この記事は2011年12月26日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

FUSE カーボンブレードES は20%増量

本日入荷しました。まずCP店の方に在庫を追加しました。在庫が潤沢になれば、本店にも追加します。
噂通り、センターは30インチが入っておらず、27インチと33インチのみが入荷。
サイドとエクステンダーは発注したサイズが入荷しました。ESはオリジナルの進化系というよりは、剛性がより求める方向けの商品で、迷ったから新しい方(ES)という商品ではありません。特に、サイドロッドでその剛性がいきるか微妙なので、新規購入はともかく、オリジナルからESへのグレードアップであれば、まずはセンターだけで試されることをお勧めします。サイドは交換しても実感できるほどの違いはないと思います。
111226_192833.jpg
さて、カーボンブレードとESの比較です。価格は15,800円と16,800円です。1,000円の差です。写真は同じ33インチですが、一目見てわかることは長さが違います。これはカーボンブレードはダンパーが付属しているのに対して、ESはウェイトしか付属していないためです。
ですので、標準装備でダンパー1つ分短いです。もちろん、ESにダンパーがとりつかないわけではありません。別売りで購入すれば取り付けできます。ちなみに価格は2,200円ですので、ESはオリジナルより3,200円高いと考えた方が良いかもしれません。

111226_192858.jpg

次にロッドの比較ですが、つや消しのオリジナルに対してESの方はかなり光を反射するコーティングになっています。写真はオーバーな表現ではないです。かなり光っています。これはもう好みの問題ですが…個人的にはオリジナルの方のつや消しの方が…。
ロッドの幅はオリジナルが25mmなのに対して、ESは30mmで、20%広く、厚みはオリジナルが10.5mmに対して、ESは12.5mmで、こちらも約20%増。
重さは33インチモデルでオリジナルが197gに対して(ロッド単体)、ESは230g。ディンプル効果でしょうか、幅・厚みともに20%増ですが、重さは17%増にとどまっています。33g違いますので、ESはウェイト1個分ロッドが重いと思っていただければいいと思います(FUSEのウェイトは1つ約28g)。
111226_192935.jpg

最後にディンプル…効果あるんでしょうか。
実験データなとがありますので、ディンプル効果を信じていないということではなく、個人的に今までコンパウンドで3試合シングルの試合に出ていますが、ディンプル効果が効きそうなほどの風の試合はありませんでした。リカーブ時代には数多くの試合に出ましたが、それでも、この効果が実感できそうなほど風が吹いている試合は、10回に1回あるかどうか程度だと思います。
風が強い地域であれば、また話は違うと思いますが、基本的に無風・もしくは向かい風・追い風であれば、このディンプルの効果はありません。強い横風に対してのみ効果があります。そう考えると、効果を発揮してくれるのは、風洞の中と、実践では10試合に1試合あるかどうかだと思います。
備えあれば憂いなしと考えることもできますし、そんな備えをする以前にもっとほかの所にお金をかけた方が良いと考えることもできるかと思います。
その判断はお任せしますが、オリジナルを既に持っている方が買い替えるほどの商品ではないかと思います。まぁ、ショップとしては当然買ってくれた方が嬉しいですけど…。。。
明日より大久保店にて試射出来ますので是非お試しを~。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。