この記事は2012年1月6日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Fivics(SOMA)の2012年カタログが届きました。

fivics2012.jpg
価格はATAで話をする予定なので、まだ正式な代理店価格は決まっていませんが、カタログが届きました。
10月頃に一度来日して詳しい話をしているので、いくつかの新商品は依頼通りでてきました。ハンドルとリムはちょっと課題(品質ではなく売り方の方が)ですが、スタビライザーやダンパーなどのアクセサリー類は更に進化しています。
簡単に紹介すると、

pXQ.jpg

ハンドルの次期モデルPXQ、6000番台のアルミを使用し、1300g以上ある重量感のあるハンドルです。ただ、塗装はアルマイトになると思うので、価格はそこまで安くはないです。
rx1.jpg

次は、工場をMK KOREAに変更してからの初開発モデルのRX1リム。ステッカーの下の塗装のベースは完全にマッハと同じですが、ベースモデルから何を変更して作っているのかは、会った時に話してみます。ただ、まったく同じリムだったとしても、MK KOREAは完全受注生産で発注をかけてから納品までに4-6週間、Fivicsは基本在庫して販売しているので、場合によってはこっちの方がいいかもと思っています。
300.jpg

FV-200サイト。サイトの場合は完全に量産モデルを手に入れて、実際に可動部分をいじってみないことには何ともコメントできないので、早速手配します。

cex7.jpg

新しいスタビライザーとしていくつか登場しますが、最上位モデルはCEX7というスタビライザーになります。それとともに、新しいダンパーも登場します。この辺りはカタログでご確認下さい。
saker1a.jpg

タブでは、Saker1用のアクセサリーが出ます。よりにぎり込みを防ぎこみますが…競技用と言うよりは、トゥルーショットコーチ的な練習用の方に適しているかと思います。
後はいくつもの商品がマイナーチェンジして改良されています。新しいスタビライザー・ダンパー・タブアクセサリー・エクステンダー・Vバーは販売を開始する予定です。
新しいトレーニング用的・サイト・レスト・アームガード・ボウスタンドなどはどうするかまだ決めていません。
Fivicsの場合は2012年モデルの一斉発売ではなく、少しずつ新しいモデルに入れ替わっていく形ですので、まずは、既に出荷可能な状態なもののみ確認して、仕入れて行きます。
Fivics Archery 2012年 カタログ
http://archery-shop.jp/catalog/fivics_2012.pdf


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

2 thoughts on “Fivics(SOMA)の2012年カタログが届きました。

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    CEX7スタビライザー 29インチ 赤色を購入したいのですが、入荷時期はいつでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    価格はCEX5と同じです。生産は1月末からで、入荷は2-3月を予定しています。
    > CEX7スタビライザー 29インチ 赤色を購入したいのですが、入荷時期はいつでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。