この記事は2011年8月4日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

コンパウンド用のハードケース開発中です。

要望がありましたコンパウンドのハードケース。
開発中につき、画像のアップはちょっと許可をいただけませんでしたが、上がってきた試作品を試したところ、39インチのものまでは収納できます。40と1/2のモデルは3cm程度はみでている…。。。
価格は4万円近くになってしまうので、日本製で作りを良くして便利にしてという方向に開発するか、コストを下げて、3万円をいかに切るか知恵を絞る方向で行くか…今週の土日に来店下さった方の意見もお聞きして、進めて行きたいと思います。
ネットにアップは出来ませんが、大久保の店舗には展示していますので、ぜひ。土日は13:00からの営業です。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “コンパウンド用のハードケース開発中です。

  1. SECRET: 0
    PASS: 3035e80c1f44f03076a6b9f1aee7445a
    最近話に出てこないですが、スコープの件はどうなりました?
    何気に楽しみにしてるのですが・・・。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コンパウンドでも使用できるように、ちょっと接眼レンズのスペックの選定で納品が遅れています。申し訳ございません。もうしばらくお待ちください。
    > 最近話に出てこないですが、スコープの件はどうなりました?
    > 何気に楽しみにしてるのですが・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    何度か話し合いをし、最終的には
    国内生産 = 細かい発注が出来、少量生産できるが、価格は4万円台前半が限界
    海外生産 = 価格は3万円を切れるかどうか程度、ただし、ロッド数が1ケタ違う
    という選択をどうするかです。個人的には、学生のお客様でも買い求めやすいハードケースを販売したいのですが…皆さんの意見が聞けたら幸いです。
    > 楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。