはワールドカップでは珍しい三冠を達成しました。(個人、団体、混合団体)

4位 ユース世界選手権 リカーブ女子個人決勝 レグニカ
インドの17歳のDeepika KUMARIがユース世界選手権のジュニア部門で二つ目の個人金メダルを獲得しました。(2009年はキャデット部門で優勝)2012年もインドに栄光をもたらすのでしょうか。17歳にして世界ランキング6位(最高3位)の期待の選手です。


3位 ワールドカップ コンパウンド男子決勝 上海

二人の宿敵が再び上海ワールドカップステージで相まみえました。今回はレオ・ワイルドに天運が味方したようです。彼がパーフェクトを射っている横でトリラス選手は不幸なミスでLonginesのスコアボードをうってしまいました。
(7:15あたり、おそらく弓具破損、その後、弓を予備弓に変えています)


2位 ワールドカップ コンパウンド男子決勝 イスタンブール
2011年イスタンブールでのワールドカップファイナル。タイトルと賞金をめぐるロジャーとレオの見事な戦いです。


1位 オリンピックテストイベント リカーブ男子個人決勝 ロンドン
(そのまま訳しました)
アーチェリー界のロジャー・フェデラーこと、イム・ドンヒョンと、アーチェリー界のラファエル・ナダル、ブレディ・エリソンがテストイベントの決勝で相まみえました。オリンピックの本戦で見てみたい試合です。ここではエリソンが勝ち、2012年でのリベンジの舞台が整いましたよ★


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。