この記事は2011年12月12日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

イーストンの新しいクイーバーは開きすぎない

111212_133944 - コピー

イーストンのターゲット(ヒップ)クイーバーが届きました。旧モデルはもう左の赤しか在庫が残っていない為に、左のものとの比較になりました…。
左が古いモデルです。右が今後の現行モデルです。
・メッシュ
・ポケットの開き
・ポケットのサイズ
の3点が主な変更点です。
111212_134027.jpg

ポケットの側面にメッシュの使用を、新しいイーストンのポーチもです。このタイプ(中国のOEMクイーバー)を各社出して来たので、デザインでの差別化をはかったのでしょうか。いじってみましたが、機能面でメッシュの効用はないように思われます…。
111212_133944.jpg

写真ではちょっとわかりずらい部分ですが、黄色のラインの部分がポケットのチャックです。旧モデルではフルオープン出来たのに対して、現行品は半分しか開かなくなりました。
111212_134141.jpg

後は、ポケットがひと回り小さくなりました。ポーチとの隙間が広くなったので、チャックが開きやすくなりましたが、収納量は当然ちょっと落ちます。この辺りは評価が分かれるところでしょうか。
価格に変更はありません。送料込で6,800円です。4色入荷しています。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。