この記事は2011年10月10日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

プロモーションですので割り引いてみて下さい。

HPXは矢速を追求して、リフレックスデザイン(RX比で18mm)を採用したと書きましたが、その代償はグリップコントロールが難しくなることです。



これを文書で説明しようとすると、かなり長くなるのですが、Bowtechがプロモーション(CPXはコントロールがいいのに矢速が速いぜ!!と言っています)に作ったビデオが分かりやすく説明してくれています。プロモーションビデオですので、割り引いてみていただきたいですが、原理的には同じことです。
ビデオの中では、リフレックスデザインの事を「欠陥(ファンダメンタル・デザイン・フロウ)」と言っていますが、欠陥なのではなく、つまりはどっちをとるかの問題です。
ビデオの中では、完全にスタビライザーが回転していますが、本当にまっすぐ押すことが出来るアーチャーであれば、どんなデザインであろうと(ブッシングがまっすく入っていれば)スタビライザーはまっすぐ前を向きますので。逆にデフレックスであっても、まっすぐ押せなければ、回転はします。ただ、グリップが前にある方がより安定するのは間違いないです。


grip.jpg

↑コメント返信用です。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

4 thoughts on “プロモーションですので割り引いてみて下さい。

  1. SECRET: 0
    PASS: c543b84aa0508c004992afb649837456
    ハイグリップが標準装備なのもトルク対策でしょうね。
    (引き尺を稼ぐという目的もあるかもしれませんが)
    そう考えると、慣れないからと言ってロウグリップに換装するのは
    HPXにおいては避けるべきなのかもしれません。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トータルで考えた時にはハイグリップの方がリスクは低いとは思いますが、HOYT側ではどれでもいいといっています(No matter which you choose)。
    > そう考えると、慣れないからと言ってロウグリップに換装するのは
    > HPXにおいては避けるべきなのかもしれません。
    ブログの記事の本文の最後にカタログの写真とコメントの後ろに原文をアップしましたが、HOYTはグリップはハイグリップになっていますが、HOYTのリカーブ用のグリップで市販されているグリップはすべて装着できるので、その中から、あなたにとって"トルクフリー"になるものを選んで下さいと言っています。
    後は、実物を試してみないとという所ですね。
    (原文)
    All current Hoyt recurve risers are compatible
    with 2012 Hoyt grips. So, it’s simply a
    matter of selecting your favorite. No matter
    which you choose, you’ll have a torque-free,
    comfortable repeatable grip that works with
    you to promote a relaxed bow hand and
    effective follow through. All grips available in
    left or right hand.
    > ハイグリップが標準装備なのもトルク対策でしょうね。
    > (引き尺を稼ぐという目的もあるかもしれませんが)
    >
    > そう考えると、慣れないからと言ってロウグリップに換装するのは
    > HPXにおいては避けるべきなのかもしれません。

  3. SECRET: 0
    PASS: c543b84aa0508c004992afb649837456
    本当にどれでも良いならば、なぜ標準がハイグリップなのか?と言うことです。
    理由を聞いてみて貰えますか???

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今のところ、HOYTからのHPXに関してのチューニングについての案内は弦とハイトとリムボルトだけです。グリップは含まれておりません。
    グリップについてはこうしろと言った案内と言うよりも、市場に出てからの経験則ですので、販売が開始されて2-3カ月たってから、どのようなフィードバックがあるのか、確認してみます。
    > 本当にどれでも良いならば、なぜ標準がハイグリップなのか?と言うことです。
    > 理由を聞いてみて貰えますか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。