この記事は2011年11月10日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

FX1とか新しいもの色々

111109_225819.jpg

昨日で双子が1歳になりました。今日はご褒美に…2本ずつ予防接種です…すまん。。。
急にちょっと忙しくなりました。HPXとF7とGMXなど一部カラー・サイズが月曜日に入荷し2012年のHOYTが動き始めています。SAMICKも新しいハンドルが少数だけど完成したというお知らせが、KAYAのK7カーボンハンドルのテスト品も入りました(品質が良くないので来週にはメーカーに送り返しますが…)
今日はFivicsのFX1がテスト入荷しました。こちらは今のところ、問題なさそうな品質です。まだ詳細は見ていないですが。1月にNimesで試射しましたが、驚くほど静かです。静かで体にもやさしい設計(リムポケットにも、グリップにもダンパーを内蔵)ですが、練習量が多い選手にはあまり好評ではないです。書いていて思いますが、昨日までいじっていたHPXの正反対の弓かもしれません。
fivscs.jpg

一点、↑この機能だけどうやったら成るのか分かりません…いくらいじっても、両方のネジを動かさないと調整ができない…明日電話で確認します。
まぁ、1発目から成功するハンドルを作るのは難しいので、弓単体の評価と言うよりは、今後赤字でも継続的に資金を投入し続け、何世代もハンドルを開発し続ける熱意(?)がFivicsにあるかどうかが気になります。話しているのも、単体の性能よりもそんなところです。FX1もFiberbowのFB6.3やUukhaのハンドル同様、当分は取り寄せのみでの扱いにするつもりです。
価格はGMXと同じくらいになります。
Fivicsのリムは入ってきていません。いろいろと良くない事があり、発注していませんでしたが、今年の後半からリムを作る工場を変更したそうで、以前のFivicsのリムは1本もテストしていませんが、今度はちょっと興味があります。ただ、メーカーがありすぎてテストしきれないので、来年の春まではちょっと手を出さないつもりです。
同じく、早くに発注を出していたショップにはMKのマッハリムが既に入荷しているそうです。うちは、10月の終わりにVERAなどの補充とともに新しいリムは3本(M38/M40/M42)発注しただけなので、入荷はまだまだ先だと思います。たぶん、12月のはじめごろかと。
過去に同じコンセプトでSAMICKから出たBFはあまり成功したとは言い難い結果に終わったので、今度はどうなるか楽しみですし、VERAとMK1440という2つの売れ筋を持ちながら、新しい上位リムを発表してきたMKは評価に値すると思います。ただ、前にも書きましたが、マッハリムは楽しみでも、ショップとしてはMKの中で実績があり、さらに5万円を切って安くなったMK1440の方がお勧めです。
また、マッハという名前ですがウリは引き味です。。。。矢速が最速とかがウリではないのでお間違いなく。
では、仕事戻ります。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。